今日は臨時議会。

建設公営企業常任委員会

午前中は建設公営企業常任委員会がありました。 以下のとおり、報告事項と議案を審査する会議です。

種別番号件名
専決処分報告6号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定予算
市長提出議案35号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定補正予算(第1号)

議案書はこちら

暫定予算というのは、3月定例会の後の再議において、都市再開発事業特別会計の当初予算が否決となったために 組まれた予算です。人件費など、必要最低限の業務に必要な予算のみを暫定的に組み上げています。 そして、その暫定予算の補正予算が今回提案されています。

補正の内容としては、用地取得費と補償費について最低限度の分が乗っている形になっています。 直近で転居することを検討していた地権者との交渉のために必要なコストということでした。

コスト削減は当然の考え方

再開発事業について、事業費が高騰していることは間違いありません。 コスト削減しながら進めないといけないというのは、議会に言われるまでもなく当たり前の話です。

ただ、その策については一朝一夕でできるものでもありません。 プランが練られたうえで、後々の議会において示されるものだと思います。

プランについても一旦停止して見直すのか、走りながら見直すのか。というところだと思いますが、 一旦停止をしてしまうと数年スパンではなく、数十年スパンの話になってくると思います。 地権者もかなり高齢化が進んでおり、数年変わると面子が入れ替わります。 そうなるとまたイチからのスタートになりますから。

数十年間、JR芦屋の駅前が今の状態と言うのはちょっとさすがに…。 JR西宮の駅の南西のちょっとごちゃごちゃっとしているところがありますが、 そこの再開発事業が決まっています。そうなると新快速停車駅が西宮駅に取られてしまう可能性も否定できません。 結果的にはベッドタウンである芦屋市のバリューはかなり下がります。

どうやって削減する?

再開発ビルの事業費アップについては、昨日行われた特別委員会において内訳が示されています。

内容金額(百万円)
延べ面積増による建築工事費1,045
週休二日制の導入による経費99
地下2階化に伴う建築工事費340
分棟化による内外装工事費292
駐車場面積増による電気・機械設備工事費98
立体駐車場工事費(取り止め)▲286
労務・資材価格の上昇(約18%)等による建築工事費1,079
合計2,667

ちょっと削減は難しそうだなという印象です。 手を入れるところとしてはデッキとかの関連事業のところになるのでしょうね。

感染予防の観点

ちなみに。委員会は在宅でも傍聴できますから、僕は在宅で傍聴しました。 会議室に入る人数を減らすんだという趣旨ですから最低でも控室で聞くのが正しいはず。 でも実際には会議室で傍聴していた議員が結構いたみたいですね。 市民には傍聴は控えてくださいと言ってる訳ですから、議員もやはり控えるべきだと思います。

本会議

午後は本会議。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、出席人数を調整して対応しました。 義務的対応ではなくお願いベースでしたが各会派が対応してくれていたと思います。 柔軟な対応は良かったかなと。

結論としては、以下のとおり。 二重丸は全会一致で可決。バツは否決。

種別番号件名結果
専決処分報告6号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定予算
市長提出議案35号令和2年度芦屋市一般会計補正予算(第1号)
36号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定補正予算(第1号)×

議員別の態度についてはこちら

都市再開発事業特別会計については否決ということになりました。 地権者との交渉もできません。今後、どういう流れで動いていくことになるのか。 ちょっと分かりませんが、自分にできることを考えていきたいと思います。