芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は総務常任委員会。

以下のとおり、専決処分報告が2件と市長提出議案が4件と議員提出議案が1件。 そして所管事務調査の報告が1件。ボリューム的にはそこまで多くないかなと思ってましたが 終わったのは18時前。まあ、僕も長くなっちゃったので仕方ないか(笑)

それぞれの議案の詳しい内容についてはこちら

種別番号件名
専決処分報告第1号芦屋市市税条例の一部を改正する条例の制定について
第7号芦屋市市税条例の一部を改正する条例の制定について
市長提出議案第38号芦屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第39号芦屋市市税条例の一部を改正する条例の制定について
第42号芦屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について
第43号令和2年度芦屋市一般会計補正予算(第3号)
議員提出議案第10号中国公船の尖閣諸島領海侵犯に対し警備監視体制強化と日本漁船の安全操業確立を求める意見書

議案については全部書くと多いので、興味があるところ(≒発言したところ)を中心にピックアップします。 なお、いずれの議案についても「可決すべきもの」と決しています。

第43号議案

補正の内訳は以下のようになってます。

0101

大きな要素は学童

大きな要素は放課後児童クラブ。いわゆる学童保育です。 新型コロナウイルスの影響で密を避けるという目的のため、過密状態である 山手小と宮川小については近隣の幼稚園(西山幼稚園、宮川幼稚園)の空き教室を使って 学級を開設するというもの。

コロナ対策での流れを機に、拠点校方式の解消が必要

狭い教室にたくさんの児童が入る構図は避けないといけません。 コロナ対策というところは当然やる必要があります。それ自体は問題なし。 ただ、個人的に放課後児童クラブの最大の問題は「拠点校方式」だと思っています。

山手小で超過した場合は岩園小学校へ。宮川小学校で超過した場合は浜風小学校へ。というように 拠点校と言われる学校に移動して利用してもらう形で対応しています。

宮川小⇔浜風小はともかく、山手小⇔岩園小はかなり距離があります。 大人でも歩いて行くのはしんどいです。明らかに離れすぎた学校に移動するというのは 緊急時のことを考えるとあまりにリスクが大きいと思います。

従前から、小学校内に増設するのがベストだけど、 難しい場合はせめて歩いて行き来できる同一小学校区内に増設する必要があるでしょう! ということは言ってきています。これは教育の質云々というところよりも リスクマネジメント的感覚で言っています。

小学校から近い幼稚園で対応可能なのであれば、拠点校方式の早期解決を図るべきだろうと思っています。 答弁はのらりくらりとかわされましたが、ここはなるはやで対応してほしいところです。

所管事務調査(行政改革)

令和3年以降の行財政改革の案が示されました。 もともと、現行のプランを令和3年まで延長する予定でしたが、人口減少社会等を受け 1年前倒しで進めるということになったそうです。

令和3~7年の行革方針は、『持続可能型』。 10年間の効果額として、40億円を目指すとのこと。

ただし、平成15年行革のように市民サービスを容赦なく廃止していくやり方ではなく、 市民サービスを維持しながら効率化などにより効果をあげていく。 個人的に、これからの芦屋市に必要な方向性だと思っており、議会でも度々口にしてきた 方向性とほぼ同じ方向性が報告されました。

効果額を出すための方針

目標達成のため、以下の基本方針と取組方針を掲げるそうです。 個人的な考えに近いところだったので、スッと落ちました。

  • 未来に向けた公共施設等の最適化
  • 前例に捉われない業務効率化
  • スクラップの徹底
  • 資源と連携を活かした歳入確保・歳出抑制

この辺には思うところもあり、ちょっとだけ熱く議論を交わしました。 いずれにしても、削減ありき、効果額ありきで進めるのではなく、 「あるべき論」の積み重ねの結果、効果額が得られた。というスキームで進めてもらいたいと思います。

議会も改革が必要。環境も意識も

行政は聖域なき行革。平成15年行革よりも更にレベルを上げた行革に取り組むと強い意志を示されました。 僕ら議員は、行革とは一線を画した立ち位置だと思います。だけど、芦屋市のバリューを更に向上させる建設的なサジェッションをしなければならないなと。ただの市民代表と言う立ち位置ではなく、 将来ビジョンを描く、経営者的視点も必要です。個人的に、今期は特に課題解決を意識して取り組んでるつもりなんですが、更に研ぎ澄まさないとダメだなぁ。

今日は民生文教常任委員会。

以下のとおり、専決処分報告が6件と市長提出議案が3件。 所管事務調査の報告が4件と盛りだくさんの会議となっています。 なるべく時短で…という思いがあったと思いますが、それでも17時超えてました。

なお、専決処分報告の第3~5号については4月末にあった臨時議会で出されたものですが、 委員会審査を6月定例会に先送りという扱いになっています。

それぞれの議案の詳しい内容についてはこちら

種別番号件名
専決処分報告第2号芦屋市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
第3号芦屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
第4号芦屋市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第5号令和元年度芦屋市一般会計補正予算(第7号)
第8号芦屋市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
第9号令和2年度芦屋市一般会計補正予算(第2号)
市長提出議案第40号芦屋市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
第41号芦屋市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について
第45号芦屋市霊園合葬式墓地等建設工事請負変更契約の締結について
  • ラポルテ市民サービスコーナーについて
  • 西宮市・芦屋市ごみ処理広域化検討会議について
  • 環境処理センターごみ焼却施設について
  • 市立幼稚園・保育所のあり方について

専決処分報告、議案審査

全部を取り上げるのは大変なので、審査時間が多く割かれたと思しきところを ピックアップしておきます。

専決処分報告9号

小中学生にタブレットとモバイルルータを貸与する補正予算が組まれており、 そこに議論が集中した印象です。

一般質問で通告してるので、あんまり詳しく言いませんけど、 オンライン授業については、やりたいことと現状でできることの乖離があります。 最終目標は双方向コミュニケーションを伴うオンライン授業なんでしょうが、 それははっきり言ってまだまだまだ遠い話です。特に環境周りの補強はかなり頑張らないと。 各家庭のネット環境や子どもが勉強する環境に大きなばらつきがあるのも、看過できない課題かと。

個人的に。オンライン学習が必要だと思うのは コロナのような長期休校が生じる場合、その期間を活用して勉強を頑張る子と そうでない子で学力格差が生じることに問題があると思うからです。

もっと言うと、コロナ世代みたいに世代間の格差に飛躍する可能性もあります。 これは将来的には大きな損失になりかねないので、早期の対応が必要になると考えます。

なので、完全なものでなかったとしても、できるところから。 といっても、一番簡素と思しき動画配信形式であっても、乗り越えないといけないハードルがたくさんあります。 平時のときにも併用し、データを取りながら準備を進めていく必要があるのだろうと思います。

第40号議案

マイナンバーを記載している通知カードが廃止されたことを受けての条例整備です。 条例の内容はともかくとして、通知カードが廃止されたというところがポイントなんだろうと思います。

ただ、通知カードというのはマイナンバーを通知するためのカードというだけのものなので マイナンバーそのものが無効になるということはありません。通知カードの廃止によって以下の 変化があるそうです。

  • 住民票と異なる記載の通知カードを証明書類として使えなくなる。
  • 通知カードの再交付申請ができなくなる。

マイナンバーを証明する書類としては、住民票でも代替可能です。 マイナンバーカードをつくらないとどうしようもなくなる!ということではありません。 まあ、でも住民票の交付は有料だしめんどくさいですよね。 マイナンバーカードを作った方が良さそうです。

マイナンバーカードの作成は、市役所に行かなくてもWebで対応できるそうです。 実は、僕は必要なシーンが無さ過ぎてマイナンバーカードはまだつくってません。 確定申告のときに必要になるから、ぼちぼち作成しようと思います。

ぶっちゃけた話、マイナンバーカードって要るのかな? というか、マイナンバーを個人が知っておく必要があるのかな?と思います。

マイナンバーなるものは、「個人情報と紐づけるキーが機関ごとにバラバラで、連携しようにも手間がかかって仕方ない マイナンバーという統一のキーを用意してみたよ」という目的でつくられたものだと認識しています。

なので、「マイナンバーカード」という形で配布しなくても、 裏でプライマリキーとして勝手に使ったらええだけなんじゃないの?って思うんですが。 まあ国の制度だし、言ってもしょうがないか。でも、日本はITが絡むと変なことになりますよね。

所管事務調査

ラポルテ市民サービスコーナーの休業日等の変更

休業日の変更

  • 変更前)第2、第3木曜日(ただし、7月、12月、1月は除く)、年末年始
  • 変更後)木曜日、日曜日、4月29日、5月3~5日、年末年始

ポイントとしては、日曜日がクローズになるということでしょうか。 本庁が日曜日休みなので、ラポルテが開いてると助かるよというシーンもあったと思うんですが、 コンビニ交付もできるようになっている(要マイナンバーカード)ということもあり、 人件費削減という観点もあって思い切って休みにするそうです。

平日業務時間の変更

  • 変更前)10時~19時
  • 変更後)10時~18時

ラポルテ市民サービスコーナーの存在

マイナンバーカードによるコンビニ交付が普及すれば、 ラポルテ市民サービスコーナー自体がいらなくなるんじゃないかなとも思っています。 事実、ラポルテ市民サービスコーナーの利用者数はじりじり減ってきています。

市民サービスコーナー廃止にはもう少し時間が必要でしょうが、 「代替案が出てきたから不要になった⇒廃止」というスキームは行革としてあるべき姿ですから 引き続き、ウォッチが必要なところだと思います。

西宮市とのごみ処理施設広域化の経緯経過について

今一番問題になっているのは、両市の費用負担のところです。

広域化する場合、小規模自治体の方が恩恵受けやすい

ごみ処理施設については、規模が小さい自治体だから小さい施設にすれば良いというものではありません。 環境負荷を抑えるとか、色々制約があるのでそれらを満たしたミニマム規模のごみ処理施設だったとしても、 芦屋市の規模にはToo Muchな施設です。そう考えると、芦屋市の場合は人口一人あたりの負担額は大きくなっています。 なので、芦屋市の方が広域化の恩恵を受けやすいという前提があります。

両市の納得感・公平感が得られる費用負担

広域化の効果額として約130億円が見積もられています。 ごみ排出量などを勘案して按分すると、西宮市が37億円で芦屋市が93億円ということになります。 でもそれだと、西宮市内に施設を建ててもらうということになっていますし公平感としてどうかな? っていうところがあります。

0008

ということで、効果額を均等化する方向で話をしているそうです。 あとは、この割合が50:50になるのか、60:40になるのか?というところなのかもしれません。

芦屋市は焼却施設作らないけど、中継施設が必要

また、芦屋市としてはパイプライン施設も持っているので、パッカー車で集めたごみを西宮市に運搬する対応だけでは無理です。 西宮市にパイプラインを通すわけにもいかないですし、ごみを集めるための中継施設を設ける必要があります。

これは芦屋市の独自事情です。だから、芦屋市の責任で用意する必要があるのでしょう。 パイプラインが無ければ、中継施設を経由しないで西宮にダイレクトに持って行くという運用もあったのかもしれませんが。 中継施設は43億円と安いものではありませんが、それを差っ引いても広域化のメリットがある訳です。

0015

広域化は絶対に完遂すべき

芦屋とか西宮とかの枠組みを超えた考えで言うと、 同じような施設を集約した方が環境への影響が小さくなります。 また、芦屋市としても、人口規模と比べて過剰な施設を持たなくても 良くなるというメリットもあります。

ここから先は両市の交渉となります。 個人的には、芦屋市のメリット100%を狙うのは良いですが、それによって交渉が難航するのであれば、 ある程度の妥協というか譲歩をしてでも実現すべきだと思います。話がぽしゃってしまうよりは、 絶対に良い訳ですから。

今日は建設公営企業常任委員会。 以下のとおり、議案1件と所管事務調査報告2件がありました。

番号件名
第44号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定補正予算(第2号)
  • 屋外広告物条例について
  • 南芦屋浜及び宮川における高潮対策について

議案について

議案書はこちら

JR南の再開発にかかる補正予算です。 コスト縮減のための再検討を行うための業務委託料だけを積み上げています。 とにかく前に進ませてほしいというものですね。

結論としては、全会一致で可決すべきものということになりました。 流れがガラっと変わったので、何かあったのかしら?と思うでしょうが 話を聞いている限り、前々からの答弁の流れと大して変わっていないような気がしました。

でもまあ、12月頃にコスト縮減のプランを出します。聖域を設けない形で検討しますよという答弁がありました。 そういうところが評価されたのだと受け止めておこうと思います。

コスト縮減については、関係各所とのコンセンサスを取りながら決めている 根幹の部分については弄れない気がします。そういう段階は既に過ぎ去ってると思うので。 なので細かいところの積み重ねになるのかな。抜本的なものは難しい気がするので、 12月議会に再び混乱に陥る気がしないでもない…。

まあ、今日はこの辺で。うちの会派からは委員として参加もしてませんしね。

屋外広告物条例について

屋外広告物の推移ですが、物件数としては以下のとおり。

 市内全体無許可県条例不適合市条例不適合
2016年2月3,621792640509
2017年7月3,608231237818
2018年10月3,590209223716
2020年3月3,578201217461

グラフにすると以下のような感じです。減っては来ている状況です。

アセット 4@3x

市内を歩いている感じだと、結果が出てきている感じはしますけどね。 神戸とか西宮に入ると、感じが変わるのが分かる気がするというか。

いずれにせよ、市としてはこういう条例だから守ってくれーというだけでなく、 条例を進めることで、こういう街並みをつくるんですよ、目指すんですよ。 っていうビジョンの共有がいるんだと思います。結構、杓子定規な条例でもありますから。

南芦屋浜及び宮川における高潮対策について

南芦屋浜高潮対策工事(南護岸・ビーチ護岸)の工事完成時期について、延期することになったとのこと。 この工事は県がやる工事なので、県からそういう話があったよっていうことです。

完成予定日

  • 当初完成予定:2020年8月31日
  • 変更完成予定:2021年3月末頃

延期理由

  • 防潮堤の基礎形状の変更
  • バリアフリー対応やバイク進入防止対策等のため護岸背後の歩道・駐車場の整備

延期に伴う今年の台風対応

  • 防潮堤(中壁)を令和2年8月末までに概ね完成させる。
  • 台風接近時には大型土のうを準備・設置する。
  • 車両一時退避場所の確保・土のう配布を実施する。(芦屋市実施)

防潮堤の変更

変更内容を見る限り、かなりごっつい基礎を打つようです。 埋立地だし、地盤が弱かったんでしょうね。

0008

しかしながら、防潮堤自体もかなりごっついですね。 完成したら見に行こうとは思ってますけど、かなりごっつそうです。 海は見えない感じですよね。

涼風町の立地は長所であり短所でもあるか

涼風町って、海から住宅が近すぎるんですよね。 それがストロングポイントでもあるんでしょうが、リスクも大きいです。 水害を回避しようと思うと、こういうごっつい防潮堤が必要になる。

また、南護岸については、釣り人の話も問題になっています。 これも住宅から海が離れていたらそこまで神経質にはならんのでしょうが 如何せん、涼風町の南護岸は住宅と距離が近いんです。目と鼻の先。

ここの釣りは、9月~10月ぐらいがピークだそうです。 日の出から昼ぐらいまで釣るようですから、9月頃の日の出は5時台。さすがに早すぎる。 そんな時間から車がブンブンやってきて、ガチャガチャされたらさすがに迷惑です。 僕は寝ちゃったらなかなか起きませんが、敏感な人だと寝れないです。

釣り人さんの楽しみを否定するつもりはないけど、 管理者である県も、ちょっと真剣に考えてもらわないと困ります。 住宅からの距離が近い南護岸はさすがに禁止にしないと…。 禁止にしても入ってくる人がいるみたいですが。

↑このページのトップヘ