今日は議会の会議はお休み。会期中ではあるので、 登庁しなかったとしても急な呼び出しにも対応できるよう芦屋市内には居るようにしています。

それで、今日はちょっと用事ができたので登庁。 来週からは中日(なかび)になるんですが、そこで議案を出すことになりそうです。 詳しくは来週月曜日に行われる代表者会議なり議会運営委員会にて決めることになるので 具体の話はまだ出せませんが…。

それは置いといて、今日から教科書展示会という催しが始まりました。 その名のとおり、平成31年度に使用する小・中学校用の教科書の見本を展示するというもの。 平成30年6月15日(金)~平成30年7月2日(月)の間、14日間に渡って開催されます。

教科書展示会について(芦屋市)

なお、前半戦と後半戦で開催場所が異なるそうです。

  • 6月15日(金)~6月24日(日)
    • 時間:10時~18時
    • 場所:芦屋市立図書館小集会室(6月18日は休館日)
  • 6月26日(火)~7月2日(月)
    • 時間:9時~17時30分
    • 場所:芦屋市役所北館1階(6月30日、7月1日は閉庁日)

教科書展示会は、芦屋だけの取り組みではなくて文科省から公示された全国的な取り組みです。 ただ芦屋市では近年開催できていなかったようで、昨年の一般質問において 同じ会派の寺前議員が取り上げていたテーマでもあります。

平成30年度における教科書展示会の開始時期及び期間について(文部科学省)

不勉強でしたが、文科省からの通知は「教科書の発行に関する臨時措置法施行規則」において 定められているものであり、地方自治体としても実施すべき展示会だったようです。

第五条 教科書展示会は、六月一日から七月三十一日までの間にこれを行うものとし、毎年その開始の時期及び期間を指示する。
2 前項の指示は、告示をもつてこれを行う。

開催場所である芦屋市立図書館は自宅から近いこともあり、市役所の帰りに立ち寄ってみました。

DSC_0186

平成31年度から道徳が教科化されるので、検定教科書を使う必要が生じました。 なので、道徳の教科書がズラリ。ちょっと見比べてみたんですけど、正直、よく分かりませんでした。 基本的には考えさせられる系の話があって、それに基づいて考えてみようねっていう話やと思うんですけどね。 先生の考え方の押しつけにならないようにっていうところがあると思うので、難しい科目だと思います。

その他の科目についても色々とありました。やっぱり見比べてみましたが、 細かい違いまでは分かりませんでした。選定委員会ばりに時間をかけて見比べたら分かるんだと思いますけど、 そこまでは時間が無いので(笑)

自分が学生時代に使っていた教科書を思い出して比較してみると、 自分の頃よりも分かりやすくなっているような気がします。 国語の教科書とかはフルカラーではありませんでしたが、フルカラーは当たり前の時代だそうです。

保護者の方は、恐らく教育的な専門見地をお持ちでない方がほとんどだと思います。 だから僕と同じで細かいことはよく分からないとは思います。 ですが、お子さんの教科書にはこんな種類があるよ~ということを見る機会になると思います。 もし、よろしければ一度足を運んでみてください。