今日は以下のとおり、たくさんの会議がありました。 閉会中はなるべく予定がまとめられるようになっていますが、それでも多い(笑)

  • 議会運営委員会
  • 代表者会議
  • 議会報編集委員会
  • 議会報告会準備会 代表者会
  • 建設公営企業常任委員会
  • 民生文教協議会

とりわけ、常任委員会と常任委員会の協議会が重たい内容だったので そっちを紹介しておきたいと思います。

建設公営企業常任委員会の内容

閉会中の継続調査事件となっていた「JR芦屋駅南地区について」の説明を受けました。 いわゆる、JRの再開発のお話。

図面など、詳しい内容は市議会HPに後日アップされる委員会資料をご覧ください。

今日の説明そのものは、事業計画が変更になったということで説明を受けています。 変更点の概要について、資料から抜粋しているので下記画像ファイルでご確認ください。

0002 0003 0004 0020 0021

思うところ

今回の変更については、色々と説明がありましたが 個人的には以下の2点が問題だと思います。委員会でもそんな感じでしたね。

  • 事業の期間が延びる
  • 事業費が大きく上昇する

期間が延びるのが良くないのは言わずもがな。 工事期間が伸びると、色々と余剰コストが生じてくるものですし、 市民側の立場で言うと、いつになったらできるねん!ということもあります。

事業費は増えるが、市の負担が減る?

一番問題なのはコスト面だろうと思います。 総事業費としては今回、57億ほど増えています。 ただ、実は市の負担としては減少するという説明がありました。

というのも、当初計画では再開発ビルを市が自力で建設する予定だったため まるっと市が負担する必要がありました。ただ、今日の説明では再開発ビルの建設を 特定建築者にお願いする計画に変わったので、特定建築者からも費用が投入されることになると 説明がありました。財源が増えるので市の負担は少し軽くなるよってこと。

ただねぇ、総事業費がポンと増えているのも気になるわけです。 国庫補助とか、色々な策を講じながら市負担を軽減させる方針なのは理解しますが、 総事業費が大きくなると、ペイするために求められる効果のハードルも高くなります。

事業費をかけてつくったけど、イマイチやんね。っていうことになると 負の遺産になります。それは避けないと。そのためには、財政的な観点での 考え方も大事になってきます。議会としては、財政やばいよねという方向性で ある程度合意できてる節がありますから、その観点での何か仕掛けをすることができるかもしれませんね。

民生文教協議会

今日は委員会じゃなくて協議会です。 というのも、閉会中の継続調査事件に加えていない案件を取り上げたから。

後期高齢者医療費の改定についての説明を聞きました。 後期高齢者医療制度については、広域連合で対応しています。 他の兵庫県内の自治体と同様、芦屋も兵庫県後期高齢者医療広域連合議会に所属しています。 ちなみに、広域連合議会の議員は副市長。

後期高齢者医療費については、2年に一度改定しています。 来年がその改定のタイミングであるため、事前に説明を受けました。 詳しくは、これから開かれる広域連合議会において決定されることになっています。 改定の内容については3月定例会の中で説明を受けることになっていますので、そのときに。

後期高齢者医療制度については少子高齢化の影響をもろに受けます。 現役世代の保険料も財源に含まれていますし、2025年には団塊世代という人口の山が 後期高齢者になるために爆発的に人数が増えます。そうなってくると、将来的にも 制度を維持できるのか?と危惧しています。

今日のところは、将来の課題についても協議してくださいねと要望しておきました。