今日は予算特別委員会民生文教分科会。 今日の委員会で審査した費目は以下のとおり。

予算種類
一般会計予算3款 民生費3項 児童福祉費
4項 生活保護費
5項 災害救助費
介護保険事業特別会計予算
国民健康保険事業特別会計予算
後期高齢者医療事業特別会計予算
一般会計予算4款 衛生費1項 保健衛生費
2項 清掃費
3項 上下水道費
5款 労働費
6款 農林水産業費
7款 商工費
10款 教育費1項 教育総務費
2項 小学校費
3項 中学校費
5項 幼稚園費

今日のトピックは時間だと思うの

こうやって書くと、そんなにボリュームない感じしますね。 でも実際には引くぐらい時間をかけてやりました。

10時から始まって、終わったのが20時半ぐらい。 えっ、新型コロナで会議はなるべく控える?なにそれ。 当然、間に休憩は挟んでますが…。議員生活5年目ですが、 一番疲れたんちゃうか?ってぐらい疲れる会議でした。

今日のやりとり

準備時間も結構たっぷりありましたから、今日は多岐にわたって質疑しました。 やりとりや要望は、各分科会が終わった後に行われる予算特別委員会の全体会のなかで示されます。 なので、そのPDFをバーンと貼ることでご勘弁いただこうと思っています。 今日書いた方が良いのかもしれませんが、今日はもうしんどいので。

ちなみに。どういう方針で質問したかと言うと 基本的には問題提起として一石投じられるような形になるように質問しています。 その石が大きいか小さいかは別にして。

意味あるやりとりをしたいものです

議会における質問って色々あります。内容の確認にとどめるものもあります。 でも、新人のときからそうですが、議会での質疑をするときには、何らかの問題提起になるような形にしようと。 調べたらわかる確認~みたいな質問はしないように心がけています。だってその質問、意味ないんだもの。 職員さんのお時間も割いていただいているんだから、何らかのお土産は持って帰ってもらわないと。 というのが個人的ポリシーです。

さて、明日も予算特別委員会です。 明日は総務分科会で僕の出番はないので、ゆっくり傍聴します。

民生文教分科会の続きは明後日水曜日です。 教育費の残り。社会教育費と保健体育費。 色々ときつい指摘もありそうですね、僕も準備しときます。