芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は政務活動費あり方検討会。

今日で9回目。昨年10月に畑中前議長より諮問を受けて以来、 何度も会議を進めてきました。9回という回数がどうなのかは分かりませんが、 半年と言う期間以上に長い時間を要したように感じます。

本日が最終回で、最終答申案のまとめとマニュアルの改訂について協議しました。 最終答申と改訂マニュアルについては18日に行われる代表者会議において協議されます。 そこで承認を受ければ、晴れて任務完了です。どうなることかと思われましたが、 それなりの着地点を見出せて本当に良かったです。

議会として、正式にフィックスさせた後、ホームページ等で公開されます。 今までのマニュアルは少し分かりづらくて運用でカバーしていましたが、 明文化するところは明文化する等、分かりやすいつくりになっています。

新マニュアルの運用については来期から…ではなく、平成31年度からの運用という方向で進めています。 改選で任期終了と思われがちですが、芦屋市議会は4月に選挙が終わったあと任期は6月まであります。 (任期のずれについては、来期から解消されることになります) なので、4~6月までの四半期分の政務活動費が支払われることになります。

今任期中の大きな改訂は初めてです。面倒な作業ではありますが、社会情勢も刻々と変化しています。 社会情勢に適応した政務活動を的確に行っていくためにもマニュアルの見直しは必須だと思います。 結果として変更なしと言うことになるかもしれませんが、定期的な見直し作業をするという事実が大事です。

来期がどういう顔ぶれになるかは分かりませんが、任期中に少なくとも1度はマニュアルを見直す必要があると思っています。議会の動向をウォッチしながら、僕も見直しについては働きかけていきたいと思います。来期の席があるのであれば…ですが。

今日は議案説明会と全体協議会。 いよいよ今任期最後の定例会が近づいてきました。

議案説明会

3月定例会では、現年度(平成30年度分)と新年度(平成31年度分)の議案が提出されます。 なので、今日はその両方の議案の説明を受けました。

各議案の詳しい内容は、定例会の開会日に議会に上程されるまで オープンにはできませんが、例年と同じぐらいの件数は上程される見込みです。

今年は4月が改選です。芦屋市内もざわついてきましたが、それはこちらの事情。 どんなタイミングであろうとも、任期中である以上は議会の仕事が最優先です。 しっかりと集中し、市議会議員としての職責を果たしたいと思います。

全体協議会

議題は以下の2点

  • 新年度予算概要の説明
  • 政務活動費あり方検討会からの中間報告

新年度予算概要の説明

議会で市長から施政方針が述べられて初めてオープンになる内容ですから、 今日の時点では公開できません。ですが、平成31年度の方向性について説明を受けました。 僕が提案していたところも反映されているようだったので、良かったです。

ただ…山中市長は今任期でご勇退されることを表明されています。 なので、新市長による新体制になった後、ここで審査した予算はどうなるんだろうか…。 一抹の不安が残ります。

政務活動費あり方検討会からの中間報告

昨年10月に立ちあがってから、何度も会議を重ねてきました。 今回、ようやく中間報告ができる段階に来ました。

検討会は会派からの代表者で構成されている会だったため、 会派に属さない議員さんからのご意見を頂戴した後、最終的な答申という格好になります。

協議の結果ということで、ホームページ等でもオープンにされると思います。 あくまで議会としての協議結果になります。なので全体協議会で披露したのち、 議会としての意見を反映した後の公開になること、予めご了承ください。 粘り強い協議の末、現時点でできる範囲での対応ができたのではないかと思っています。

今日は芦屋市立幼稚園の生活発表会。 同じ時間帯に各園で行われていましたが、僕は出身園である伊勢幼稚園に。

0001

1園だけ選べと言われたら、やはり思い入れのあるこの園になってしまいます。 僕のときから園舎も変わっていませんから、園に行くだけで何だか懐かしい気持ちになり 楽しい気持ちになります。

この冬はインフルエンザが猛威を奮っています。 芦屋市内の学校園でも連日のように学級閉鎖の報告が入っています。 ただ、伊勢幼稚園については学級閉鎖等は出ていないようです。 全国的な蔓延ですし、他の学校園が悪い訳では全くありませんが 幼稚園と各ご家庭での対策ががっちり噛みあった影響なのかと思います。 もちろん、ネバーギブアップの「いせよう魂」も影響していますよ!

プログラムを見ていただいたら分かる通り、 今年の劇は大よそのストーリーを知っているものばかり。 オペラとかミュージカルと同じで、知ってる話の方が見やすいかな。

0002

子ども達のことは入園式や運動会で見て以来ですが、 この年頃のお子さん方の成長の速さには驚かされます。 年少組でもしっかりと、お稽古の成果を発揮できていたと思います。

僕も30年ぐらい前に伊勢幼稚園に通っており、生活発表会にも参加しています。 年少のときは『おむすびころりん』で、年長のときは『ピーターパン』でした。 なんと今年の年長組さんの演目と同じ!そして僕もすみれ組でした。 30年前と同じ演目をするなんて…勝手にものすごくシンパシーを感じさせられました。

僕のときは普通に主役級のピーターパンとクック船長が人気やったと思いますが、 今の子はクック船長の子分をやりたがっていたみたいです。 確かに、親分に「アイアイサー!」と返事したり、ご飯抜きだ!と言われて「そりゃないよー」という 子分は何だか楽しげです。時代の変化を感じました(笑)

色々と嫌なことを見聞きすることも少なくない今日この頃です。 月並みな表現ですが、子ども達の姿には癒されました。ほっこりした気持ちで帰りました。 楽しい時間をありがとうございました。

↑このページのトップヘ