芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は議員研修会。 芦屋市議会として、議会の閉会中に実施している取り組みです。 座学と現地視察を交互に実施していますが、今回は視察ということで人と防災未来センターに。

議員研修会では個人ではなかなか聞けない話などが聴けるので、 個人的には好きな取り組みです。座学の方が好きだったりしますけど。

ここは何回か来てますが、良い施設ですよね。 情報量がかなり豊富なので、防災や自然災害についての勉強になる施設だと思います。 プライベートで来て、じっくり見学しても良い施設です。

今日は現地視察の前に、関西大学の奥村助教授のお話を聞きました。

大阪北部地震が発生した際にブロック塀の下敷きになり、 女の子が犠牲になったことが記憶に新しいですが、ブロック塀についてのお話をうかがいました。

ブロック塀内部に埋める鉄筋やモルタルの注入については 建築基準法で定められているものの、施工不良が少なくない現状のようです。 法に基づいた施工が行われているかどうかがカギなので、ブロック塀の古い・新しいでは判断できないとのこと。

地中に埋まったものは、壊してみないとチェックできません。 全ての案件できっちり対応されない以上は、ブロック塀そのものが危険という考え方もできます。 ただ、施工不良とか言い出してしまうと、ブロック塀以外の構造物も危ないじゃないの…となってしまいます。 よく、「市内業者の育成」というフレーズを耳にします。ブロック塀とか、軽微な構造物は市内業者が使われることも 少なくないため、法順守をしっかりやってくれる業者の育成という観点も必要なのかもしれません。

ブロック塀に特化した場合、以前に芦屋の市民の方から古くなったブロック塀は景観を損ねているから無くすべき。 というご意見をいただいたことがあります。公共施設のものはともかくとして、私の施設についてはなかなか難しいところ。 ですが、景観を重んじる芦屋としては、ブロック塀の使用を禁止するような取り組みも必要なのかもしれません。 防災とは少し違うアプローチでの対応ですが、結果防災に繋がる…みたいな感じでしょうか。

また、ブロック塀の話だけでなく、芦屋市の浸水についての話もありました。 僕らとしては、「高潮」の被害だと思っていましたが、専門家の見解では「高波」だろうとのこと。 高潮被害だと、もっと絶え間なく水が押し寄せてきて、もっと甚大な被害が出ていただろうとのことです。 実際には、低気圧による潮位の上昇の影響で越波があったんではないか?ということでした。

なので、対策としては防潮堤の上に波を逃がす構造物を設置する形でも大丈夫かも?ということでした。 現在、国土交通省近畿地方整備局の方で大阪湾港湾等における高潮対策検討委員会(尼崎西宮芦屋港部会) を進めており、原因特定をされている段階です。最終的な分析結果がどうなるか分かりませんが、 素人考えでは見当違いの対応になるなぁと改めて気付かされました。 高潮対策については、専門家の先生方の見解を待つ方が得策ですね。

施設の見学では、津波避難体験コーナーで津波の実写・CG映像の中、歩行装置に乗り、水圧がかかる中での歩行を体験。 手すりなしでは前に進めませんでした。当然、実際には手すりがないので前に進めません。 数10センチの津波でも足を取られてしまうという話をテレビで見ました。 実際、低い津波でも飲まれてしまうと、前に進めなくなることが分かりました。 やはり、言われているように津波が来る前に逃げる!というのが必要です。

南海トラフ地震は近い将来に発生すると言われています。 災害に対する意識は常に研ぎ澄ましておく必要があると改めて感じました。

なお、当日の写真はありませんので議会事務局の方が撮ってくれた写真をシェアしておきます。 芦屋市議会議会事務局Facebookページへの「いいね!」もよろしくお願いいたします。

今日はルナホールで行われた第36回芦屋市立中学校総合文化祭に来賓出席。 市内3中学校の合同の文化祭という位置づけです。

DSC_0201 DSC_0203

総合文化祭では、以下の演奏が行われました。

  • 各中学校内の合唱コンクールで選ばれた代表クラスによる合唱
  • 精道中学校コーラス部による合唱
  • 各中学校の吹奏楽部による合奏

コーラス部と吹奏楽部の演奏レベルが高いのは当然だと思いますが、 クラス合唱もレベルが高くて驚きました。僕も合唱をやっていたので、 合唱については割と厳しい目で聴いてしまいますが、十分良かったと思います。

クラス合唱については専門にやってる子たちではありませんから、 当然、合唱連盟による合唱コンクールとかNHKコンクールとかの県大会や関西大会のレベルに比べたらまだまだです。 ですが、音楽の時間と自主練習のみでここまでに仕上げるのは素晴らしいと思います。 特に山手中学校は特筆すべき点があると感じました。

合唱部作れば良いのになぁと思います。特に、男声の方の声が良く出ていました。 せっかく校内で合唱コンクールやってるんだから、3中学校それぞれで合唱部つくれば良いのになぁ。 今は精道中学校だけなんですよ。女声合唱も良いですが、混声も良いですよ。 僕は男声合唱が他の追随を許さないレベルで好きですが。

そして、クラス合唱の方ではいずれの学校も合唱曲をセレクトしていました。 良いチョイスだなぁと思いました。先生の方々のこだわりがあるのかな。

  • 潮見中学校:Cantare~歌よ大地に響け~(作詞・作曲 高橋晴美)
  • 精道中学校:地球誕生(作詞 渡瀬昌治、作曲 太田桜子)
  • 山手中学校:ヒカリ(作詞 瀬戸沙織、作曲 松下耕)

地球誕生とヒカリは難しい曲だと思います。プログレになってましたし 歌詞も難しかった。学生が歌う曲は、ポップスのように解釈が簡単な曲では無くて 解釈が難しい曲を選ぶべきだと思います。それを考えるのも勉強だと思うからです。 歌詞を解釈した上で、それをどうやって感情表現するのか?と考えるのも勉強です。

テクニックの問題があり、全て表現できないこともあります。 ですが歌詞の意味を理解して、それを伝えようとする気持ちがあるだけで、聴く側には届きます。 学生合唱はそういうところを意識してほしいなぁというのが個人的な思いです。 ポップスのように聴いたことがある曲とか、分かりやすい曲に逃げないでほしいです。 歌詞を意識して、集中して歌うとたった5分でもへたり込むほど疲れます。 特にヒカリについては、そういう感覚に至る曲なんじゃないかなと。

合唱についての話が長くなってしまいました。 思い入れが強いので(笑)

この合同文化祭は、3年生のラストステージだと聞いています。 特に部活については引退ステージだから、涙ぐんでいる生徒もいました。 泣いたかどうかでは3年間の思いは図れません。 いずれにせよ、若い学生時代に真剣に打ち込めるものがあり、引退で感慨深くなることは良いことです。 高校に進学したあとも、泣けるほど真剣に打ち込めるものを探してもらいたいですね。

今日は事務作業。 先日視察した際の視察報告書を作成する必要があったためです。 芦屋市議会では、今年度より視察報告書をHPに掲載するようにしています

これまでも視察報告書を作成していましたが、クローズドな資料でした。 だからといって手を抜いていた訳ではありませんが、オープンな資料になるので しっかりと検証してつくらないといけないなと感じています。

他市で海外視察の是非が言われています。海外視察そのものがダメという訳ではないですが、 確固たる理由がなければ遊びと誤解されても仕方が無いと思っています。 芦屋では海外視察はしてませんが、国内視察だって同じです。 確固たる理由に基づいた視察でなければ、観光と指摘されても仕方ないと思います。

今回の総務常任委員会の視察は、行政改革にこだわって選定しました。 両自治体とも総務省から行革事例として紹介されている事業だけあり、興味深い内容でした。 東京の自治体なので、芦屋とは置かれている環境は異なりますが、行革を進めていかないといけないのは同じ。 何らかの取り組みに繋げていけるんではないかと思っています。 小さいことでも良いから、お土産をもらってこないことには視察の意味もありませんからね。

とりあえず、この週末中には視察報告書を完成させて週明けには提出します。 HPにアップされたら、また紹介するようにはしたいと思います。

↑このページのトップヘ