芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は議会運営委員会。 6月定例会最終日である明日、本会議があるのでその進行についてが主な議題です。

明日は議案等の採決だけなので、紛糾したり問題が発生したりすることはないと思います。 ですが、採決は議員の仕事でも1、2を争う大事な仕事。しっかりと務めを果たしたいと思います。

また、今日の会議では他市からの視察で議会事務局が所管となる視察についての 取り扱いについても協議。

議会改革に関連した他市からの視察はここ近年、かなり増えているようです。 特にタブレット端末の導入については、かなり注目されている視察項目だそうです。 議会に関連した内容であれば、各議員は色々な感想や思いを持っているのは当然です。 視察の際に、各議員に現場レベルの話をしてもらいたいと言うのが今日の協議の趣旨。

結論としては、やった方が良いのでは?という意見で合意しましたので、 随時進めていくことになりました。

僕らも色々なところを視察させていただいていますが、 その際、座学のみならず現場視察をさせていただくこともあります。 現場レベルの方のお話を聞くことができる形の視察であれば、よくイメージできます。 そして何より非常に分かりやすい。

誰が視察に立ち会うかは正副議長に一任なので、どれぐらいの頻度で回ってくるかは今のところは全く未定。 ですが先方はせっかく遠いところから芦屋市を選んで足を運んできていただいています。 なるべくたくさんのお土産を持って帰っていただいて、先方自治体の発展に使っていただければと思います。

そして、これは相手ばかりが得するだけでなく、芦屋市議会にとってもプラスがあります。 他市の議員さんとの交流にもなりますし、他市の皆さんと意見を交わすことで 新たな気づきが生まれる可能性も大いにあり得るからです。 なので今回の決定は、非常に楽しみな決定となりました。

6月定例会もいよいよ30日が最終日です。 議会の終盤になると、議会報に掲載する原稿作成という宿題が発生します。 一般質問についての原稿を担当するんですが、これが意外と大変。

というのが、紙面の関係で字数がかなり限られるため。 今回だと130字。実際に文章を書いてみると、すごく少ない。 一般質問の内容すべてを取り上げるのは不可能で、ポイントを絞って記載する必要があります。

自分のビラでは字数を可能な限り減らすというポリシーでやってます。 でもさすがにもうちょっと字を書いてます。だから議会報で伝えるには、 短い字数で人に伝える文章力が求められます。が、どこまでできているか…。

自分で配らなくても議会の方で全戸配布してくれるので、 すごく助かる部分もあるんですけどね。僕が議員になったばかりの頃よりも ずっと見やすく分かりやすいものになってきていますし。

とここまでダラダラと書いているのが約400字。 130字というのが如何に少ないか…。少ない字で分かりやすくまとめている 雑誌や新聞の記者さんを素直に尊敬しますね。

また、議会報では画像添付もできるようになりました。 現場写真などを添付できれば、分かりやすさがアップします。 でも僕の質問はハード面に関する内容では無いので、またもグラフ画像になりそうです。 それはそれで良いんですが、現場写真は分かりやすくて良いなぁと羨ましく思ったりもします。

要するに、議会報は苦労してつくっているものということです。 また目を通してもらえばありがたいと思います。配布は当分先だと思いますが…。

先週月曜日、18日に発生した大阪北部地震において、 倒壊したブロック塀の下敷きになり、犠牲になった方がいらっしゃいました。 建築基準法を満たしていないブロック塀の危険性が再認識され、 本市においても類似する危険箇所がないかの点検が行われました。

全市に渡る網羅チェックはできていないものの、公共施設と小学校通学路のチェックが緊急的に行われました。点検方法は、目視と打音でのチェック。 他市での教訓を無駄にせず、それぞれの自治体にフィードバックする姿勢は非常に重要。 迅速な対応に感謝です。

  • 公共施設
  • 公立学校園
  • 小学校通学路

公共施設および学校園については、問題は見受けられなかったとのこと。

しかし小学校通学路については、一部問題が発覚したそうです。 とりわけ、市有地である東芦屋町14街区先市所有地西側のコンクリート塀については 以下の対策を講じたとのこと。

  • 黄色テープ貼付けによる注意喚起を行った。
  • 引き続き、速やかに塀の撤去を行う。

ちなみに、地図上で言うと赤丸の辺り。ちょっと放置気味の土地のところですね。 見栄えも悪いし、ブロック塀は取ってフェンスとかにすれば良いのになって思ってたところです。

当該か所

その他の箇所は私有地のものなので、ここでの公開は控えます。 当該か所については所有者への連絡を実施し、早急な是正指導を行う予定とのことです。 お子さん方の安全のため、速やかな対応をお願いしたいと思います。

通学路を除くエリアについては建築指導課さんも随時チェックをしてくださるとのこと。 ですが市内全域のチェックとなると、狭い芦屋市と言えど大変です。 網羅的なチェックを迅速に進めていこうと思うと、地域住民の皆さまの目が必要になります。 何か気になる箇所があれば、市に連絡するか、僕の方までご連絡いただければと思います。

なお、芦屋市のホームページにおいても点検を促す案内が掲示されています。 こちらもご覧ください。

コンクリートブロック塀の安全点検について(芦屋市)

↑このページのトップヘ