芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会がありました。 といっても、大会議室での会議ではなく、高浜町に新たに建設された消防署高浜分署の視察。 委員外議員も参加できたため、僕を含めて10人の委員外議員が視察に参加しました。

現在、高浜分署は高浜町のダイエーの南に位置してます。 これが新たに、臨港線沿いの交差点に移転します。 地図上で言うと、青丸が現在の高浜分署で赤丸が新しい高浜分署。 奥まった位置から臨港線沿いに移動しますので、機動性は上がると思います。
高浜分署

新たにつくられた高浜分署は、僕が議員になる前から計画されていたものでした。 多分老朽化対策のための事業だと思ってるんですけど、事業開始時に具体的にどういう目的でつくられたものか、はっきり知りませんでした。そこで、過去の議事録をちょっと漁ってみたところ、平成26年9月5日の総務常任委員会にて以下の目的が示されていました。

  • 建物の老朽化対策
  • スペース不足解消

スペース不足の解消というのは、高浜分署の管轄に南芦屋浜が追加されたことにより 車両が大型化し、施設が手狭になったことが影響しているようです。 確かに、現在の高浜分署の敷地は見たところ、狭いと感じます。 そういう意味では、今日見せていただいた施設は面積的には前よりも余裕があるように感じました。 より効率的な業務が進められるようになったのではないかと思います。

高浜分署は、民間のノウハウ等を活用するための事業手法であるPFI事業でつくられました。 なので今日は、施工担当者の方から施設についての説明を受けました。 説明を受けた際に印象的だったのは、トレーニング・訓練施設の充実。

署長さんがお話されていましたが、芦屋市の消防職員は定数を増やしたこともあり、経験不足の若い職員さんが増えており、経験不足を補うためには訓練を重ねるしかないため、訓練設備には力を入れたとのことでした。ものすごく納得しました。日常生活でも訓練していないことを本番でやるのは難しいです。それが生き死にに関わる火災現場となると、もっともっと難しいのは当然です。

市役所の控室は、ちょうど消防本部の向かいに位置しているため 隊員の方が普段から訓練をされている様をよく見ています。 頼もしいと思う反面、ありがたいと思っています。非 常に緊張感の高い業務を行っていただいてる消防隊員の方々には頭が下がる思いです。 僕らとしては、環境を整えることしかできません。 なので、消防の環境整備にはしっかりと力を注ぎたいと思います。

消防の方が忙しいと言うことは、それだけ火災等が発生していることになるため、 出動が少ないぐらいの方が望ましいです。ですが実際にはそうは行きません。 新しい施設が芦屋市の防災拠点として活躍してくれることを期待したいと思います。

なお、内覧の段階だから写真を撮るのを控えていましたが、 同行してくれていた議会事務局の方が写真付きでFacebookをアップしてくれていました。 シェアしておきますので、こちらもご覧ください。 Facebookアカウントをお持ちの方は、事務局アカウントへの「いいね!」していただけるとありがたいです。

昨日のことになりますが、3月定例会の議案が提示され、議案説明会が行われました。 新しい年になりましたので、議案番号はまた1号からのカウントアップになります。 また、3月定例会は現年度議案と新年度議案の2種類の議案が上程され、審議されます。

  1. 現年度議案
  2. 議案番号件名
    第2号教育委員会教育長の任命につき市議会の同意を求めることについて
    第3号固定資産評価審査委員会委員の選任につき市議会の同意を求めることについて
    第4号人権擁護委員の候補者の推薦につき市議会の意見を求めることについて
    第5号平成29年度芦屋市一般会計補正予算(第6号)
    第6号平成29年度芦屋市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
    第7号平成29年度芦屋市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
    第8号平成29年度芦屋市公共用地取得費特別会計補正予算(第1号)
    第9号平成29年度芦屋市都市再開発事業特別会計補正予算(第2号)
    第10号平成29年度芦屋市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)
    第11号平成29年度芦屋市病院事業会計補正予算(第1号)
  3. 新年度議案
  4. 議案番号件名
    第12号芦屋市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定について
    第13号芦屋市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について
    第14号芦屋市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
    第15号芦屋市保健センターの管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
    第16号芦屋市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について
    第17号芦屋市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例の制定について
    第18号芦屋市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
    第19号芦屋市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
    第20号芦屋市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
    第21号芦屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
    第22号芦屋市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について
    第23号芦屋市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について

それぞれの議案の詳細は、市議会のホームページにもアップされています。 ただし第2号~第4号は人事案件であり、個人情報が含まれるものなので、ホームページへのアップはありません。

3月定例会は、次年度予算の審査も行われます。 予算関連の資料については、本会議において市長から施政方針が発表された後、公開されます。

各議案の付託先の委員会は、所管部署に応じて振り分けられます。 パッと見た感じでは、特に新年度議案がほとんど民生文教常任委員会のような気がします。 一方で、僕の属する建設公営企業常任委員会に関連する議案はほとんどなさそう。

ただ、民生文教常任委員会への割り振りはいつも他の委員会よりも重くなりがちです。 委員会ごとの割り振りについて、ボリュームの差が大きいような気がします。 議会改革の部分かもしれないですが、もっとたくさんの審査時間を割けるように考えると、 委員会の所管部署の割り振りも見なおした方が良いのかもしれません。

今日は本会議。1月30日から続いていた臨時議会の最終日です。 最終日である本日は、市長から提出されていた議案の採決を実施しました。

第1号議案:芦屋市立幼稚園における3年保育の実施及び廃園(所)条例の廃止を図るための関係条例の整備に関する条例の制定について

結論から言うと、反対多数で否決となりました。 各議員の態度については、市議会HPへのアップが追い付いていませんが 各会派、議員の討論を聞く限り、9月定例会のときと同じ結果となりました。

なお、上記の議案で廃止することとされていた条例は平成29年9月定例会において可決されています。

第54号議案:芦屋市立幼稚園の設置及び管理に関する条例及び芦屋市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

各議員の態度の結果については以下のとおり(54号議案です)
議案等審議結果一覧表(議員別)9月26日

いつもの議会だと、賛否が分かれる議案について全て討論されている訳ではありません。 ですが今回は直接請求が出されたことを重んじた結果か、全ての会派と無所属議員が討論を行いました。

うちの会派からは、僕が討論しました。 付託先の委員会委員はなるべく討論は控えるという申し合わせがあるので 民生文教常任委員会の案件の討論は自動的に僕となります。

討論内容について、簡単に書いておきます。

  • 費用面を考えた場合、市の計画を進めていくことが現実的な路線
    • 市立幼稚園について、現行の8園体制を維持した上で全園での3年保育を実施した場合、 ランニングコストとして年間7100万円のプラスが生じる(委員会審議より)
    • 意見陳述では、既存幼稚園の空き教室等を利用して2号保育を実施するという話があった。 臨時的な対応ならまだしも、長期的な運用を視野に入れると、給食設備など、施設改修の必要が生じる。
  • 持続可能な行政運用の担保
    • 費用面を取り沙汰することが望ましいことではないが、これからの財政状況を鑑みると 費用対効果を意識した政策判断が必要だと考える。
  • 3年保育について
    • これまで、公立施設における3年保育が実施されていなかった中、 公立の認定こども園での3歳児の受け入れが進むことは評価する。
    • 3年保育への要望が強いのも事実。 計画を進める間、市民のニーズ調査と3歳広場などを使った3歳児の行き場の提供を進めていくことが必要。
  • 待機児童について
    • 計画を進める一方で、現在進行形で存在している待機児童について できる限りの対応に努めていくことを要望する。

↑このページのトップヘ