最近、こっそりと芦屋市役所がブルーライトでライトアップされています。何のためのライトアップかご存知でしょうか。
12963724_938281492959376_5211447336866904813_n

毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デーです。また、4月2日~8日までは発達障害啓発週間とされています。日本では、Light It Up Blue Japan 2016と銘打ち、賛同する各地にてブルーライトでのライトアップを行っています。芦屋市も活動に賛同し、啓発週間はずっと市役所をライトアップしています。

ブルーライトはとてもきれいですが、何でブルーなん?というのも気になりますね。Light It Up Blue Japan2016実行委員会によると、以下のとおりだそうです。

周囲の環境によって心の平穏を保ちにくい自閉症の人たちが落ち着きを取り戻せる癒しの色として選ばれました

気持ちが込められた素敵な光ですよね。

障がいをお持ちの方々のことを正しく理解するのはとても大事です。しかしながら、身近に障がいをお持ちの方がおられない場合、分からないですよね。そういう人に自閉症の方の事を知っていただこうという運動が今回の啓発活動となります。

でもこういう取り組みは全然報道されませんよね。メディアはしょうもないことばかり取り上げるのでは無く、こういう取り組みの事を積極的に取り上げてくれたら良いのに。

前述のとおり、4月2日~8日の間は市役所にてライトアップを続けるようです。夜に芦屋市役所前を通る事があれば、一度ご覧いただければと思います。