芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

長かった9月定例会は10月4日に終了しました。 ですが、細々とした予定が入っていたり、宿題が溜まっていたりと なかなか閉会中の通常業務に入れずにいます。

僕は定例会が終了するたびに市政報告のビラをつくっています。 基本は手配りだけなので、配布枚数は多くありませんが…。 今回も空いた時間に粛々とつくっていました。

議会が終了してから1週間以内には原稿を完成させて印刷に入りたいと思っていました。 今日、ようやく原稿が完成し、印刷の発注をかけました。ギリギリセーフと見るか、 遅くなったと見るか…。来週には印刷完了しますが、来週の後半は委員会視察があります。 次の会期までに配りきれるか、若干不安が残るところです。

さて、今回は少しだけデザインのテイストを変えました。 いつもは2色しか使ってませんが、今回は思いきって3色にチャレンジ。 字が少し多めになってしまったのは反省材料ですが、少しでも見やすくまとめられるよう これまで培ってきた経験を生かしてつくってみました。

3年半ほどつくり続けてますが、まだまだ素人臭さが抜けないビラ。 でも頑張って作っていますので、配っているところに遭遇した方には 是非とも受け取っていただきたいところです。

と、ここまで書いているのは自腹でつくっている個人ビラ。 政務活動費を使ってつくる会派ビラの原稿をこれから作成する必要があります。 紙のサイズも大きくしており、紙面を大きく使えるので、個人ビラよりも 多くの情報を掲載できると目論んでいます。

まだまだ他の宿題も残っている状況なので、 夜な夜な机に向かうデスクワークもまだまだ終わりませんが、 頑張ってやっていきたいと思います。

今日は川西市議会議員の上田ひろふみさんのお手伝いのため、川西市に。 僕としては久々に街頭活動を行い、マイクを持ちました。

43470102_1863473070440209_5611800974713683968_n 43614575_1863473013773548_7212458955774099456_n

他市の議員さんは、日頃からマイクで演説をしている人もいますが 芦屋ではそういう人はほとんど見かけません。やはり閑静な住宅街ということもあり マイクでの活動は似つかわしくないと言うことなんだと思います。 僕自身がそう思っているので、選挙期間中以外のマイク活動は自粛しています。

と言うことで、街頭でマイクを持つのは久々です。 川西市では川西市議会議員選挙が間近に迫っていますが、まだ告示されていません。 なので、あくまで日本維新の会の街頭活動という形でマイクを持ちました。 現職議員である以上、法順守をする必要があると考えていますので、事前活動にならぬよう、 細心の注意を払って活動しました。

上田議員は昭和22年生まれで71歳になる方ですが、スポーツで鍛えた体でいつまでも若々しい方です。 見た目からは想像できないため、実年齢をお聞きすると改めて驚きます。 いつも奥様と二人三脚で、地元に密着した活動をされています。その体力で、4年間ものすごくたくさんの 陳情を聞いてきたとのこと。この人は、30代の僕よりも体力があるんではないか?と思うぐらいです。 恐らく、本当に休みなく、地域の皆さんのために汗をかいてこられたのでは無いか?と思います。

実際、上田議員の地元で活動したとき、その反響に驚きます。 地域のために動いてきたことの示しているんだと思います。 地元の面倒見の良いおっちゃんとして、まだまだ頼りにされているんだろうなと思います。

僕はそこがまだまだ至らないところがあると思っていますので、 上田議員の活動を見ながら刺激を受けているところです。

上田議員は以下の提言で以って活動をされているとのこと。

  1. スポーツによる市の活性化
  2. 「いじめ」のない、知育・体育・徳育の行き届いた街に
  3. 中学校の学校給食制の実現
  4. 市役所に企業誘致課名の課を新設
  5. 医療の充実と待機児童ゼロの実現

お金が要りそうな政策が多いですが、川西市のバリュー向上のための施策でもあり 実現すると人口流入や税収増にも繋がりそうな提案だと思います。 また、この裏側では税金の無駄遣い防止のための提案もされていると思います。

僕もこの10月は視察やらなんやらでバタバタしていますが、 可能な範囲で上田議員の応援に行きたいと思っています。

今日は台北駐大阪経済文化弁事処主催の中華民國(台湾)建国107年国慶節祝賀レセプションに出席。 芦屋市議会の日台友好議員連盟に所属している関係で、ご招待いただきました。 毎年ご招待いただいており、日程に都合がつく年は参加させていただいています。

国慶日とは、台湾における建国記念日のことです。 1911年10月10日に中華民国が成立したため、毎年この時期に祝賀レセプションが行われます。 昨日は同様のレセプションが東京でも行われていたみたいですね。

今年は開催の直前に台北駐大阪経済文化弁事処の総領事が急逝されたため、 冒頭に黙とうの時間が設けられました。総領事とは日台友好議員連盟の懇親会で ご一緒させていただいたばかりのところであり、知らせを聞いた時には強い衝撃を受けました。 ご冥福をお祈り申し上げます。

今年のレセプションについても例年通り、大勢の方が参加されていました。 また、大勢の国会議員・地方議員も参加されていました。 関西だけでなく、島根から来られた代議士の方もおられました。

芦屋市には友好議員連盟の他にも日台交流芦屋の会という市民による交流団体があります。 今日は日台交流芦屋の会の役員の皆様もお見えでした。議員のみならず、市民同士の交流を 深めるのは素晴らしいと思います。芦屋は国内唯一の国際文化「住宅」都市ですからね。

台湾と言えば、紹興酒を代表するお酒です。ですが恥ずかしながら、 今日は朝から頭痛と腹痛があり、鎮痛剤を飲んでの参加でした。 ということで、ウーロン茶で乾杯(笑)

議会中のストレスと睡眠不足が祟ったのだと思います。 議会も終わったので、なるべく早めに寝て、睡眠時間だけは確保したいと思います…。

レセプションの出し物として、二胡の演奏もありました。 急に大勢の方が前の方に来て写真を撮っていました。 ドレスを着た女性による演奏だったからかな。 まあ、僕も撮ってますけどね(笑) 日本の曲もたくさん演奏してくれていたので、知った曲もあって良かったです。

43195763_1856777727776410_200556590263173120_n

日本と台湾の友好関係はとても強いです。中国の関係もあり、国家として、国同士の交流を進めることが難しい状況にあります。 ですが芦屋市のように議員による友好連盟があったり、市民レベルで交流を結ぼうという動きもあります。 また、お互いを訪問する観光客も増えていることから、市民同士の繋がりは更に深まってきていると思います。 僕自身、台北駐大阪経済文化弁事処の皆さんとの交流も深まりつつあります。こうした交流も、国際交流だと思うと 感慨深いものがあります。

今の日本はグローバル社会に身を置いています。 なので、国際交流を行い、国際感覚を持つことは非常に重要です。 台湾のように既に築かれている友好関係は大事にしていきながら、色々な国の文化を認め、 様々な国との国際交流を深めていく必要があると思います。

芦屋はアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス郡にあるモンテベロ市との姉妹都市提携を行っています。 ですが、姉妹都市はモンテベロ市のみです。こっちが仲良くして~と言ってできるものではありませんが、 姉妹都市を増やしていくことも一つの国際交流の発展かと思います。 この辺は議員としてもできることがあるでしょうから、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

↑このページのトップヘ