今日は建設公営企業常任委員会。 以下のとおり、議案1件と所管事務調査報告2件がありました。

番号件名
第44号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定補正予算(第2号)
  • 屋外広告物条例について
  • 南芦屋浜及び宮川における高潮対策について

議案について

議案書はこちら

JR南の再開発にかかる補正予算です。 コスト縮減のための再検討を行うための業務委託料だけを積み上げています。 とにかく前に進ませてほしいというものですね。

結論としては、全会一致で可決すべきものということになりました。 流れがガラっと変わったので、何かあったのかしら?と思うでしょうが 話を聞いている限り、前々からの答弁の流れと大して変わっていないような気がしました。

でもまあ、12月頃にコスト縮減のプランを出します。聖域を設けない形で検討しますよという答弁がありました。 そういうところが評価されたのだと受け止めておこうと思います。

コスト縮減については、関係各所とのコンセンサスを取りながら決めている 根幹の部分については弄れない気がします。そういう段階は既に過ぎ去ってると思うので。 なので細かいところの積み重ねになるのかな。抜本的なものは難しい気がするので、 12月議会に再び混乱に陥る気がしないでもない…。

まあ、今日はこの辺で。うちの会派からは委員として参加もしてませんしね。

屋外広告物条例について

屋外広告物の推移ですが、物件数としては以下のとおり。

 市内全体無許可県条例不適合市条例不適合
2016年2月3,621792640509
2017年7月3,608231237818
2018年10月3,590209223716
2020年3月3,578201217461

グラフにすると以下のような感じです。減っては来ている状況です。

アセット 4@3x

市内を歩いている感じだと、結果が出てきている感じはしますけどね。 神戸とか西宮に入ると、感じが変わるのが分かる気がするというか。

いずれにせよ、市としてはこういう条例だから守ってくれーというだけでなく、 条例を進めることで、こういう街並みをつくるんですよ、目指すんですよ。 っていうビジョンの共有がいるんだと思います。結構、杓子定規な条例でもありますから。

南芦屋浜及び宮川における高潮対策について

南芦屋浜高潮対策工事(南護岸・ビーチ護岸)の工事完成時期について、延期することになったとのこと。 この工事は県がやる工事なので、県からそういう話があったよっていうことです。

完成予定日

  • 当初完成予定:2020年8月31日
  • 変更完成予定:2021年3月末頃

延期理由

  • 防潮堤の基礎形状の変更
  • バリアフリー対応やバイク進入防止対策等のため護岸背後の歩道・駐車場の整備

延期に伴う今年の台風対応

  • 防潮堤(中壁)を令和2年8月末までに概ね完成させる。
  • 台風接近時には大型土のうを準備・設置する。
  • 車両一時退避場所の確保・土のう配布を実施する。(芦屋市実施)

防潮堤の変更

変更内容を見る限り、かなりごっつい基礎を打つようです。 埋立地だし、地盤が弱かったんでしょうね。

0008

しかしながら、防潮堤自体もかなりごっついですね。 完成したら見に行こうとは思ってますけど、かなりごっつそうです。 海は見えない感じですよね。

涼風町の立地は長所であり短所でもあるか

涼風町って、海から住宅が近すぎるんですよね。 それがストロングポイントでもあるんでしょうが、リスクも大きいです。 水害を回避しようと思うと、こういうごっつい防潮堤が必要になる。

また、南護岸については、釣り人の話も問題になっています。 これも住宅から海が離れていたらそこまで神経質にはならんのでしょうが 如何せん、涼風町の南護岸は住宅と距離が近いんです。目と鼻の先。

ここの釣りは、9月~10月ぐらいがピークだそうです。 日の出から昼ぐらいまで釣るようですから、9月頃の日の出は5時台。さすがに早すぎる。 そんな時間から車がブンブンやってきて、ガチャガチャされたらさすがに迷惑です。 僕は寝ちゃったらなかなか起きませんが、敏感な人だと寝れないです。

釣り人さんの楽しみを否定するつもりはないけど、 管理者である県も、ちょっと真剣に考えてもらわないと困ります。 住宅からの距離が近い南護岸はさすがに禁止にしないと…。 禁止にしても入ってくる人がいるみたいですが。