今日は関西学院大学大阪梅田キャンパスにて行われた経営戦略講座「自治体監査のための監査論入門」に参加。 母校です。母校ですが梅田キャンパスは初めてです。 これから毎週火曜日の夜に研修があり、計10時間、みっちり勉強します。

自治体監査について、従来は議会からも1名選出するという法律でしたが 平成29年の改正において、そのルールがなくなりました。

第百九十六条 監査委員は、普通地方公共団体の長が、議会の同意を得て、人格が高潔で、 普通地方公共団体の財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者 (議員である者を除く。以下この款において「識見を有する者」という。) 及び議員のうちから、これを選任する。 ただし、条例で議員のうちから監査委員を選任しないことができる。

これを受けて、大阪府などでは議選監査委員を条例で廃止することに。
大阪府監査委員、議員枠を廃止へ 条例改正案(産経WEST)

名誉職的な位置づけになっているというのが理由だそうですが、 全国的な流れとして議選監査委員の是非が問われている状況があると言えます。

一方で、僕が所属する芦屋市議会では、議選監査委員の枠をまだ設けています。 僕自身、監査委員に興味があり、やってみたいとは思っているものの、未経験。 是非と言われても、未経験だしよく分からんわっていうのが本音です。

なので、自治体監査とは何ぞや??というのを学ぼうと言うのが目的です。

アメリカ会計学会によると、監査の定義とは以下のように定義されているとのこと。

監査とは、経済活動と経済事象についての主張と確立された基準との合致の程度を確かめるために、 これらの主張に関する証拠を客観的に収集・評価するとともに、その結果を利害関係をもつ利用者に伝達する体系的な過程である。

貸借対照表に借入金:10億円と記載されている場合、経営者の主張としては以下のものがあります。

  • 借金は10億円(発生性)
  • 10億円以上の借金は存在しない(網羅性)

監査では、この両者を立証するための証拠を集める必要があります。 源泉が同じ証拠だと証拠としての価値が低いため、なるべく異なる源泉から証拠を集める必要があります。 借入金だけを見ても粉飾には気づきません。支払い利息と合わせて見ることで嘘に気付くことができます。

どれだけ源泉が異なる証拠を集めることができるか?が監査の鍵だそうです。

石原先生の授業は初めて受けましたが、かなりスピーディに進んでいくため ついていくのが大変。4回の講義でしっかりと勉強し、少しでも物にしたいと思います。