芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

本日は、本会議にて一般質問を行いました。僕が質問した内容は以下のとおり。

  • ICT部門の事業継続計画(BCP)の策定について
  • 自治体クラウドの利用について
  • 芦屋市における情報セキュリティについての取り組みについて

見事にIT関連ずくしとなりました。6/11に議員としての任期が始まり、6/12には質問の通告をしないといけないという超タイトスケジュール。なので自身の専門分野から、市政における優先度が高かろうという内容を質問しました。

今回の質問内容は、どんどん踏み込んでいくという内容と言うよりは「確認」の意味合いが強い内容だったので、一括質問方式で質問しました。

    ※芦屋市議会での一般質問は、一括質問方式と一問一答方式の2種類から選びます。要はまとめて聞くか一個ずつ聞くかです。ただし一括質問方式だと議員の発言は3回まで。一問一答方式だと回数制限はありません。

一括質問方式の場合、以下の流れで進みます。ただ、当局側の答弁を受けてから行う追加質問を原稿頼みで質問すると聞く側が面白くないということは事前の傍聴でリサーチ済み。なので、2回目以降の質問はアドリブで頑張ってみました。が、文章がおかしいような部分があり、ちょっと微妙でした。

  • 議員が質問
  • (質問を受けて)当局側が答弁
  • (答弁を受けて)議員が質問
  • (質問を受けて)当局側が答弁
  • (答弁を受けて)議員が質問

とはいえ、自分的に聞きたい(エビデンスとして残したい)内容は聞き出せました。なのでパフォーマンスとしての出来不出来はともかく、質問としては及第点ということにしておきたいと思います。

一般質問は、あくまで自治体に改善してもらう為の発言機会だと思っています。なので少しでも芦屋市政が改善されるように積極的に発言していきたいと思います。

また、同じ内容でも聞き方やアプローチの仕方によって結果も変わってくると思います。先輩方の一般質問を聞いて自分のスタイルを作って、行政を動かしていきたいと思います!

6/22~6/24の間、常任委員会が行われました。詳しい日程は以下のとおり。

  • 6/22:建設公営企業常任委員会
  • 6/23:民生文教常任委員会
  • 6/24:総務常任委員会

僕は総務常任委員会に所属。なので22日と23日は傍聴という格好で参加しました。 ちなみに、一般の方でも傍聴は可能です! 平日の昼なので、お勤めの方の傍聴は難しいと思いますが…。

常任委員会では何をやっているのかと言うと、議会で提案されている議案の審議を行っています。 議会での議案は、簡単に言うと以下の流れで取り扱われます。

  • 議会で議案が提案される
  • 議案の内容に応じ、3つの常任委員会に審議を付託
  • 委員会にて、承認すべきか否かを審議
  • 委員会での結果を受けて、本会議にて採決

委員会においては、それぞれの委員と所管部門の部課長の方々が参加して熱い議論が交わされます。僕も所属委員会において、当局からの説明では明らかにならなかった部分を確認する意味で質問しました。しかし、先輩方はもっと踏み込んだ質問をされていました。経験の差なのか、凄いなぁと思う反面、もっと頑張らないといけないと思いました。

次回の定例会時には、もっと踏み込んだ質問で議論を深めていけるよう、勉強していきます!

昨日は議員になってから初めての本会議がありました。議長、副議長などの役員に加え、常任委員会の決定が行われました。

議長、副議長は議員間の選挙で決定。常任委員会は、各議員の希望を元に決定しました。常任委員会は、必ずどれか一つに所属する必要があるため、僕も所属をしています。

議長には畑中俊彦議員が、そして副議長には維新の党の同僚の寺前尊文議員が就任。 議長、副議長は会派代表の兼任ができません。なので、寺前議員の副議長就任に伴って僕が維新の党議員団の幹事長を務めることに…。

芦屋市議会における維新の党は2人という少数会派。なので新人とは言え色々な役割が回ってきます。実は、僕はいきなり以下の役割を担当することになってます。

  • 維新の党芦屋市議団 幹事長
  • 議会運営委員会 オブザーバー
  • 議会報編集委員
  • 総務常任委員

慣れない1年目は、大変な日々が続くと思います。ですが若さを生かして頑張っていきたいと思います!

↑このページのトップヘ