今日は建設公営企業常任委員会。 また、常任委員会終了後には予算特別委員会建設公営企業分科会が開かれました。

議会運営の都合で、今日中に建設委員会の全工程を終わらせたかったみたいで 10時~19時ぐらいまでというえげつない時間の審査になっていました。 明日の民文の準備をしたかったのに…。

新型コロナウイルスの影響もあるので、 ちょいちょい休みを取って室内の換気をされていました。 会議はなるべく控えてと言われているので、良い対応ですね。

建設公営企業常任委員会について

以下の議案について審査。 議案はこちら

番号件名
第14号芦屋市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
第16号芦屋市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第19号芦屋市下水道事業の設置等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

いずれの議案についても可決すべきものと決しています。

民法改正を受けての市営住宅条例の改正(第16号議案)

ちょっと気になったのは、第16号議案。 市営住宅を借りる場合、これまでは保証人が必要だったけど 改正によってそれが不要になるというもの。

市営住宅を借りる方は、基本的に困窮されている方です。 そして高齢率もかなり高め。高齢者の方は特に、保証人をしてくれる人を 見つけるのが難しいケースがあります。

実際、保証人が見つからなかったので入居できなかったケースが 昨年だと4人。2年前だと2人ということでした。

困窮している人に住んでもらうためのセーフティネットであることを 考えると、保証人が見つからないことがボトルネックで入居できないというのもどうかなぁと 思うので、良い改正だったのではないでしょうか。

気になるのは改正によって徴収に差し支えるのでは?というところ。 ですが、実際には保証人を立てていたものの、保証人に請求したケースは近年ないらしいです。 また、市営住宅については徴収率が高い水準をキープしているので支障はないだろうという判断だそうです。

今回の改正のトリガーになったのが民法の改正。

連帯保証人が負う最大負担額である極度額を決めたうえで契約しないと 連帯保証人から徴収できないよという改正で、4月1日から施行されます。

これって何気にすごい改正じゃないですか? ドラマとかでは連帯保証人になっているから云々っていう話をよく見ますが、 事前に支払う限度額を把握した上での契約になるので、そういう話ができなくなりますね。

予算関係

以下の予算についての審査が行われました。

  • 一般会計予算
    • 災害復旧費
    • 土木費
  • 都市再開発事業特別会計予算
  • 駐車場事業特別会計予算
  • 病院事業会計予算
  • 水道事業会計予算
  • 下水道事業会計予算

病院。新年度は経常利益を目指します

病院、例年は経常損失を見込んだ予算を組んでいたと思いますが、 今年は経常利益が出るという予算を組んでいます。

0008 0009

確かにここ数年、かなり経営状況が改善しつつあります。 公立病院は民間がパスする採算性の取りづらい医療も行うので、 総じて経常損失になりがちと思っていたので、すごい予算が出てきたと驚きました。 ぜひぜひ、計画を達成していただきたいと思います。

JR芦屋南の再開発。再開発を起爆剤にした経済効果を出してくれれば…

再開発ビルの建設と保留床処分については特定建築者が担当するということですが、 保留床の売却の責任についても特定建築者負担になるということでした。

よく保留床の売却残を市が負担しないとっていう話があるみたいですが 今回のケースではそれは回避されることになります。

当該地は市内でもトップクラスの一等地。立地だけでもかなりの高額物件となるはずです。 それの売れ残りを市が負担ということになると、リスクとしてはかなり重たくなっていました。

再開発ビルの費用が上がったことがやり玉にあがっていますが、 特定建築者が保留床を売りやすくするための事業計画変更ということもあるんだろうな。

再開発では、国の社会資本整備総合交付金を利用するにあたり 目標値を設定しているとのこと。

ちょっとの間、打ち合わせで離席していたこともあるので抜けてるかもしれませんが、 道路通行者を18287人⇒21944人に増やすという目標を掲げているそうです。

この数字だけではスケール感が分からないんですが、 芦屋市としては、このままだとジリ貧です。というか国全体がジリ貧な気が…。

なので正直なところ、再開発事業を起爆剤にしてほしいという思いがあります。 その辺の具体的なプランが市から示されるときは来るのだろうか。