芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は本会議と総務常任委員会がありました。なお今日の予定は当初予定にはなく、急遽組まれた予定となっています。なぜ急遽招集されたかというと、9月28日に衆議院が解散したためです。衆議院議員選挙に係る費用を補正予算として計上するための招集となりました。

今日は以下の通り、議案提出~委員会審査~議決までの工程を1日で実施しています。

  • 10:00~ 本会議(議案提出)
  • 10:15~ 総務常任委員会(委員会審査)
  • 13:15~ 本会議(議決)

今回は会期中に解散が決まったので、議決した上で予算を執行するという運びになります。これは結構レアケースだそうです。これまでは、閉会中に解散されることが多かったらしく、その場合は専決処分として議会に諮られずに粛々と進められていたとのことです。

本会議については、瞬殺です。朝一番の本会議は市長からの提案理由説明だけでした。提案理由説明も何も、理由は明白ですから、速攻で終了。

議決に関する本会議も、総務常任委員長からの報告を受け直ちに議決。無論、全会一致で可決です。まあ、こればかりは賛成以外の答えは無いですね。

ぶっちゃけた話、今日の内容はこれだけなんですが、補正の内容を含めた総務常任委員会の内容を簡単に書いておきたいと思います。解散総選挙はイレギュラーに入ってくる選挙なので、色々と調整が大変だそうです。大変な準備のもと行われる選挙ですから、候補予定者の皆さんには建設的な政策論をぶつけ合っていただきたいところ。

補正額について

歳出歳入ともに2752万8000円を計上。財源としては県からの支出金で、市の持ち出しはゼロです。 市としては負担ゼロですが、県全体としては24億超の支出らしいです…。

選挙と聞いても「ふーん」って人も多いと思いますが、実はドエライ額の税金がかかってるんですよね。だからできたら投票に行ってほしいなって思います。

総務委員会のやりとりから

  • ポスターの公営掲示板の数は152箇所。
  • 芦屋は少ない方なんですよー。1日かければ1人でも全部貼れちゃうぐらい(笑) なお、掲示板は選挙のたびに新規作成だとのこと。業者としては特需ですね。 ポスター掲示は大変すぎてアホみたいなので、掲示板は是非ともデジタルサイネージにしてほしいんですが、そうすると印刷屋さんとか掲示版作成業者が困るんでしょうか。
  • 投票に必要なマンパワーは200人。開票に必要なマンパワーは120人。
  • ボランティアも含め、芦屋市だけでも結構な人が動いています。選挙執行はやはり大変です。
  • 解散総選挙で一番大変なのは会場の確保。
  • 実際、投票所となる集会所は既に予約が埋まっていたとのこと。選挙管理委員会の方で予約をした方に個別にお願いし、場所を譲ってもらったそうです。予定外選挙だとこれがあるんですよ。今回は皆さま快くお譲りいただいたとのこと。ありがとうございます。

昨日で決算審議は終了しましたが、以下のとおり、宿題が残っています。

  • 決算特別委員長報告掲載希望事項の提出
  • 市議会だより決算特集の[会派から一言]の原稿提出

どちらも近日中に提出する必要があるため、今日はそれを作成。

決算特別委員長報告とは、来週行われる本会議の冒頭で委員長から報告する内容に関するもの。通常の委員長報告の場合、委員会のやりとりからピックアップして事務局と委員長で作成します。しかし、決算審議は範囲も多く、会議時間も長く、濃いものになっています。なので委員側が「これを報告してほしい」という要点を提出するという方式を採っています。

市議会だよりの原稿については、9月定例会の特集号に掲載するものです。例年、9月定例会の報告事項については会派からの一言を掲載しています。紙面の配分的には小さいので、細かいことをつらつらと書き連ねることはできません。ですが会派としての立ち位置を明確にできるのでこちらとしても、市民としても有益な情報だと認識しています。

ところで、衆院選挙をめぐる政局が刻々と変化していますね。議会中、他の議員と選挙絡みの話をする機会も少なくありませんが、正直、今の政局の流れは誰にも読めてません。政治の最前線に身を置いている僕らも混乱してるのに、市民の方々が混乱しない訳がないですよね。

個人的には、今の流れは本当に国民にとってプラスになる流れなのかな?と疑問に思うところ。僕は国政政党の特別党員である以前に芦屋市の市議会議員なので、芦屋市のことを最優先にしたいところです。と言いながらもいざ選挙が始まってしまうと、そうも言ってられないのかもしれませんが…。

今日は決算特別委員会。決算審議の最終日です。今日、審査した費目は以下の通り。

会計区分費目所管
一般会計08 土木費都市建設部
特別会計下水道事業上下水道部
特別会計都市再開発事業都市建設部
特別会計駐車場事業都市建設部
一般会計11 災害復旧費都市建設部
教育委員会
一般会計10 教育費教育委員会

今日は以下のような質問を。職員さんを少し困らせることができました。別に困らせることが目的ではないですが、議会審査を行う以上、多少は痛いところを突かないとということで。今回個人的な課題としていたエッジの効いた質問。ちょっとはできたでしょうか。

  • JR芦屋駅前広場清掃・植栽等管理業務委託料について
  • 清掃・植栽等の「等」とは何を指しているのか?
  • [回答]トイレの清掃も含んでいる。
  • 対象の場所はそんなに広い場所ではないし、委託料1000万円は高い気がする。何人ぐらいで対応している事業なのか。
  • [回答]どれぐらいの体制で動いているかは不明。ただデッキ上なども含んでおり、範囲が広いためにこの額になっている。
  • 打出教育文化センターICT活用研修講座について
  • 打出教育文化センターICT活用研修講座として、情報セキュリティ研修が含まれている。校内ネットワークにアクセスする全ての職員が受けている研修なのか?
  • [回答]教員については、全員が毎年受講している。臨時職員などについては、採用の際に情報セキュリティ研修を受講している。
  • 学校園のネットワークについて
  • 打出教育文化センターにて学校園のネットワークについての費用が計上されている。同センターで管理しているサーバが38台とあるが、これらは全て物理サーバか?
  • [回答]31台は物理サーバで7台は仮想サーバ。
  • 実機の費用も然ることながら、メンテナンスの労力も考えると運用する物理サーバの台数は減らしていくべき。更新のタイミングで構わないが、仮想化していくことを検討することは可能か。
  • [回答]なるべく仮想化していく方向で検討している。
  • 小中学校の時間外勤務について
  • 小学校、中学校の労務職の稼働について学校ごとに大きなばらつきがある。時間外がゼロの学校もあれば、恒常的に30~40時間の時間外勤務がある学校がある。なにか理由があるのか?
  • [回答]オープンガーデンなどに力を入れている学校については水やりなどのために休日出勤しているケースがある。
  • 水やりだけならこんなに時間外は発生しないはずでは?土日は月に大体8回あるが、全部出たとしても30~40時間になるのはおかしい。同じ市内の学校なのに、こんなに業務量に差があるのか?
  • [回答]基本的には差はない。
  • じゃあこんなに差が出るのはおかしい。
  • [回答]少ない学校は努力工夫している。
  • じゃあ努力内容を共有するなりして、改善すべき。要員配置の問題なのか、事務効率の問題なのか。こんな数字を出されると客観的に見て、何らかの問題があるようにしか見えない。
  • 文化ゾーン間の連携について
  • 図書館は谷崎記念館とも美術館とも連携できる施設だと思うが、文化ゾーン内での行事の連携は行っているのか?
  • [回答]つくる場や音楽コンサートなどで連携している。
  • そういう連携も大いにやってもらえば良いが、谷崎記念館や美術館で実施する催しごとの関連書籍を図書館で目立つように陳列するなどの連携はできないのか?
  • [回答]検討する。
  • 潮見中学校の学校給食について
  • 業務委託しているので小学校給食とは系統が異なる。評判はどうか?
  • [回答]概ね好評。
  • 業務委託は数年間は継続するのか?
  • [回答]複数年契約だが、契約更新時には他の業者も含めて再検討する。
  • 他の自治体のことだが学校給食がおいしくないというような報道も出ていたため学校給食が注目されている。芦屋市の給食のPRとしてはチャンス。ただ、ハードルが上がった状態なので失敗すると逆効果になってしまうので気を付けてもらいたい。

なお、決算認定については賛成しています。結果としては賛成多数で認定すべきものと決しました。

賛成を表明するにあたり、討論も実施。ただ委員会でのものなので、ばくっとした表明に留まっています。一応、以下のような感じの討論を。

    難しい経営判断が問われる中、様々な行政サービスの充実に努めていただいたこと、高く評価する。

    財政指標に目を向けると、経常収支比率が上昇しているものの他は概ね改善されている。ただ、今後のことを考えると少子化や公共施設の更新等があり財政的に決して楽観視はできない。

    今後も慎重な財政運営を継続し、持続性のある行政運営を提供し続けてもらうことを要望する。

決算審議まで無事終了。肩の荷が降りました。2人会派なので、1期目ですが2回も決算審議に加わることができました。今回の出来は自分では分かりませんが、少なくとも1年目のときのリベンジはできたかなと。今後も、芦屋市民の皆さんのために勉強を続け、しっかりと議会で存在感を出していきたいと思います。

↑このページのトップヘ