芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

旧芦屋市営宮塚町住宅の国登録有形文化財の登録が決定したそうです。 内々で、登録されそうだという話は聞いていましたが、この度、正式に決定したという記事が出ていました。

国登録有形文化財に阪神間の2施設 関係者ら喜びの声(神戸新聞NEXT)

芦屋市のHPにも、掲載されていました。

旧芦屋市営宮塚町住宅の国登録有形文化財の登録が決定しました!(芦屋市)

市内の国登録有形文化財としては7件目

市内の国登録有形文化財は7件目になるそうです。 ちなみに、その他の登録済の文化財は以下のとおり。

  1. 芦屋仏教会館
  2. 旧芦屋郵便局電話事務室(芦屋モノリス)
  3. 旧松山家住宅松濤館(芦屋市立図書館打出分室)
  4. 旧松山家住宅塀
  5. 中山家住宅主屋
  6. 中山家住宅表門及び塀

国登録有形文化財に登録されました!という話をちょいちょい聞くけど、 どこが登録されたんだっけ?よく分からんなぁと思っていましたが、 文化庁の方で提供されている『国指定文化財等データベース』を 活用することでばっちり分かりました。

それぞれの文化財についての詳細も記載されているので、 結構面白いデータベースです。興味があれば、見てみてください。

国登録有形文化財とは?

ちなみに、登録有形文化財とは何か?というと、 文化庁のパンフレットに以下のような記載があります。

私たちの周りには, 残していきたい風景がたくさんあります。 身近な建造物であっても,地域に親しまれている建物や,時代の特色をよく表わしたもの, 再び造ることができないものは, 貴重な文化財です。この文化財建造物を守り, 地域の資産として活いかすための制度<文化財登録制度>が平成8年に誕生しました。 登録有形文化財建造物は, 50年を経過した歴史的建造物のうち,一定の評価を得たものを文化財として登録し, 届出制という緩やかな規制を通じて保存が図られ,活用が促されています。 既に10,000件を超える建造物が登録されています。

国内には歴史的、文化的に価値がある建物等はとてもたくさんあり、 国指定重要文化財として国が指定する形だけでは守りきれないという背景があったため、 指定重要文化財を補填する形で設立された制度であるということだと思います。

文化財は活用が求められる

関係する法律である文化財保護法の第一条には、法の目的として 以下の文言が記されています。

(この法律の目的)
第一条 この法律は、文化財を保存し、且つ、その活用を図り、もつて国民の文化的向上に資するとともに、世界文化の進歩に貢献することを目的とする。

ということなので、登録有形文化財についても大事にする一方で積極的に活用していかないと!ということです。 旧宮塚町住宅については、昨年6月以降、紅茶専門店の老舗や革製品、革靴、ガラス工房等の創作活動をする職人に各部屋を賃貸し、 順次営業を開始しています。特に紅茶専門店は結構人気みたいですよ。

旧宮塚町住宅については、当初から「どうやら貴重らしいので壊さずに残しときます」 ということが言われていました。だから、テナント貸しをして活用していたんですね。 ただ市としても「貴重らしい」ベースでの動きだったので、さほど活発な動きということではなかったように思います。

今回、歴史的、文化的に価値あるものであると文化庁からお墨付きをもらったことで 「貴重らしい」から「貴重である」にステータスが変わりました。 今後は、そういう方向性でもPRをしてもらい、文化財としての目的も十分に果たしてもらいたいと思います。

今日は議会運営委員会など、細々と会議が。

主な話題はBCP

議運については、週明けの月曜日が本会議なのでその進行についての協議が主な内容です。 ながーく時間をかけてきたBCP(議会機能継続計画)について、議会としての策定が決まったことを 受けての議会基本条例の改正(文言修正)も行われることになっています。

BCPについては党派を超えて、色々と意見交換をしてつくったものです。 限られた時間内でつくっているものなので、まだまだ至らないところもあると思いますが、 そこについては、これからの任期でブラッシュアップするための会議体を常設で設けることで 合意が得られています。

議員同士での議論の機会を増やしたい

こうした機会は本当に大事です。議員の中で、考えが色々とあるのは理解します。 お互い歩み寄れないところがあるのも理解します。でも、他の考えの議員の意見を 頭ごなしに否定するのではなく、聞かないといけないと最近、改めて感じています。

市議会は市長部局ほどの調査機関を有していません。 大きな懸案事項については、各自が調査して提案するというよりも 議会として議論を深めながら調査を進めることも必要であろうと思います。

相手をやっつけるための議員間討議じゃなくて、より大きな政策提案につなげるための 議員間討議が活発に行われる議会をつくりたいんだけどなぁ。西宮なんかは委員会ごとの 重点テーマを定めて、市に政策提言をしていますからね。そんな風な取組みを芦屋でもできれば最高だなぁと思います。 思うだけでは進まないので、具体的な提案も進めていきたいと思います。

5月に予定していた議会報告会は延期となりました

あと、お知らせしなければならないこととして、議会報告会。 5月にやりますよという話になっていました。が、ご存じのとおり新型コロナウイルスが 猛威を振るっている状況です。結論としては、5月の開催は延期ということになりました。

開催可否については、もう少し後になれば判断できるんでしょうけど、 そうなるとお知らせが間に合わない。特に、5月にやりますよというのは既に案内済みなので やらない案内は早くにお知らせした方が良いだろうということで、延期になりました。

楽しみにされていた方(いるのかは分からない)には申し訳ありませんが、 状況が状況なので、ご理解いただきたく存じます。

今日は予算特別委員会。 これまでに行った分科会の結果を持ち寄って、 予算案についての議決を行う場となります。

分科会のやりとりは、座長報告にて

全体会なので、分科会座長による座長報告が行われています。 その際、細かな要望や意見については別途表としてまとめられています。 僕自身、分科会の中で細々と意見や要望をしています。

それらの発表というところも含め、当該ファイルをアップしときたいと思います。

僕自身は民文分科会に属していたので、特に民文分科会の資料を見ていただければ 僕がどういう発言をしたのかわかっていただけると思います。

予算への判断

予算は幅広いですから、その中の細かい事業について問題視している部分がないとは言いません。 ただ、細かな部分に引っ張られて予算全体を否定するのはいかがなものかと思っています。

あくまで全体を俯瞰して見た上で判断をすべきであると考えています。 気になる事業については改善要望をしっかりと伝えた上で、予算全体については認定すべきです。 これは会派というか、僕個人の個人的なスタンス。

そのスタンスを踏まえても、今回の予算特委については 5年間の議員生活で最も苦渋の選択・判断が求められた会であったと思います。

修正動議。難しすぎる判断

今回の予算については、一部の議員から修正案が示されました。 端的に言うと、JR芦屋駅南の再開発のうち、再開発ビルに関する新年度予算をカットするというもの。 詳しい数字が書いてある議案書については、次回の本会議で示します。 多分、詳しい数字はあまり重要ではないです。この修正については。

修正動議を出した意図としては、経済的、財政的にこれから厳しくなり JR芦屋再開発にかける財政負担があまりに大きいのではないか?というところが要因であると受け止めています。

めちゃくちゃ悩みました

他の議員さんは知りませんが、僕はこの修正案を聞いて以来、めちゃくちゃ悩みました。 それこそ日常生活に支障をきたすほどに悩みました。少なくとも、イケイケで即決できるようなものではない。

めちゃ悩んだ末の結論ですが、会派として賛成をしています。 ただし。個人的なスタンスとしては極めて消極的な賛成です。 今日のやりとりを聞くと、尚、揺らぎました。修正案を可決することのリスクも やはり小さくない。ギリギリまで修正案に反対した方が良いのではないか?と揺れ動きました。

というのも、どっちがベターか?という判断ではなくて どっちがマシか?という判断だったからだと思うからです。 正直、どっちにしてもあまりにも大きなリスクがあります。

なので、どっちが良いか?という判断基準ではなく どちらの方がリスクが小さいか?という判断で決めています。

個人的思いは討論にぶつけた。伝わったかしら?

非常に大きな決断であるわけですから、討論をしない訳にはいきません。 今日時点における僕の考えについて、かなり取り込んだ討論で。 賛成討論の中でも、少しは異彩を放つものになったのではないかと思っています。

とはいえ、いまだ正しい判断だったのか。大いにモニョっています。 こんなに後を引く判断は初めてだ。

ちなみに議論を聞きながらササっと書いたメモをもとにアドリブで話しているので しっかりした原稿が残ってないんですが、おおよそこんな感じということで。

  • 予算全体について
  • 「入るを量りて出ずるを制す」の基本原則に立ち返ろうとする予算組みをしていることが 審査の中で明らかになっており、その姿勢については高く評価する。

  • 再開発全般について
  • 日本全体の経済・財政状況が厳しい状況であり、耐え忍んだ先に事態が好転する見込みが極めて薄い。 よって、歳入確保のためのスキームである投資事業は必要であると考える。 しかし、可能な限りで成功確率を上げた状態で取り組む必要がある。

    が、事業の採算性や発展性、再開発がもたらす経済効果の部分が不透明な状態で進んでいる。 コスト縮減も含めた計画のブラッシュアップが必要であり、可能な限りローリスク・ハイリターンに 近づける必要がある。

  • 判断について
  • 修正案の判断については非常に悩んだ。 というのも、どちらがよりプラスか?という判断ではなく どちらの方がより低リスクか?という判断が求められると受け止めているため。

    いずれの選択についても重いリスクがあるのは間違いない。 ただ、事業の成功確率を上げることを考えると、事業の今後のプランが 固まっていないことによるリスクの方が高いと考えた。

  • 再開発事業に求める要望として
  • 計画の採算性、発展性についてのより明確な数値的裏付け。 そして再開発をこれからのまちづくり、経済効果のトリガーにつなげるための 具体的なプランについて検討してもらいたい。

    また事業実施の場合のリスクと事業未実施の場合のリスクを可能な限り定量化し 判断に資するだけの情報を持った上で進めてほしい。

  • 今後の財政運営について
  • 今後の10年は後期高齢者の爆発的増加や公共施設の更新など、大きな負担も予定されている。 しかしそれは全国的な流れであり、自治体間競争が更に激化することも予想される。 なので、サービス量の削減に頼らないコスト削減が求められる。事業効率性の改善などによる コスト削減を求める。

    そして、激化する自治体間競争の中で埋没してしまわないためにも 本市の強みを理解し、発展させ、また新たな強みの開拓も実施し、 歳入の確保、増加の推進を求める。

    コスト削減と歳入確保を同時並行で進め、持続可能で安定的な 行政運営を厳守することを要望する。

↑このページのトップヘ