芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は市民センターで行われていた第31回芦屋市学校給食展に。昨日今日と行われていましたが、昨日の午後は市役所で用事があったため、今日見に行きました。

この催しの目玉は学校給食の試食。夏休み期間に行われるということもあり、毎年大人気で大行列をつくっています。僕も例年、試食を戴いています。ですが今年は、前の用事の都合で参加が遅れる羽目に。13時すぎぐらいの到着でしたが、結果は売り切れ。やはり大人気です。

芦屋市では、学校給食は自校方式を採用しています。給食センターでつくった給食を各学校に分配するセンター方式とは違い、それぞれの学校で給食をつくります。なので子どもたちは、温かくて学校毎に特色ある給食を食べています。センター方式の方がコストが安くなるのは言わずもがな。芦屋市では食育の効果の高さを重んじ、敢えて自校方式を採用しています。

今日も、各学校のメニューが展示されていました。また、地産地消についてのコーナーも。
20525279_1370703039717217_3379464585512579737_n

ご存知のとおり、芦屋市には地場産物はありません。なので、兵庫県下の食材を用いて給食をつくっています。地産地消に関する以下の調査結果も展示されていました。

  1. 平成28年12月第2週を地産地消週間として指定。
    • 県内産活用率を意識して献立を実施
    • 地場産物活用率(品目ベース、金額ベース)を調査
      • ⇒結果は平均82.6%
  2. 平成29年6月第4週を再度調査。
    • 県内産が入手不可能な食材も献立に導入。
    • 普段通りの給食でも、地場産物活用率は54.6%に。
      • ⇒兵庫県の食育推進計画(第3次)の目標値を上回る結果。

地場産物がない芦屋市においても、工夫をすることで地産地消を進めることができるという内容でした。

僕は教育の専門家ではありません。なので食育の具体的な効果というのはよく分かりません。ですが、少なくとも子どもたちは美味しい給食を楽しみにしているんではないかと思います。給食展に大勢のお子さんたちが来られていることこそがその証明です。

勉強だけなら家でもできます。しかし、学校に行けば勉強以外のことでも学べます。だからこそ、学校に行くことが大事だと思います。芦屋市がこだわりまくっている給食が子どもたちの学校へのモチベーションの一つになっていれば良いですよね。

今日は建設公営企業常任委員会がありました。閉会中の継続調査事件となっている「芦屋中央公園芝生広場の改修について」に関する所管事務調査が目的です。ただいつもと違い、今日は委員会室ではなくて現地に赴いて説明を受けました。

中央公園の芝生広場は、名前とは裏腹に土のグラウンドでした。しかしサッカーなどのスポーツ利用が盛んだったこともあり、近隣住民の方々からの土ぼこりの苦情が絶えない場所でもありました。土ぼこり対策として、ほこりが出にくい土に入れ替えるなどの対応も検討されました。ですが恒久対策として、人工芝化を進めることに。

人工芝の工事は昨年度末に終了し、4月からご利用いただけるようになりました。接着剤での貼りつけでは無く、砂とゴムによる摩擦を利用しての貼り付けだそうです。それによって、芝の貼り替えが容易に。痛んでいるところだけを切り取って、部分的に貼り替えというのも簡単らしいので、長く使って行けるんではないでしょうか。なお、ラインの部分は上から塗っているのではなく、色のついた人工芝を貼っているそうですよ。

人工芝化を進めるにあたり、マナーを守らない利用などによる劣化が心配されました。ただ現時点では大きなマナー違反などはなく、大事に使っていただいているとのこと。今日も大勢の方がグラウンドゴルフを楽しまれていました。

市民の皆様のマナーには敬意を表します。ですが今後長く運営していくと、トラブル等も発生してくるでしょう。なので、現在グラウンドに隣接した管理事務所の改築工事を行っているところです。8月末には管理事務所への引っ越しは完了する見込みとのこと。

また、管理事務所はグラウンドの利用時間の間は常に開けておくそうです。なので6:00~21:00の間。管理事務所に詰めていただく方は野球場の管理と兼務になるそうです。いずれにしても大変な仕事です。ですが人工芝グラウンドを長い間運用していくためには必要な仕事。市民の皆さんが長きに渡って利用していただけるよう、お願いしたいと思います。

なお、中央公園の芝生広場はスポーツ利用が行われる以下の時間をのぞき、無料です。この規模の施設が無料で使えるのは凄いですよ。

  • 第1週~第3週の土曜日・日曜日 9:00~17:00
  • ※その他大会等に必要と認める曜日には有料施設として利用

今回の対応で、このエリアの土ぼこり問題には決着がつきました。でも市内の土ぼこりの問題はここだけではありません。特に小中学校のグラウンドなど、土ぼこりが凄いところがいくつかあります。こういうところも全部人工芝化できれば素晴らしいですが、予算の問題がありますからね。とりあえず、中央公園のランニングコストの推移をしばらくウォッチしていきたいと思います。

今日は議会報編集委員会があったので、朝から市役所に。同委員会は、各会派から1名が委員として参加します。うちの会派では、昨年度は寺前議員が参加していました。ですが今年度からは僕が参加することになりました。

今日の議題は市議会だよりの101号(6月定例会の特集号)の内容チェックについて。なお、市議会だよりは前回発行分の100号より、紙面が大幅リニューアルされています。今回発行予定の101号も同じフォーマットのままで発行する予定です。

リニューアルした100号の反響については特に伺っていません。ですが、個人的には見やすくなったし、全体的にイイカンジになったと思ってます。市議会だよりは、主に事務局の方が内容をつくってくださっています。事務局の皆さんには良いものをありがとうございますと言いたいです。

市議会だよりは市議会のホームページでも公開しています。ご覧になられていない方は是非ご覧ください。

今日、提案を受けた101号の内容について。特に文句はありませんでしたが、1点だけ指摘を。巻末に市議会のホームページについての案内が掲載される予定でしたが、そのURLの記載がありませんでした。市議会だよりをご覧になった方が「へぇ」と思っても、URLなどが無ければ見ていただけない可能性があります。なので、URLか表示の仕方を追記してもらうよう、お願いしました。こういうのって、数秒やってみて分からなかったら「もういいや」となりがちなので。

事務局からの提案で概ね問題ありませんので、僕が委員として参加しても大きな変化はないと思います。でも気付いたところはどんどん指摘して、少しでも良い市議会だよりにしていきたいと思います。

↑このページのトップヘ