芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

久々の更新。 遊んでいた訳ではないんですけどね、毎日毎日地道な活動の繰り返しをしているせいで 特に書くことがなくて(笑)

さて、芦屋市議会では『市議会だより』という議会報を年4回発行しています。 要するに、各定例会の状況をお知らせしているということです。

先日行われていた12月定例会の状況をまとめた107号が完成し、現在各戸に配布をしている状況です。

市議会だより107号(芦屋市議会)

芦屋市議会の市議会だよりは、かつては新聞折り込みでお届けしていました。 かつては市内ほとんどの世帯が新聞購読していたので、折り込みで概ねフォローアップできていました。 ですが、昨今の電子版の普及等もあり、新聞を取っていない世帯も増えてきています。 なので確実に全戸にお届けできるポスティングにて、全戸配布しています。 シルバー人材センターさんに委託している…と思います。

市議会だよりは、徐々にバージョンアップしており、現時点ではかなり見やすい冊子になっています。 一般質問の細かいところまではカバーできていないものの、市政全般のところはかなり網羅されていると実感しています。 なので、こちらを読んでいただければ概要は十分理解できるかと思います。 時間があるときで良いので、ちょっと読んでみていただけるとありがたいです。

市議会だよりは巻末に「議会クイズ」なる企画があります。 議会報を読んだら分かるクイズで正解者の中から抽選で3名の方に500円分の図書カードが当たるというもの。 商品は気持ち程度のものですが、注目したいのはその当選率。

過去のクイズの応募状況をピックアップしてみました。 最近はちょっと応募数が増えてきていますが、平均だと概ね10%ほどの確率で当選しています。

0001

「議会クイズ」ではメールでの受付も行っていますので、無料で参加可能です。 ということを考えると…どうなんでしょうね。サクッと応募してしまうのもありなのでは?? と思ったりもします。クイズ目当てでも良いですから、読んでいただき感想を送っていただけるとありがたいです。

余談ですが、集合ポストを見ると議会だよりが捨てられている光景によく出くわします。 ぎゅうぎゅうのポストに強引に入れ込んでいるのも良くないんだと思いますが、 決していかがわしいものではないので、ご自宅まで持って帰っていただけるとありがたいです。 また、ポスティングを選択している理由も前述のとおり、全世帯にお届けするために 「敢えて」やっています。ご理解いただけると幸いです。

今日は政務活動費あり方検討会。今日で8回目です。

2月12日に行われる全体協議会の場において、 無所属の方を含む全議員に中間報告を行うため、開催頻度が多くなっています。

中間報告の後、各議員さんからのご意見を聴取し、 それを反映した後に議長に対して答申と言う格好になります。 初めは進捗がゆっくりだったため、どうなることかと思いましたが ここに来て、ある程度の形になりつつあることを感じます。

今回、マニュアルの改訂も行われます。 現在使用しているマニュアルはイマイチ分かりづらくて使いづらいため その辺の使用感も改められることになります。それだけでも、透明性が上がると思います。 新しいマニュアルが楽しみです。

政務活動費マニュアル(平成28年4月改正)

改訂マニュアルは、来年度の4月から適用となります。 任期は6月10日までなので、議員を続けるかどうかに関わらず 2ヶ月間は新しいマニュアルでの運用を行うということです。

色々ありましたが、現時点で合意できる範囲で変更を加えてきたと思います。 方針が固まったあと、一般にも公開されると思いますので、もし興味があれば また見てください。

しかし…この任期、色々な会議体に参加してきました。 仕事のやり方はどんどん効率的にやっていきたい人なので、現状維持は嫌いです。

実際には、時間は過ぎ去りますし社会情勢も刻々と変わっています。 なので、現状維持をしていたら世の中に取り残される。現状維持はゼロではなくマイナス。 この思いでやってきましたが、議会における変更は難しい。

客観的に考えても改善だと思うことでさえ、なかなかまとまりません。 議会を変えるのは根気のいることだと思います。 でも「変わらないと」と訴える人間がいないと組織の改善はありません。 そして、議会が変わらないで行政も変わりません。根気強く頑張って行きたいと思います。

今日は、以前に市長に要望していた 来年度(平成31年度)予算編成への要望事項について、ご回答をいただきました。

要望していた要望事項については以下のとおり。

平成31年度予算要望

来年度予算については、まだ公開されていない段階。 だから、今日話した具体の内容については公開できませんが、 概ね良い回答をいただけたのではないか?と思っています。

まあ、予算を使って○○してください!という趣旨の要望は少なかったので 当然っちゃあ当然かもしれませんが。。。しかし、概ね明るい回答が返ってくるのは嬉しいです。

市長に要望したときは、山中市長が続投されるものだと思っていました。 ですが、山中市長は今期で引退を表明されたため、6月からは市長が変わります。 2019年度については、現行の路線の流れで進むとは思います。 ですが、2020年度からはどうなるか分かりません。

と言いながらも、個人的なスタンスとしてはとにかく行政コストを引き下げていきたい。 そうしてつくったお金で以って、様々な事業を展開して行ってもらいたいと思います。 今は財政状況は悪くありませんが10年後、20年後はそうではありません。 人口縮減社会においても行政サービスの質を下げないためにも、しっかりと取り組んで行きたいと思います。

↑このページのトップヘ