芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は衆院選の公示日ですね。でも芦屋市議会では、関係なく会議。 選挙が後から割り込んできたわけだし、僕は芦屋市の議員だし 芦屋市の公務を優先するのは当然。国政の話がたくさん出てくる中、芦屋市の話ができるとホッとします。

今日行われた会議は以下の2種類。

  • 議会報告会準備会
  • 議会基本条例検証会議

議会報告会準備会については、当日行う発表内容(パワポ)についての協議。 次回の会議時には概ねフィックスできそうな雰囲気。 例年は直前になってバタバタしていましたが、今年はかなり前倒しで進んでいます。 今年の方が昨年よりも精度が高い報告ができそうで今から楽しみです。

議会基本条例検証会議については、議会基本条例の見直しを行う諮問機関です。 こちらについては議会基本条例の評価や課題の洗い出しを粛々と進めている状況です。

どちらの会議も非公開なので詳細に記すことはできません。 ですが、非公開であるが故にフラットに話せるので、自由闊達な意見が飛び交います。 非公開ではありますが、最近よく聞くブラックボックスに包まれている訳ではなく、 結論が出るまでは…ってことなので。

議会基本条例については制定当時の状況を知らないために難しい部分が多いです。 ですが新人だからこそ気づけるところで発言していきたいと思っています。

今日は西宮でポスティング。 兵庫7区(芦屋・西宮)の支部長をしている三木けえさんのビラを配りました。

これまでは議会で全然応援に行けなかったので、これからは頑張りたいと思います。 と言いながら、明日いきなりガッツリ公務が入っていてロクに動けませんが(汗)

今日は4人で4,000枚ぐらい配りました。こういう風に書くと、すごい頑張った風ですが 実際には集合住宅なので、時間的にはそれほどではなかったりします。

ポスティング先は武庫川団地だったんですが、ここでのポスティングは初めて。 めちゃくちゃ戸数の多いエリアで驚きました。芦屋も高浜町若葉町はかなり多いですが、 それに輪をかけて多かったです。やはり中核市は規模が大きいです。

それはそうと、いよいよ明日から衆院選ですね。 僕が選挙に初めて関わったのは前回の衆院選でした。 そのときは何が何だか分からないままに終わりましたが、今回は議員として関わります。 スタンス的に前回と一番違うのは「投票率が伸びてほしい」と心の底から思っていること。

選挙戦を盛り上げることで、投票率アップにも貢献できるかな。 頑張っていきたいと思います。

なお、今日の活動は一生懸命がんばってたら写真を撮り忘れました(笑)

今日は芦屋市立美術博物館にて行われた『生誕220年 広重展-雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく-』の開会セレモニーに出席。また、今日から展示が開始なのでセレモニー終了後に展示を見せていただきました。
22228390_1434914166629437_8518085051441129389_n

今回の展示は浮世絵。その中でも歌川広重にフィーチャーした展示です。 また歌川広重の作品の中でも、彼が得意な風景画の特集。個人的には好みのやつです。
22196338_1434914256629428_6392593717161054302_n 22279894_1434914216629432_4699648136826750670_n

開会セレモニーは朝だったため、天気は雨。普通であれば、初日から雨っていうのは嫌な感じがします。ですが、開会セレモニーでの副館長の挨拶の中で「広重の作品の中には雨を表現した名作も多数存在しているので、縁起の良い雨」というような話がありました。

物は言い様って気もしますが、確かに芸術の世界においては雨の日には雨の日の風情があると解釈されると思います。音楽でも雨をモチーフにした名曲がありますし、美術でも雨をモチーフにした名作があります。

芦屋市立美術博物館の展示には何度か足を運んでいますが、その時にいつも感じていたのは「物足りなさ」。僕は別に美術に詳しい人ではないので、作品数が少ないとすぐに見終わっちゃいます。いつもの展示だと、作品数があまり多くないので物足りない感が残りました。

ですが今回の展示は、なんと合計148点もの作品が展示されています。 これはかなり見応えがありました。美術博物館、こんな風に使えるんだ!とプチ感動。 作品集めが大変だと思いますが、いつもこれぐらいのボリュームでの展示を要望したいです。

展示されていた作品は、ほぼ東海道五拾三次の作品。 僕は保永堂版しか知らなかったんですが、行書版や有田版など色々なバージョンもあるらしく それらも展示されていました。初めて見る作品も多かったんですが どれも色使いがきれいで、とても楽しく鑑賞できました。

同展は10月7日~11月26日の間で開催されます。 芦屋市立美術博物館へのアクセスはあまり良くないので山手の方からお越しになるのは大変だと思います。ですが僕みたいに美術的な知識がなくても楽しく見られますから、足を運ぶ価値はあると思います。

ちなみに、10月22日は津軽三味線と民謡によるホールコンサートもあるようです。 入館者であればコンサートは無料で観られるようなので、お得です。 あ、22日は衆院選の投票日ですね。22日は投票に行くついでに芦屋市立美術博物館に行ってみてはいかがでしょうか。

↑このページのトップヘ