今日は日台議連の台湾訪問の最終日。 朝から台湾見物をした後、台湾日本関係協会の方々と会食。 今日はお昼だったということもあり、お酒は控えめでご飯中心の会食でした。 お酒を飲んだ状態で飛行機に乗るとえらいことになりそうだったので、 個人的には助かりました。

台湾日本関係協会とは、台湾の対日関係窓口機関です。 芦屋市議会日台議連として普段からお世話になっている台北駐大阪経済文化弁事処の 台湾本部といったところでしょうか。

中華民国(台湾)の対日窓口機関であり、台北駐日経済文化代表処の台北本部である。 日本との間に国交がないため形式的には非政府機関であるが、実質的には中華民国外交部の所管。 日本側のカウンターパートは公益財団法人日本台湾交流協会。

台湾日本関係協会の方からは、様々なお話を聞かせていただきました。 とても有意義な時間となりました。貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。

2泊3日だったので、だいたい丸2日ほど台湾にいた計算になります。 僕としては初めての訪問でしたが、台湾でお会いした方は皆さんとても親切にしていただきました。 市内においてもセブンイレブンやファミリーマート、吉野家など日本で馴染みのあるお店も多く、 日本のお店が台湾の人たちに受け入れられていることが嬉しかったです。

また、現地のテレビを観ていて感じたのは日本企業のCMの多いこと! 中には日本のCMそのまま流してるのもありました。 ネットで調べてみると「日本」という表現は現地におけるキラーワードであるとのこと。 ネットの話なので、正しい話かは分かりません。ですがCMで日本製品や日本語を見かけるケースが あまりに多かったので、あながち間違った情報でもないのかなと。

ちなみにこれは個人的な話ですが、僕は中国語が全然分かりません。 なので向こうの人とコミュニケーションするときは基本英語。 初めは違和感がありましたが、2日目ぐらいからは普通に英語が出てました。 でも、国際文化住宅都市の議員としては、英語ももうちょっと勉強しないとダメですね(笑) 久々の海外で、改めてそう感じました。

色々な経験をさせてもらいましたが、とりあえず事故もなく無事に帰国できてよかったです。 明日から再び通常営業に戻りますが、芦屋のためにしっかり頑張りたいと思います。