芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は議会運営委員会と代表者会議がありました。僕は新人ですが、諸般の事情で幹事長をやらせてもらっていますので、両方とも参加しました。

議会運営委員会ですが、市議会全体のあり方などを議論する委員会です。議員の中では、略して議運(ぎうん)と呼ばれてます。議運と言うと、ツウっぽくてかっこいいかもしれませんね(笑)

実は本会議の前日には、議運が都度開かれてます。メインテーマとしては、翌日の議会の進行についての決定になります。ですがたまに並行して他の事案を協議することも。今日は、議会報告会の開催についても議論しました。

議会報告会に関する本日の決定事項は以下のとおりです。

  • 開催時期について
  • 開催回数について

開催時期は10月末から11月頭の間の土日です。10/31と11/1を仮押さえしています。回数は土曜の昼と夜、日曜の昼の計3回。テーマ、場所については現在調整中です。正式決定し次第、また発表したいと思います。

代表者会議は不定期開催ですが、他の予定で議員が集まる日に開催することが多いです。参加者も議運とほとんど似通ってますし、特に議運からの代表者会議という流れが多いです。

今日の議題で特筆すべきは特別委員会の設置に関する話でしょうか。特別委員会は、複数所管にまたがる案件を審議・調査可能といったメリットがあります。しかし、一方で当局側の職員さんも巻き込むというデメリットもあるので、乱発は控えています。職員さんは通常業務を抱えた上での委員会参加になり、その分の費用が発生してしまいますので。

結局、今日のところは会派持ち帰りということに。とはいえ6月定例会のころから話し合い、大枠のテーマは出てきている状況です。次ぐらいには正式決定するかもしれませんね。

本日、一般質問の通告書を提出しました。質問項目は以下のとおり。

  • 芦屋市の強み、弱みに関する分析について
  • 芦屋市の広報活動の改善に関する取り組みについて

一般質問を行う際には事前に内容を通告し、当局の担当者の方から通告内容を元にしたヒアリングを受けます。

なので、議会に臨む際には、質問者も回答者もどんな内容のやり取りになるかはある程度分かっています。この辺が「議会は学芸会のようだ」と揶揄される要因なのかと。

とは言うものの、予め調べておかないとデータに基づいた回答はできません。当局側の発言は市としての公式見解として記録が残されますから、間違った答弁や迂闊な答弁はご法度です。なので、学芸会のようだと揶揄されながらも、ある程度の事前すり合わせは必要だと思います。

でも勘違いしてほしくないのが、一般質問は複数回のやり取りで構成されているということ。1回目の質問は、通告に基づく原稿ありきの質問をします。ですが2回目以降は当局側の答弁を聞いた上で進めていきます。なので必然的に、ある程度はフリーハンドになります。

議会によっては以下のようなやり取りの上で、予め台本をつくってしまうような議会もあるそうです。

  • 当局「こちらは○○と答弁します」
  • 議員「じゃあ××と質問します」

一般質問はあくまで「公式見解の発表の場」だと思うので、別に悪くはないと思います。ですが原稿を読み上げるだけだと、傍聴者的には全然面白くないですよね。ねむくなる…。個人的には、ある程度のライブ感があった方が良いとは思います。

さて、芦屋市議会では質問の順番は通告の早い者順になります。僕の順番はというと…7番目!よって、登壇予定は初日の最後 or 二日目の最初のいずれかになります。日付で言うと、9/9(水) or 9/10(木)となります。

傍聴の方々をエキサイトさせる劇場のような質問はまだまだできません。ですが興味のある方は傍聴にお越しいただければと思います。

昨日のうちに書ければ良かったのですが、昨日は議案説明会でした。ついこのあいだ議会が終わったような気がしていますが、8月31日から9月定例会スタートです。ちなみに、9月定例会は決算特別委員会があるのでいつもの定例会よりも会期が長いです…。

議案説明会についてですが、市長提案の議案について、定例会に入る前に当局担当の方から説明を受けます。説明と言っても、すごいスピードで進みます。流れるようなスピードで読み上げられます。

他の議員さんは分かりませんが、僕はこの説明会で説明を聞いても正直なところ、よく分かりません。初めて聞く内容ですし…。結局、自分で議案書を読み込まないと内容が頭に入りません。

慣習的な取り組みっぽさが消えないので、もう少し効果的な取り組みにしていければ良いのになぁと思います。ただ今のところ、対案は無いので批判はしません。

議案説明会が開催されるということは、一般質問の通告開始を意味します。直前までどうしようかなぁと迷っていましたが、今回は事業とかに関する「分析」にテーマを絞って質問しようと思います。

ちょっと意識高い系みたいな感じがしますが、「如何に業務効率を上げるか」的なお仕事をしていたので業務の効率や改善などが気になります。

市役所業務の効率アップは絶対に必要です。しかし、こういう部分の専門は僕だけだと思いますので、今後も積極的に取り上げていきたいと思います。

↑このページのトップヘ