芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は関西若手議員の会の研修会のため、高砂市に。 以下のテーマの研修を受けました。

  • ご当地WAONを活用した市民ポイント制度について
  • 今こそイノベーションする時!”若手デザイナーによる地域活性化の取り組みについて
  • 伝わらないを可視化で解決!グラフィックレコーディングについて

個人的には、一つ目の「ご当地WAONを活用した市民ポイント制度について」と 三つ目のグラフィックレコーディングについてが気になりました。

市民ポイント制度について

高砂にこにこポイント制度(高砂市)

高砂にこにこポイント制度は、以下の期待を込めて実施された施策とのことです。

  • 検診受診のきっかけづくり
  • 運動を始めるきっかけづくり
  • 市の各種事業・イベントへの参加促進
  • 施設利用の増加
  • WAONカード利用による商業活性化
  • 高砂の全国アピール
  • 高砂市への寄附(WAONカード利用金額の一部が高砂市に寄附される仕組みのため)

きっかけづくりのための自治体独自のポイント制度は、ある程度の効果があると思っていました。 それを電子マネーの仕組みとくっつけるという発想は面白いと思いました。

高砂市ではWAONカードを使っています。WAONカードはイオン系の電子マネーです。 WAONカードの発行元であるイオンリテール(株)がCSR活動の一環として実施している 「ご当地WAONカード」の仕組みを利用する形での推進と言う位置づけです。

「ご当地WAONカード」は利用金額の0.1%が当該自治体に寄附されるという仕組みを設けたサービスです。 寄附を意識する必要がないところまでハードルを下げる仕組みは良い仕組みかと思います。 そして、実はお隣の西宮にもご当地WAONカードがあったみたいです。全然知らんかったけど…。

芦屋市での導入可能性はどうかと考えてみました。 高砂市でやられている仕組みを参考にするのは検討の余地ありだと思います。 ですが、その場合、WAONカード以外の電子マネーの方が良いんだろうなと思います。

芦屋の場合、市内にイオンがないので、WAONカードの普及率はあまり高くないと思います。 イオン系の店が少ないということもあり、市内で積極的に活用されるシーンも多くないと思います。 高砂市の利用者の大半が高砂市民と言うことを考えると、イオン系が弱い芦屋では爆発力は小さそう。

他の電子マネーだと、楽天Edyでも同じようなご当地サービスをやっています。 楽天Edyの方が芦屋市内で使える店舗数が多く、利用拡大は見込めそうです。

芦屋でも他市と同様、少子高齢化や2025年問題を抱えています。 健康増進・介護予防のための取り組みは取り組んで行く必要があると思っています。 このご当地電子マネーを利用したポイント制度は、高齢者のみならず、老若男女が恩恵を受けられるものです。

高砂市では、議会報告会に対してもポイントを設けているらしく、 ちょっと研究してみたいテーマだと思いました。

グラフィックレコーディングについて

グラフィックレコーディングというのは初めて聞きました。 説明を聞いた上でネットでも検索してみました。

会議の「伝わらない!」を可視化で解決。描いて語るグラフィックレコーディング(フルスイング)

例えば議会報告会や市政報告会をする上で導入してみると良さそう。 とは思うものの、上記リンクの画像のような良い感じのものは僕には書けません。 誰かにお願いできるものなら、試験的にやってみても良いかと思いますが、 いったい、誰に頼めば良いのだろう。。。

今日は実際にグラフィックレコーディングの記録も取られていました。 難しい。毎日描いていたら、描けるようになりますよ~とのことでしたが、難しい気がします。

DSC_0201

よく、議事録を書きながらディスプレイに投影して会議をやっていましたが グラフィカルに議事録を取ったことはありません。そりゃあ、グラフィカルな方がイメージとして 記憶に残りやすいということがあります。今日の説明を聞き、グラフィックレコーディングなるものの 存在を知ったので、もしも導入機会があるようであれば、検討したいと思います。

今日は芦屋市防災総合訓練。南芦屋浜で行われました。 南海トラフ地震を意識し、関係機関との連携強化に重点を置いた訓練でした。

DSC_0209

今日は後に用事があったため、ふらーっと行って、展示等をふわーっと見て帰ろうと思っていましたが 来賓席に通していただきました。前述の目論みだったため、めっちゃラフな格好で行っており、恥ずかしかったですが…。 ただ、良い席で訓練の模様を見せていただくことができました。

訓練のタイムスケジュールは分刻みで予定されていましたが、 時計を見ながら訓練を見ている限りでは大きなズレなく進行されていました。 陸自、警察、消防などと様々な指揮系統の団体が動いているにもかかわらず キッチリ進行させるのはさすがです。頼もしかったです。

「救出救助訓練」では、実際に車の天井部をエンジンカッターで切って 救助されていました。ほんとに車を使ってやると迫力がありました。 ご覧になられていた一般の方々も、同じように思ったのではないでしょうか。 こういう機会で防災意識を高めていくことは大事だと思います。

ちなみに今日のイベント、個人的に気になっていたのは「潮芦屋de重ね捺しBOSAIスタンプラリー」というもの。 重ね捺しって、どんな形で完成だったのか気になります。捺すときにズレないのかな?とか思ってたので 実際にやってみてレポートしたかったのですが、急きょ別件の予定が入ったため遂行できず。 また次の機会があるようであればトライしてみようと思います。

というのも、今度呉川町町内会で開催する防災訓練においても スタンプラリーをするからです。スタンプ台紙のデザインを頼まれたのでつくりました。 重ね捺しって面白そうなので、やれるならやってみたいけど…無理だろうな。

呉川町町内会の防災訓練について紹介しておくと、以下の日程で行われます。 今回は竹園町自治会と合同で開催することになっています。参加者多そうですが、ご近所の方は是非。

12月1日(土) 10:00~11:30 @呉川公園

今日は市民センターで行われた「平成30年度市民文化賞贈呈式」に参加。

市民文化賞は昭和42年に制定された賞で、 以下の分野での功績が顕著な方々に対して感謝の意をこめて表彰するものです。

  • 学術・科学・教育などの研究実践
  • 芸術・芸能・体育などの向上発展
  • 地域社会の発展

芦屋市民文化賞・芦屋市善行賞など(芦屋市)

52回目となる今年は以下の方々が受賞されました。

  • 芦屋市青少年育成愛護協会
  • 特定非営利活動法人 芦屋ラグビーソサエティ
  • 藤川祐作氏

様々な分野でご活躍された方々の表彰となりました。 それぞれの方々の功績は以下のとおり(当日の次第からの転載) 長いので隠してます。クリックしてご覧ください。

  • 芦屋市青少年育成愛護協会
  • 特定非営利活動法人 芦屋ラグビーソサエティ
  • 藤川祐作氏

芦屋市は、高級住宅街のイメージがものすごく定着していますが、 文化を大事にする文化的な街でもあるんです。だからこそ、52年にも渡って 市民文化賞を続けてきています。歴代の受賞者の皆さんは菊寿会という会に参加されますが、 そうそうたるメンバーが並んでいます。

文化振興の部分の外部発信はなかなか難しい。 芦屋は住宅都市として特化していく道を選んでいる訳ですから、 文化財を見に来て下さい~とも言いづらい。

だからと言って、文化的な資産がたくさんあるということは居住先選定条件には直結しない現実があります。 なので、仮に外部発信したとしても効果に結びつきにくい。

じゃあ何のため?というと、やはり芦屋市民のための取り組みなんだと思います。 子ども達に対しても、公立学校園等で文化についての教育もやっており、 芦屋で生まれ育った人の記憶には刻み込まれていると思います。 暮らしてみて初めて分かる芦屋の良さだと思いますね。

これからも、更に文化振興を深めていくことで市民の財産をつくりあげていく必要があると思います。 その先頭に立って歩かれるのが、受賞された方々だと思っています。本日は誠におめでとうございました。

↑このページのトップヘ