今日は甲南大学にて行われた関西ネットワークシステム第60回定例会にお邪魔しました。関西ネットワークシステムとは、「産学官民連携はコミュニケーションからはじまる」をテーマに年4回開催する定例会をはじめ、 研究会活動、ミニ井戸端会議など、約15年の間に900回を超える活発な活動を行い、様々な形で産学官民メンバーの交流を深めている会だそうです。

定例会と言われる今回の会は、持ち時間1人10分のプレゼン大会が3時間に渡り行われるというもの。 どれぐらいの数かと言うと、これぐらい。
28951465_1589873974466788_7314005481733750784_n

重複があるので自分で聴きたいプレゼンをチョイスするんですが、 体が二つあれば良いのにと思うプレゼンも少なくありませんでした(笑)

初めは3時間って結構長いなと思っていましたが、産学官民問わず、色々な分野の方がプレゼンター。 多種多様のお話を聞くことに夢中になっていたので、3時間もあっという間に終わりました。 中には政策提案にかなりヒントになる話も…。とりわけ、創業支援、高齢者施策の部分でヒントをいただいたと思っています。

あと、施策とは関係ないんですが、コミュニケーションツールでこんな良いものがあるのかぁと。 特に意見交換で力を発揮しそうだったので、自身(会派)の市政報告会で使ってみたいと思います。

この会は先日お知り合いになった方にご紹介いただいたことで知ったんですが、 本当に良い時間となったので、ご紹介してくださった方には感謝です。