今日も昨日に引き続き、議会報告会でした。 3回に分けて開催する議会報告会は、3つの常任委員会ごとに班を分けて対応します。 今日開催したのは建設公営企業常任委員会の班。僕は今日は役目はありませんが、 会場が市役所ということもあり、傍聴していました。

平日の朝10時~という参加しづらい時間帯にも関わらず、大勢の方にお越しいただきました。 受付の状況をチラっと見た限りでは、16人の参加があったようです。 例年に比べても多くの方にご参加いただいているような感じがします。 また、今日は「初めて参加した」という方もおられました。 初めて来られる方にたくさん来ていただけるように準備を進めていたので、素直に嬉しいです。

今日の報告会は以下の2部構成。

  • 平成29年度決算審査の報告
  • 意見交換会(無電柱化の取り組みについて)

聞いている感じだと、冗長…な感じはあまりなかったかと思います。 それを裏付けるかのように、活発な議論が行われました。

ちなみに、平成29年度決算審査の報告の質疑応答の際、 公共施設のWi-Fi設置に話が及びました。そんなにテクニカルな質問ではないと思いましたが 何故か傍聴していた僕が発言することに…。幸い、テクニカルな質問ではなかったので滞りなくお答えできました。 11月23日に行われる報告会では建設公営班の議員さんにもお答えいただかないといけないですね(笑)

無電柱化のところでは、先般発生した台風21号のときに南芦屋浜で発生した停電について話が及びました。 というのも、南芦屋浜は無電柱化済みなんですね。初めの段階で電柱をつくらなかったと言うべきかもですが。

「地中に埋めた影響で浸水し、停電に至ったのではないか?」という質問がありました。 そう考えるのは自然だと思います。僕も初めは疑いました。 ですが市の所管課や関係事業者の話を総合すると、南芦屋浜で発生した停電は他の地域の電線が切れる等、 「地中化したこと」が原因となる停電ではなかったという検証がされています。

また、当日はなかなか復旧できないところがありました。それについては「地中に埋まっているから手間取ったのでは?」 という質問も。これもそう考えるのは自然だと思います。やはり、僕もそれは疑いました。 ですが、関係事業者の話によると、通電しても大丈夫か?と1軒1軒確認しながら通電したことによる影響で遅くなったとの。 浸水があったので、通電することによる火災など、二次災害を警戒した対応です。火災等の問題があると、 それはそれで大問題に発展しかねなかったので、電力会社の対応としては止むを得ないと思います。

無電柱化は、1キロ当たり3億5000万円ほどのコストがかかると言われています。 市の負担としては1/3になります。ですが、トータルコストがあまりにかかる事業であることは間違いないです。 防災力の向上のためにも推進していく事業ではありますが、スピード感を伴わせるのが難しい事業でもあります。 水道やガスの更新タイミングと合わせるなど、なるべく無駄なく進めていくしかない状況です。 しばらくはもどかしい進捗が続くとは思いますが、一歩一歩進めていくしかないですね。

さて、議会報告会も僕が所属する総務常任委員会による回のみとなりました。 以下の要領で開催します。

開催日時間場所内容
11月23日(金祝)14時~保健福祉センター3階会議室1平成29年度決算審査の報告
意見交換会(公共施設等総合管理計画について)

ちょっとテーマがとっつきにくいかもしれませんが、重要なテーマです。 過去の開催例の良いところ悪いところをフィードバックした上で取り組みたいと思っていますので、 良ければご参加お願いいたします。

なお、今日の模様については市議会事務局Facebookでアップされていますので、シェアします。 芦屋市議会事務局Facebookの「いいね!」もよろしくお願いいたします。