今日は総務常任委員会。 昨日の本会議で上程された追加議案(第48号議案)の審査が行われました。

令和2年度芦屋市一般会計補正予算(第4号)

県補助、市費の投入もありますが、基本的には国の令和二年度第二次補正予算で決まった 国庫補助に基づく補正になります。国マターの話なので、このタイミングでの追加提案になってるはずです。

補正の概要としては、以下の通り。

費目事業名補正額財源内訳
国・県一般財源
1民生費ひとり親世帯臨時特別給付金支給事業79,21179,211 
教育費家計急変世帯への支援事業新型コロナウイルス対策臨時見舞金7,440 7,440
芦屋市奨学金2,844 2,844
小学校・就学援助費2,644 2,644
中学校・就学援助費2,350 2,350
2教育費学習指導員配置事業(小・中学校)17,38817,388 
学校再開に伴う感染拡大防止対策事業小学校10,3875,1935,194
中学校4,1132,0572,056
スクール・サポート・スタッフ配置事業小学校5,8735,341532
中学校1,4691,336133
家庭でのオンライン学習支援事業(小・中学校)3,3903,390 
学校再開に伴う学習支援事業(小・中学校)2,0001,0001,000
3民生費感染拡大防止対策事業保育所等25,50025,500 
教育費放課後児童健全育成事業9,0009,000 
市立幼稚園、一時預かり事業6,0006,000 
衛生費母子保健事業1,0001,000 
4議会費市議会議員の議員報酬及び行政視察に要する経費の削減▲10,604 ▲10,604
総務費市長及び副市長の給料月額の減額▲875 ▲875
教育費教育長の給料月額の減額▲329 ▲329
168,801156,41612,385

結構細かい費目が追加されています。 詳しくは、議案書を見ていただければと思います。 個人的に気になるところを書いておきます。

小中学校で夏休みを短縮して授業を実施。ただ熱中症対策も欠かせない。

体育館に大型扇風機とスポットクーラーが設置されることになります。 長期間の休校期間があった今年は、夏休みを短縮して授業を行います。 芦屋市の場合、各教室へのエアコン設置は完了しているため、通常授業については 熱中症の心配なく実施することができます。

一番の問題は体育

問題は体育。真夏の体育館は恐ろしく暑いです。 熱がこもりやすいのもあり、地獄の暑さです。でも館内全体を冷やすようなエアコンを設置するには 金銭的にも施設キャパ的にも難しいものがあります。例年だと、使用を控えるなどの運用での対応をしていました。

しかし今年の場合、休校期間を補填する形で真夏に授業が行われます。 体育の授業時数も不足しているはずなので体育を避ける訳にはいきません。 なので、熱中症対策も講じる必要があります。

という問題を受け、今回の補正で大型扇風機とスポットクーラーが設置されることになりました。 これらの対応で完全に対策できるものではありませんが、あるとないでは大きな差があります。

熱中症対策と感染症対策は相反する対策になる

熱中症対策としては、クーラーを効かせることが必要です。そのためには閉め切る必要がある。 しかし、閉め切ってしまうと感染リスクが高まります。熱中症対策と感染症対策という相反する 対策を講じながら授業を行う必要があり、現場としては難しい対応が必要になると思います。 ですが、授業時数が足りないというのも子どもの学力という観点で問題があります。

教育は子ども達のためでもありますし、将来の国益に繋げるための投資でもあります。 難しい問題が山積している状況ですが、知恵を絞りながら対応してもらいたいです。

真夏日の授業実施は意外なところに影響が

ちなみに、夏休みを短縮しての授業。他市では給食をどないすんねん…というのが課題になっているようです。 真夏の対応を考えていなかったために給食室に空調が完備されていないなど、通常の給食の提供は難しく 簡易給食にせざるを得ない自治体が多いとか。

その点、芦屋市は自校で調理する自校方式を全校で対応しています。 それぞれの給食室も空調完備なので、真夏日でも問題なく稼働できるとのこと。 当然、感染症の状況次第というところはありますが、今ぐらいの状況であれば 通常と同等の給食を全校で提供できる見込みでいるそうです。

学校給食できっちり栄養を採れるのは、育ち盛りの子ども達にとってはメリットが大きいです。 共働き世帯が増えている昨今においては、特に給食の持つ意味合いは強いと思われます。 イレギュラーな中でも通常通りの対応ができるというのは、コンパクトシティである芦屋市の 強みにもなっているのだろうと思います。