昨日、兵庫県に出されていた緊急事態宣言が解除されました。 ただ、解除されたー!わっほーい!という状況でないのは皆さんご存じのとおりです。 引き続き、警戒しながら…ということでお願いします。お互いに。

さて、緊急事態宣言解除に伴い、芦屋市としても動きがありました。 今日はその辺をご紹介。ただ例によって長い。また、興味ないところもあると思うので それぞれの記事を閉じています。リンクをクリックして見てください。

対象としては、主に学校園と公共施設の再開です。 当然、感染の流行状況に引きずられるところはありますが、 今のところは通常運営に近づけていこうという方針です。

市立学校園の再開

詳しくはこちら

  1. 幼稚園
  2. 小学校
  3. 中学校

公共施設など

詳しくはこちら

  1. 公共施設
  2. 市主催イベント

議会は?

6月に定例議会は行いますが、旧来通りで…という訳にはいかないと思います。 新しい生活様式を!ということになっています。民間はそうしてアジャストしてもらって 感染予防に努めてもらうのに、議会は前のまんまっていうのでは論外。 その辺の話は、週明け月曜日に行われる議会運営委員会にて協議されます。

今後としては。会議の時短とか、意味もなく大勢が出席している状況の打開とか、儀式的なものはなくしたい。 なんなら、委員会なんかはオンライン化すべきだ!と思っているのは僕だけでしょうか。 大阪市会は頑張ろうとしている動きがありますよね。芦屋も続きたい。

先進的な民間企業から見たら、引くほど非効率で非合理な動きをする議会。 重要だからと腰を重くしているようでは民間との差が開く一方だと思います。 6月から議会運営委員会の顔ぶれは変わりますが、その方向で議論してもらいたいと思います。