今日は民生文教常任委員会。

今日の審査対象は以下のとおり。 それぞれの議案書は、こちらをご覧ください。

番号件名
第2号 芦屋市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について
第3号 芦屋市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例及び芦屋市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第4号 芦屋市福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第7号 令和元年度芦屋市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
第10号 令和元年度芦屋市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
第12号 芦屋市霊園合葬式墓地等建設工事請負契約の締結について

また、以下の報告と所管事務調査を行いました。 所管事務調査の資料は、こちらをご覧ください。 今日時点でのアップはまだですが、後日アップされる予定です。

  • (報告)兵庫県後期高齢者医療広域連合議会の報告について
  • (所管事務調査)芦屋市環境処理センター長期包括的運営業務について

なお議案の審査結果としては、いずれも全会一致で可決すべきものと決しています。

例によって、気になるところをピックアップしてご紹介。

霊園の合葬式墓地について

芦屋霊園に新たに合葬式墓地の建設が行われます。 今日の議案は、その発注業者が決まったというもの。

合葬式墓地って?

その名の通り、亡くなられた方のご遺骨を共同で埋蔵するお墓です。 近年の都市化・少子高齢化といった社会情勢の変化によって、墓地へのニーズも多様化しています。

具体的には、以下のような特徴を持っています。

  • 管理者(市)が合葬室とモニュメント(玉石や樹木など)でひとつの大きなお墓を建設
  • 骨壺から出して他の方々と一緒に納骨(共同埋葬)(はじめは骨壺のまま一定期間安置し、その後に骨壺から出して納骨されるケースもある)
  • 納骨後の遺骨の取り出しは不可(安置期間中の遺骨の取り出しは可)
  • 使用期限は永年
  • 承継は不要
  • 墓の管理は管理者(市)
  • 使用料は「一般的な墓地」や「納骨堂」と比べると安価
  • 安置期間中は維持管理費が別途かかる場合もある

一般的なお墓と比べた場合、個別での納骨はできないものの 安価で納骨でき、かつ普段の管理の手間も省くことができます。 また、無縁墓になる恐れもありません。

ニーズが高まっている

芦屋市が平成28年に行ったアンケートにおいても、以下のような心配事が見られました。

  • 子供や孫に負担をかけるのではないか
  • 世話する人がいないため、無縁にならないか

実際、仕事などで田舎から都市部に出てきた人にとっては田舎にあるお墓を定期的に手入れするのは大変です。 また、お墓の維持費にもそれ相応のコストがかかります。ご先祖様を軽んじるわけではありませんが、 現実的には管理運営が難しくなってきているのも事実な訳です。

そうした声は芦屋市だけではなく全国的な流れになっています。 特に、都市部の自治体では顕著なのではないでしょうか。 事実、ここ数年で色々な自治体で合葬式墓地が設けられだしています。

芦屋の場合はどういう形でつくられる?

芦屋の場合、以下の2種類のお部屋を用意する計画になっています。

  • 一時安置室:骨壺に入れたまま個別に区分けされたロッカーで一時的に安置する。
  • 合葬室:骨壺から出し、他のお骨と一緒に納骨する。

一時安置室は800体を安置し、合葬室には4500体を納骨することになっています。 一時安置室に置いておける年数やそれぞれの利用料については現段階ではまだ決まっていないとのこと。

合葬式墓地の建設は安いものではありませんが、 故人が眠られるお墓についてはちゃんとすべきだと思います。

近年では、無縁墓になってしまい、そのまま撤去されるというケースも増えているそうです。 無縁墓になってしまうのはあまりに不憫です。芦屋市を創ってこられた方々に敬意を表しながら 安らかにお休みになることができるお墓にしてもらいたいと思います。

兵庫県後期高齢者医療広域連合議会の報告について

後期高齢者の医療費については2年に一度改定されます。 令和2年度が改定年度とのことで、その説明もありました。

0111 0112

後期高齢化の影響で人数も増えており、後期高齢者医療費は年々増加しています。 各人の医療費負担を小さくするためにも、個人負担が重くなるのはやむを得ないところがあります。

ただ、これから先。2025年には団塊世代が後期高齢者になり、人数は爆発的に増加します。 また、平均寿命は年々伸びているため、しばらくは総医療費がどんどん増えることが見込まれます。

そうなると、個人負担を上げるということになるのでしょうが 後期高齢者の方々は、年所得が低い方が多いです。 個人負担が重荷になる方も多くなってくることが予想されます。

今のペースで進めていくと、いずれ制度維持が難しくなるのではないかと危惧します。 健康寿命の延伸により、個人にかかる医療費を抑制するしか今のところは策がなさそう。 今日の委員会では敢えて発言しませんでしたが、終末期医療の在り方も議論しなければならないフェーズが来るのかもしれません。