市役所から南に下った国道43号線精道交差点にエレベータが完成し、2月1日から供用開始となっています。
12472293_933275853459940_644212238323301112_n 10399745_933276000126592_7103299024071666990_n

市役所へは歩いて通っているのでずっとエレベータ前は通っていました。ですが特に利用せず通り過ぎるだけ。このたび、人通りが少ない時間帯を見計らって使ってみました。

当然ながら、歩道橋のスロープを通るよりも楽でした。この交差点には歩道橋も設置されています。ですが写真を見ていただいたら分かる通り、かなり長いスロープ。高齢者や足の悪い方にとってはしんどい歩道橋です。
12931041_933276090126583_3357006879738045571_n

エレベータはまだ北側にしか使用できませんが、今まで歩道橋を使われていた方にとってはかなり便利になったのかな~という気がします。また、歩道橋から市役所に直接行ければ楽なのに~というお声を時々耳にします。やっぱりここを繋ぐのは難しいんですかね。

このエレベータ。僕が議員になる前に立てられた予算で作られたものです。てっきり国のお金で作ったものだと思っていたんですが調べてみたら違ってました。

あのエレベータってどうなん?と聞かれる事も多いので、背景について紹介しておきたいと思います。

このエレベータは、国の社会資本整備総合交付金を活用した「バリアフリー環境整備促進事業」として設置されたものになるそうです。

北側エレベータについては一部の国庫補助はあるものの、基本的には市の財源で設置しています。予算は以下のとおり。

国負担19,550,000
市債45,800,000
市負担5,119,000
総計¥70,469,000

そして、南側エレベータについては国負担(国交省が設置工事を実施)です。費用対効果としてはどうなのかは現時点では分かりません。ですが議会で承認を受けた予算で施工されたものですので、高齢者の方々や足の悪い方々に有効に使っていただければと思います。