芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日も昨日に引き続き、自治立志塾 in 豊中に参加するために豊中市に。 今日は以下のお三方による鼎談が行われました。

  • 岡崎昌之氏(法政大学名誉教授)
  • 中川幾郎氏(帝塚山大学名誉教授)
  • 馬袋真紀氏(朝来市総合政策課)

鼎談は、主に朝来市の取り組みに関連して行われました。 かなり濃密な鼎談だったように思います。どれぐらいかと言うと、 びっしり書かれたホワイトボードを見ていただいたら分かるかと。

DSC_0200

全般的に感じたのは朝来市にはエネルギーが溢れているということ。 職員さんのモチベーションが高い自治体は先進事例に対しても積極的に取り組みますし、色々と良い影響が出ますよね。 朝来市は住みたい田舎No.1とのことですが、それも頷けます。

朝来市では、それぞれの小学校区において「地域自治協議会」を設けているそうです。 これは、自治会のみならず、各種団体や個人、企業、行政が参画して様々な地域課題を解決していくという会議体。

以前、総務常任委員会で高知市を視察した際にも同様の取り組みを伺いました。 複数自治体でもやっている取り組みですから、一定の効果があるんでしょうね。

朝来市の場合、地域ごとの頑張りの濃淡はあるものの、 イベントや飲み会を開催することで顔が見える関係性の構築を進めているそうです。 ポイントは目的意識の明確化。イベントや飲み会も、ただ「楽しい」ではなく 「顔が見える関係性の構築」を目的とするのであれば意味が変わってきます。

そして、朝来市の生涯学習は単なる趣味などに留まらず、 生きる力に直結するようなことの学習に繋がっているそうです。 これは凄いことですね。公民館が遠いという弱点を逆手に取り、自主的な活動になっているのが 良いのかもしれません。

また、与布土という地域においては10代~40代という若い世代が集まって 地域づくりに加わっているそうです。10代というのも驚きですが、若い世代が 積極的に集まっているというのもすごいですね。

地元の町内会で言うと、こども会の役員さんは若い方ですが それ以外だと僕が一番若い感じです。でも、僕も議員やってなかったら 町内会役員会には関わっていないと思います。

だから、若い人が積極的に関わっている与布土は凄いと思います。 使命感や義務感で集まっているのではなく、ワクワク感で集まっているそうです。 一番高いモチベーションで仕事ができる形であり、結果的には地域課題の解決に繋がっているとのこと。

どうしてここまで差が出るのかな。 人数が少なく、自主的に移住してきている人が多いからなのかな。 分かりませんが、とりあえず、飲み会からでも参加しまへんか? ということで人を集めていくそうです。地元でそれをやるというのは、なかなか厳しいですかね? おもろいやん!やろうや!でやっていると、怒られそうだし…。

また、朝来市は郡部に位置するということもあり、 ここに住んでいる若い方は自ら率先して移住してきている人が多いという特徴があります。 だからこそ、主体性や多様性、自己肯定感やシビックプライドが醸成されやすいとのこと。 こういった「自分らしく、自分のやりたいことを実現しながら、その延長にまちと関わっている人」を 「ASAGOiNGな人」と呼んでいるそうです。

朝来市の固定観念に囚われないまちづくりは素晴らしいと思います。 今日の話を聞いて、朝来市に興味が湧いてきました。 また機会があれば、視察をさせていただきたいと思います。

今日は豊中市で開催された「自治立志塾 in 豊中」に参加するため、豊中市に。 法政大学名誉教授の岡﨑昌之先生を講師として行われたまちづくりに関する研修です。 同研修は明日も行われるため、明日も豊中市に行く予定です。

DSC_0197 DSC_0195

近年、人の居住が都市の中心から郊外に移る傾向があるとのこと。 大型スーパー等を中心とした郊外型のニュータウンとかのことを指しているんだと思います。 一方で中心市街地は、その街のシンボルとして存在しているべき。

芦屋に目を向けるとどうでしょうか。阪急芦屋川と阪神芦屋、JR芦屋を線で結んだ範囲が中心部と言えると思います。 芦屋のシンボリックな建物と言えば、市役所かなと思います。市役所前には少しばかりの広場があります。 ですが、時々ベンチには座っている人がいるものの、人であふれているということはありません。 また、JR芦屋駅北にあるペデストリアンデッキも同様です。時々ベンチに座っている人はいるものの、 人の集まる広場にはなっていません。いずれも、一番使っているのはタバコを吸う人のような気もします。

日本の駅前には広場のイメージがないので、のんびりするイメージがありません。 よく、ヨーロッパには広場が~という声を聞くんですが、それは広いから良いんじゃ…って思います。 人でごった返している駅前広場でのんびり…というのはちょっとしんどい。 少なくとも、芦屋の駅前広場ではのんびりくつろげません。というのが実態として表れている気がします。 狭い市内だから顔差しちゃうというのもあります(笑)

JR芦屋駅南の再開発ビルが新たなシンボルとして期待されていると思います。 人が集う空間を創りだすことができれば、正に新たなシンボルになれると思います。 そのためにも、コンテンツ。ビル内に何が入るか。 芦屋の人が魅力に感じるコンテンツの設置を第一に考えたいと思います。

その他、まちづくり事例として、福井県大野市が紹介されていました。 その中で気になったのは、小コレクター運動というもの。

芸術に対する意識を向上させる一方で、若手芸術家を育てるという効果もある取り組みのようです。 芦屋市は芸術に対する意識が高い人も多く、受け入れられる運動のような気がします。少し研究したいと思います。

小コレクター運動は、1950年代、美術評論家である久保貞次郎が提唱した美術教育の運動「創造美育運動」から起こった。
この運動は、作品を3点以上所有する人を、「小コレクター」と呼び、本物の美術品を持つことでアートに対する理解・愛着が増すともに、 美術品を買うことが無名のアーティストの不遇な時代を支援・応援することにつながる、という考えから成る。
Wikipedia(小コレクター運動)より

ちなみに余談ですが、会場となった豊中市立文化芸術センター。 携帯の電波が入らなかったんですよね。おかげで電池が急速に無くなり、7割ぐらいあった電池が帰る頃にはゼロに…。 芸術関係のホールなので、わざと電波が入らないようにしてるのかもしれないんですが、 依存症の僕としては困りました…。明日は機内モードにしておきます(笑)

今日は本会議。6月定例会の最終日です。 以下の議事を執り行いました。

  • 市長提出議案、議員提出議案、請願の討論と採決
  • 議員提出議案第26号、第27号の提出、討論と採決

市長提出議案、議員提出議案、請願の討論と採決

各種議案等の採決結果は以下のように決しました。

番号件名結果
報告
第1号芦屋市市税条例の一部を改正する条例の制定について
第2号芦屋市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
市長提出議案
第46号芦屋市市税条例等の一部を改正する条例の制定について
第47号芦屋市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第48号芦屋市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について
第49号芦屋市留守家庭児童会条例の一部を改正する条例の制定について
第50号芦屋市中小企業・小規模企業振興基本条例の制定について
第51号阪神間都市計画事業(芦屋国際文化住宅都市建設事業)第二種市街地再開発事業の施行に関する条例の制定について
第52号平成30年度芦屋市一般会計補正予算(第1号)
第53号JR芦屋駅改良工事等の施行に関する協定の締結について
議員提出議案
第25号台湾の環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定参加に関する決議
請願
第15号国に「核兵器禁止条約」への署名・批准を求める意見書採択についての請願書×
第16号教職員定数改善と少人数学級の着実な推進をはかるための、2019 年度政府予算に係る請願書

上記表中で使っている記号の凡例は以下のとおり。

  • ◎(濃い青):全会一致で可決
  • ○(薄い青):賛成多数で可決
  • ×(ピンク):否決

議員ごとの態度については、市議会HPにアップされているPDFをご覧ください。 また各議案の内容については、以下のリンク先をご覧ください。

賛否が分かれている議案の中でも、 討論に立とうとしていた(実際には立たなかった)件について簡単に触れておきます。

議員提出議案第25号

台湾はCPTPPに参加すべきという決議案です。

本件、日本の利益だけを考えた日本ファーストだと違う判断になると思います。 個人的には、日本だけを見て云々というよりも、世界経済の約13%を占めるGDPを有する巨大な貿易圏をつくること。 日本がリーダーシップを取って、アジア圏の発展に寄与していくことが重要であると思います。 そしてCPTPPの拡大発展が続けば、アメリカの加盟に繋がっていく可能性も出てきます。

台湾が貿易圏に加入し、自由貿易を進めることで台湾の発展に繋がります。 一方で、貿易圏を更に拡大していくことにも繋がるため、台湾の加入を認めることに意義があると感じており 本議案には賛成をしています。

請願第15号

核兵器禁止条約にまつわる政治的駆け引きがあるのは理解します。 日本が核の傘に守られてきたという事実も否定できません。

しかし、芦屋市議会は昭和60年10月15日に「非核平和都市宣言」を決議しています

その中では、以下の文章を謳っています。

  • 核兵器の廃絶は、今や全人類の死活にかかわる最も緊急の課題であり、最大の願いにほかなりません。
  • わたしたちは、この理性と決意を信頼し、かけがえのない生命の星、青く輝く地球を笑顔にあふれる子供たちに残すため、いまふたたび、心をひとつにして核兵器を廃絶するよう、全世界によびかけます。

決議した当時は今とは全く違うメンバーです。 ですが、市議会としては、かつて決議した内容は重く受け止めるべきものです。 ないがしろにするんであれば、別途決議が必要になると思います。

ただ、芦屋市役所の正面玄関の一番よく見えるところに 「戦後70年及び非核平和都市宣言30周年記念銘板」を設置しており、 芦屋市としてのスタンスを示しています。

国には国の考えがありますが、地方には地方の考えがあって然るべきだと思います。 今までのスタンスを覆す態度は取れないということで、会派としては賛成に回りました。

議員提出議案第26号、第27号の提出、討論と採決

議員提出議案第26号について

全会一致で可決となった請願第16号の要望趣旨を国に提出する意見書として作成したもの。 所管委員会である民生文教常任委員会で全会一致となったため、同委員会として提出されたものです。

議員提出議案第27号について

同27号については、中島かおり議員に対する問責決議。 個人的には、問責決議を出さなければならない事態に陥ったこと自体、とても残念に思っています。問責決議の提出は避けられないか?と最後まで諦めずにいましたが、 問責提出も最終的には止むなしという形に。

多分、文面だけを見ても何が起こったのか、よく分からないと思います。 なので、何が起こっていたのか?ということだけ、時系列に記しておきたいと思います。 代表者会議は秘密会なので、詳細については触れずに概要だけ。

6月15日(金):議長宛に匿名の市民から投書

投書内容は、要約すると以下のような内容でした。

  • 中島かおり議員から議会報告ビラとともに、ポスター掲示の依頼文を含む封書が届いた。
  • 国会議員や県議会議員はともかく、市議会議員は人数が多い。
  • 21人全員がポスターを掲示するとなると、市内の景観が乱されるため、看過できない。
  • 市議会議員のポスターについて、議会として検討してほしい。

6月18日(月):代表者会議

議長より、市民から投書があった件が報告される。 市民あての封書の中の文面にある「中島かおりの名前を広めることにご協力頂ける方はご連絡頂けましたらとても嬉しいです。」 という文言が、公職選挙法違反にならないかという疑義が生じる。

選挙管理委員会の見解としても、ポスター単独であれば問題ないが この文章とセットとなる公職選挙法に抵触する可能性があると指摘。

とは言え状況が全く分からない状況なので、議長から本人にヒアリングし 代表者会議で再度報告を受けるということに。

6月19日(火):代表者会議

議長から、ヒアリング結果について報告。 結局、よく分からないので代表者会議に中島かおり議員を呼び、状況を聞くことに。

6月21日(木):代表者会議

中島かおり議員からは、議員のポスターを掲示しないような 申し合わせや決議を進めてほしいという提案があった。

ただ、そのタイミングで議会として問題にしていたのは政治活動のポスター掲示の是非ではなく 公選法に抵触している可能性があるというところだった。

なので、各会派代表者からの質問が行われた。

  • 当該ポスターは何枚印刷したのか?
  • 当該ポスターは何枚掲示したのか?
  • 当該文書を何人に送付したのか?

という数字の部分が話題にあがる。 本人は、資料を持ち合せていないので回答できないと回答。

議長より、資料を確認の上、再度回答するよう要請。 本人より、文書で提出してほしいとの要望があったため、議長より質問書を出すことに。

6月22日(金):議長からの質問書送付

中島かおり議員に対し、以下の点を問い質す質問書を送付。 6月27日(水)までに回答を求めた。

  • 代表者会議で問題となっていた以下の点について、議員本人の見解を求める
    • 市議会議員全員がポスターを掲示することになった場合、市内景観に与える影響について
    • 公選法に抵触している恐れがある部分について
  • 資料が手元にないので回答できないという上述の問いについての回答を求める

6月27日(水):中島かおり議員からの回答文書が議長に提出

6月28日(木):代表者会議

中島かおり議員からの回答を見ると、景観に対する見解についての回答はあるものの、 それ以外の質問に対する回答については触れられていなかった。

回答が不足しており、本人に直接聞く必要があると決定。 中島かおり議員に登庁可能かどうかを確認するが、連絡がつかなかったため 代表者会議は後日開催することに。

6月29日(金):代表者会議

本会議開催前に急きょ開催することに。 中島かおり議員も登庁していたので、同席してもらい、本人から事情を確認。

本人からの反省の弁はなく、会派代表者との質疑は平行線。 あしや真政会から、問責決議を出したい旨が報告され、代表者会議で認められた。

所感

僕も代表者会議に出席していました。 正直なところ、今日の代表者会議がラストチャンスだと感じていました。

議長の質問書に対してきちんと回答しない、事務局からの連絡に応じないなど、 一連の流れの中で、不誠実な対応が目立っていました。

公選法に抵触してしまう恐れの部分は、非常にファジーな要素が強い部分で 自分では大丈夫と思っていても、他者から見ると抵触していると取られる可能性がある部分だったりします。 だから、他者からの指摘については真摯な対応が必要だと思います。 それが議員の倫理観であり、議会の自浄作用だと思います。

だからこそ、中島かおり議員には不誠実な部分については謝罪をしていただきたかった。 その上で、真摯な対応をしていただければ、こういう形にはならなかったと思います。 そういう意味では本当に残念です。

僕としては、助け船を出そうと質疑を繰り返していたんですが、その思いが伝わりませんでした。 真政会の提案に対し、苦渋の選択として、提出も止むなしという態度を取らざるを得ませんでした。 問責決議という形は回避できたと思います。だからこそ、本当に無念でした。 本会議での採決のときは、ずっと悔しい思いでいっぱいでした。

12月定例会、3月定例会、本定例会と、こういう形が続いています。 他議員の落選行動に繋がる行動をしてしまった議員に対する対応はともかく、 後はコミュニケーションも含めた応対が問題になったために大きな話になってしまったこと。

信念を曲げないのは素晴らしいと思います。 ですが完璧な人間はいません。おかしいんじゃないか?と指摘を受けた際には 真摯な対応をすることで、お互いに高い倫理観が保持できる、自浄作用がある議会を目指したいと思います。

↑このページのトップヘ