今日は台北駐大阪経済文化弁事処主催の中華民國(台湾)建国106年国慶節祝賀レセプションに出席。 芦屋市議会の日台友好議員連盟に所属している関係で、ご招待いただきました。
22221670_1434170873370433_2351892825649800989_n 22195386_1434170766703777_3546277915207389761_n

国慶日とは、台湾における建国記念日のことです。1911年10月10日に中華民国が成立したため 毎年この時期に祝賀レセプションが行われます。昨日は東京でも行われていたみたいです。

雨がかなり降っていましたが、大勢の方がお越しになられていました。 ピーク時には知り合いを探すのが大変でした。それぐらいの多さ。 以前、参加させていただいたときにはたくさんの国会議員の方々が来られていたように記憶していますが、今回は少なめ。 まあ、選挙直前ですから仕方が無いと思います。それでもお越しになられている前衆議院議員の方もおられました。 あまり票には繋がらないでしょうに、わざわざお越しになるのは素晴らしいスタンスだと思いました。

芦屋市には友好議員連盟の他にも日台交流芦屋の会という市民による交流団体があります。 今日は日台交流芦屋の会の役員の皆様もお越しになられていました。 なので芦屋市は特に台湾との交流を深めようとしていると思います。国際文化住宅都市ですし。

何度も書いていますが、日本と台湾の友好関係はとても強いです。 国家としての交流を進めることが難しい状況にありますが、 芦屋市のように市民レベルで交流を結ぼうという動きもあります。

今はグローバル社会。国際交流はとても重要です。 しかし国際間の友好関係は一朝一夕で結べるものではありません。 台湾のように、今ある友好関係は大事にしていきながら、 色々な国の文化を認め、国際交流を深めていく必要があると思います。この辺は議員としてもできることがあるでしょうから、しっかりと取り組んでいきたいです。