芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

芦屋市から平成27年度版の『芦屋市ガイドブック』が発行されました。

芦屋市に長く住まれているような方には常識かもしれませんが、市の概要などが記載されています。個人的には、市内の施設の一覧と市内地図が掲載されているのが便利なんじゃないかと。

また、市内の地蔵についての特集記事も。恥ずかしながら全部の位置を把握できていなかったため、新たな発見となりました。

ガイドブックは以下の場所にて配布しています。

  • 市役所北館1階行政情報コーナー
  • ラポルテ市民サービスコーナー
  • 集会所等の市内公共施設

ガイドブックは無料で受け取れます。もし良ければ一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。

今日は芦屋市役所の仕事始めということで登庁し、市長、議長、議員の皆さん、議会事務局の皆さんに挨拶に伺いました。副市長はあいにく席を外されていたので、今回は見送り。

職員さんについては仕事始め式なる式典にて集まってご挨拶をされていたようですが、僕のところには案内が来ていませんでしたので、後で個別にご挨拶。議員については、みんなが集まって「今年もよろしくね!」という機会は特にありません。皆さん忙しいですしね。

また、議員さんの中には、初詣の時に神社で挨拶をしていた方もおられたみたいですね。個人的な考えとしては、初詣にのぼりを掲げた議員が立っているのはちょっと無粋なんじゃないかと。なので、神社での挨拶は控えました。ただ、これは議員それぞれの考え方なので、何が正しいとかではないとも思っています。

市役所は今日が仕事始めでしたが、民間の会社では5日が仕事始めというところも少なくないと思います。明日になると完全に平常運転って感じでしょうか。

個人的な話としては、2016年は議員生活2年目です。昨年以上のパワーで頑張っていきたいと思います。改めて、よろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年4月の選挙で当選させていただき、6月から議員としての任期をスタートさせることができました。これもひとえに皆様方のお力添えのおかげです。

そして、議員活動の中でも多くの方々のご支援をいただきました。皆様、本当にありがとうございます。今年は議員として2年目。1年目は分からないことも多く、皆様のご期待に応えきれていない部分もあったと思います。無論、まだまだ勉強しないといけないことばかりですが、1年目以上の2年目を送るため、これまで以上に芦屋のために頑張っていきたいと思います。引き続き、よろしくお願いいたします。

お正月と言えば、年賀状ですね。ただ、年賀状の送付は公職選挙法にて禁止されています。なので今年も昨年に引き続き、どなたにもお送りしていません。

候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中・残暑見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む)を出してはならない。
公職選挙法 第147条の2

つまり、選挙区内の人に対してはいただいた年賀状に対して自筆で返事を書く場合に限り、許されるというものです。うーん、変なルール。

  • 議員からの年賀状が届く
  • 嬉しい!
  • この議員に投票しよう!

みたいな流れは有り得ないと思うんですが、過去に選挙区内の住民の方に一斉送付する人とかがいたことによる対応みたいです。

法人相手ならまだしも、顔も知らない個人の方に一方的に年賀状を送りつけるのは失礼だし、プロモーションとしては逆効果だと思うんですけどね。悪名でも良いから、名前が売れれば良いとみたいな考え方なのかな。でも人の迷惑を顧みないような政治家はダメだと思う。

それはさておき、選挙区外の方に対しては公選法による縛りはありません。ですが選挙区外の方と選挙区内の方を区別するのもなぁ…と思い、選挙区の内外にかかわらず、全ての方に対して年賀状はお送りしていません。

この辺は変なルールやなぁと思うんですがルールはルール。大原からの年賀状が届いていない。けしからん!と言わず、ご了承いただきたく存じます。

↑このページのトップヘ