芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は本会議と総務常任委員会がありました。今日から12月定例会スタートです。会期は今日から12月18日までの24日間となります。

初日ですが、いきなり総務常任委員会での審議を行いました。というのも、期末手当に関する内容で、事務手続き上、早めに結論を出す必要があったため。こういうケースもあるんですね。

総務委員会での審議対象は市長提出議案1件。常勤の特別職(市長、副市長、教育長)の期末手当の減額措置についてです。

8月の人事院勧告では、月給を0.36%、ボーナスを0.1ヶ月分引き上げるよう勧告されました。国会による法改正で給与法を改定した後、地方でも給与改定が行われます。なので、芦屋でも基本的には公務員給与は引き上げられます。ただ芦屋は少し特別な事情を持っているため、今回の減額措置を伴う条例改正案が提出されました。

地方公務員の給与額を、同等の職種、経歴に相当する国家公務員の給与額を100として比較したラスパイレス指数という指標があります。芦屋ではこの指数が4年連続日本一という結果が出ています。

この結果の背景としては、職員数が減り、管理職への昇格スピードが他自治体よりも速くなっている状況が挙げられるそうです。なので給与ベースが高いというよりも管理職手当が高いということを示した結果です。ですが、4年連続日本一という結果は対外的に見ても良い結果ではなく、市としてもやっぱりちょっと問題であると捉えているようです。

この状況を改善していくため、H24年度からH28年度にかけての行政改革の一環で職員給与の適正化、管理職ポスト数の適正化を実施しています。なので現在進行中で指標を減らしているところですが、それでもまだ高い水準にあります。4年連続が5年6年と続くのはあまりにも具合が悪いとの判断で、今回の給与改定で一気に順位を落とそうという判断が下されたようです。

だから、今回の措置は平成30年までの暫定的な減額措置です。その間も指数の抑制策を継続して実施し、平成30年には給与体系を元に戻しても指数が落ち着いてくるとの見込みです。

ラスパイレス指数については、特別職は含まれません。だから今回の議案にある、特別職の期末手当を減らしたとしても、ラスパイレス指数には影響しません。一般職員に対して削減の提案をする以上、特別職から率先して実施しようという姿勢を示した結果が今回の条例改正案だとのこと。

この姿勢に対して反対する議員はおらず、全会一致で可決すべきものと決しました。本会議でも同じような結果になると思います。

今日は議案説明会と議会運営委員会がありました。

毎回思いますが、説明会の時に初めて議案書が配られます。だから説明会で説明は受けますが、ちゃんと理解しようと思ったら改めて議案書を読み込む必要があるんですよね。だから、ちょっと儀式的な説明会です。といっても、民間でも「読み上げてくれるだけだったら、こっちで読んどくので~」と言いたくなる儀式的な説明会は結構たくさんありますので、必要なんでしょう。きっと…。

ところで、今回の市長提出議案は、82号議案から103議案の21件。そして、陳情が3件出ています。主なトピックスとしては、前々から色々と注目を集めている屋外広告規制の条例案が提出されました。まあ、予定通りではありますが。

この条例案ですが、目指すところは悪いものではないと思っています。ですが議案として提出される前にセンセーショナルな報道が先行してしまいました。なので色々誤解などがありそうです。市民の皆さんの暮らしにダイレクトに影響する議案です。だからこれこそ、しっかりとご説明差し上げる必要があると思うんですが、ちょっとまだ不十分な感じです。特に、影響をもろに受ける商工会の方々への説明が不足しているみたいですね。陳情もあがってきましたし。

今議会で慌てて可決しないといけないような事案でもありませんし、慎重に進めることも考えた方がいいのかもしれません。

ただ残念なことに、この議案の付託先は建設公営企業常任委員会。芦屋市には3つの常任委員会がありますが、僕らの会派は2名。どれか一つを落とさないといけないということで、建設公営企業常任委員会への所属議員がいないんですね。市民の注目を集める議案について、委員会での議論に参加できないのはもどかしいところです。

さて、明日はいよいよ本会議。実はいきなり総務常任委員会もあります。ここしばらく大阪での活動が多くなっていたので、久々の議会な感じがします。年内最後の定例会、頑張っていきたいと思います。

大きな選挙に勝ちました。しかも20時に結果が出るといういわゆるゼロ打ち。今日は長期戦になるのかなぁと思っていたので嬉しい半面、かなり驚きました。
12247103_858316070955919_3191310630098222851_n

変革を進めていくのにはリスクを伴います。ですがリスクを背負ってでも前に進めていかないといけないとご判断いただいた皆さまの決断に敬意を称したいと思います。

しかし、1つ残念なことが。それは投票率です。市長選挙が50.51%、知事選挙が50.55%となっており、前回選挙の時よりも低くなっています。ギリッギリで50%は超えてはいますが、低い値です。

大阪都構想の住民投票や安保法案絡みで国民の政治への関心が高まっていたところでの大きな選挙でした。ですが結局投票率にはあまり反映されなかったようです。3連休の真ん中という事も影響しているんでしょうが、まだ「選挙に行ったって、何も変わらんやん」と考える人が結構な人数おられるということでしょう。

政治に携わる者として、一人でも多くの方に「選挙に行く事で社会は変わるんだ」と考えていただけるような政治を進める必要があると考えさせられた一日でもありました。

とはいえ、選挙に勝って皆でバンザイをするのは本当に良いですね。これまでの疲れが吹っ飛びます。今日のところは、勝利の美酒に酔わせてください。

さて、大阪での選挙モードもつかの間、芦屋では25日からは議会が始まります。今日までは大阪の戦いでしたが明日からは自分の戦いです。一般質問の通告もしないといけないし…。明日からは、本来の仕事をしっかりとやっていきたいと思います。

↑このページのトップヘ