芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は市役所にて、一般質問のヒアリング。 高齢介護課と健康課の課長さん方お二方にお越しいただき、ヒアリングを行いました。 所管課を書くだけで大よその方向性が分かる感じですけども、 これまでの一般質問ではあんまりなかった方向性の質問かもしれません。

ちなみに今日ヒアリングした項目の通告内容は 「高齢者向け健康管理アプリの導入とIT機器使用の支援について」 なんか強引感のあるタイトルですが、趣旨としては高齢者の方々の健康寿命を伸ばすために ITを生かそうというもの。最終ゴールこそ今までと違う方向性ですが、結局今までと近いアプローチの質問に。こっち方面で他に質問する議員がいないから良いんです。

なお全部で2件通告しているので、まだ1件のヒアリングが残っています。 ですが来週火曜からトップヒアリングが始まるとのことで、週末までに提出することになってます。 よって、ぼちぼち原稿づくりに着手する必要があります。 土日あるから大丈夫かなって油断してると結局慌てることになるのは目に見えてるから、今から頑張ろうと思います(笑)

明日は議運等がありますから一日役所。 明日は議運以外にも色々と会議があって、頭の切り替えが大変です。 ただ議運があるということは、そう、12月1日からいよいよ12月定例会が始まります。 今回は建設公営企業常任委員会に割り当てられる議案数が多い感じなので しっかり頑張っていきたいと思います。

土曜日に行事に参加しましたが、帰宅後に寝込んでしまいました。 日曜日も引き続き寝込む。今年初めての風邪です。 寒くなってきていますので、皆様は体調にはお気を付けください。

今日は日常生活に支障ない程度に回復していますが、議会も近いです。 議会に穴を開けてはいけませんので、屋外での活動はしばらく自粛しようと思います。 また、しばらくはマスク姿で仕事します。申し訳ありません。

さて、今日は地元町内会の役員会に参加した後、一般質問の通告のために市役所に登庁しました。 明日以降、所管課の担当者さんとのヒアリングを実施します。 基本的には一度通告したものが変わることは無いと思うのですが、時々ヒアリングの結果 通告内容が変わることもあるので、現時点では通告内容については伏せておきます。

ざっくり言うと、IT関係の話題です。事業として取り組むのは先の話なので もしかしたら「なんもやってません」的な回答があるかもしれません。 でも、問題提起と言う意味では大事だと思うので取り上げています。 ヒアリングでどんなリアクションがあるのか、今から楽しみです。

また、今日は別件で議会報告会の報告書を作成しました。 議会報告会後の宿題です。反省会は30日に実施します。 色々と準備してきたはずですが、結局反省が残りました。 今期取り組む議会報告会はあと1回。しっかり反省して、最後に納得いく形で実施したいところです。

今日は午前中に議案説明会や議会運営委員会があった後、 午後からは芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会がありました。 僕は所属委員ではありませんので、傍聴。

今日の報告内容は、「高浜町1番社会福祉施設建設用地における社会福祉複合施設の整備について」。 進捗報告と工事中に発生した問題についての報告でした。

どういった施設か

同委員会の前回開催日は5/12で、同施設の話が話題に挙がったのは久しぶり。 なので簡単に振り返っておきます。

  • 高浜町に集約される市営住宅の一角につくられる施設。
  • 場所でいうと、赤マルをつけてる辺り。
    高浜町社会福祉施設
  • PFI事業でつくられる施設
  • 運営担当事業者は、茶屋之町などで保育所をやっている社会福祉法人山の子会

これまでの経過

7月25日施工業者入札・決定
9月30日工事に関する住民説明会
10月1日工事着工

建設用地の状況

土壌について

高浜町1番住宅等大規模集約事業において実施した土壌調査の結果、 社会福祉複合施設用の土地の一部でふっ素及びその化合物が基準値を超過していることが判明。

元々同じグラウンドとして利用していた土地なので、基準値超過があるのは想定範囲内。 また、以下の理由につき兵庫県からは「人への健康影響の恐れはない」との見解が出ています。

  • 地下水を飲んでいる地域ではない
  • 当該地は建物建設現場であり、一般の者が立ち入ることはない

とはいえ見つかった以上、放置もできないので粛々と対応するという感じです。

地中障害物について

建設工事を開始した際、コンクリートの塊が地中(地下1m)に埋まっていたため、 一時的に工事をストップ。

埋立地である芦屋浜に何でコンクリートの塊が埋まっているのか詳しい原因は不明。 当該地を埋め立てたのは兵庫県ですが、以下の理由から兵庫県に負担を求めるのは難しいだろうとの答弁がありました。

  • 元々、グラウンドとしての用途を目的とした土地だった
  • ⇒芦屋市が用途変更を行っている
  • 相当年数が経過している

このコンクリート塊が何なのか、質疑の中では防潮堤や砂留だったりするんじゃないか?という やりとりもありました。ですが当該地が埋め立てられたのは昭和40年代の話。 今となっては真実は誰にも分かりません。

ただ、用地全体を調査した訳ではないようなので、他にも埋まっている可能性があります。 基礎工事とかをしようにも、地下1mのところに埋まっていると工事が進まない。 なので他の場所でも埋まっていないか確認し、埋まっているようであれば撤去するしかありませんよね。

今後のスケジュール

~平成30年3月事業者と費用負担の協議及び協定書の締結
平成30年10月1日建物完成
平成30年11月1日運営開始

所感

事業者の瑕疵責任がある訳でもありません。また、県の責任を問うのも難しい。土壌汚染対策および、地中障害物撤去費用については、市が持つしかありません。

ただ、気になるのはスケジュールへの影響。遅れが出ないように注意しながら進めていただきたいと思います。

↑このページのトップヘ