芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は予算特別委員会。 各分科会で行われた審査を報告し、討論と採決を行いました。

委員会としての結論は?

討論と採決を行った対象は以下のとおり。 議案書もありますけど、議案書を見てもあまり情報がありません。 芦屋市がまとめている予算の概要ページの方が分かりやすいと思うので 紹介しておきます。

平成31年度予算の概要(芦屋市)

議案番号件名
第20号平成31年度芦屋市一般会計予算
第21号平成31年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算
第22号平成31年度芦屋市公共用地取得費特別会計予算
第23号平成31年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算
第24号平成31年度芦屋市駐車場事業特別会計予算
第25号平成31年度芦屋市介護保険事業特別会計予算
第26号平成31年度芦屋市後期高齢者医療事業特別会計予算
第27号平成31年度芦屋市打出芦屋財産区共有財産会計予算
第28号平成31年度芦屋市三条津知財産区共有財産会計予算
第29号平成31年度芦屋市水道事業会計予算
第30号平成31年度芦屋市病院事業会計予算
第31号平成31年度芦屋市下水道事業会計予算

結論としては、いずれの議案についても可決すべきものと決しました。 うちの会派としても、全議案とも賛成の立場です。 細かいところで意見があるところもありますが、トータルの予算としては賛成です。

会派としての意見は?

僕が総務分科会の座長報告を行った関係で、寺前議員に討論をしてもらいました。 本会議では、僕が討論する予定です。今回は討論に立つ議案が多い見込みなので、役割分担ですね。

詳しくは本会議でって感じですが、今日のところは以下のような内容で討論しています。 読む気しないと思うので、全文は書きません。そんなにメモってないというのもあります。

歳入と歳出について

幼児教育の無償化の財源を確保する必要が生じており、歳出に影響。 公立幼稚園保育所の保育料も無料となることで歳入にも影響が生じる。

また、高齢化率が阪神間でも1位であるように、社会保障費の更なる増加も見込まれている。

事業の進め方について

優先順位を付けた上での取捨選択が重要となる。 できないことを要望されたとき、できないことはきっぱりと断る勇気も必要となる。

病院事業会計予算について

例年、4~5億円程度の赤字での予算報告が多い中、 来年度は8000万円ほどの赤字で留まるという予算報告だった。 以下の要因が影響していると聞いており、成果に期待する。

  • 外科救急を増やすことによる「断らない医療」
  • コスト意識の徹底

下水道事業について

黒字報告であるが、公共インフラの老朽化や大規模災害への対策が必要となる。 今後も健全運営を期待する。

トータルとして

健全な行政運営を継続することを要望する。

今日はルナホールで行われた「国指定重要文化財旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)保存修理工事完成記念シンポジウム」に。 阪神間モダニズムとか、文化財のところの理解が浅いと思っていたので勉強の意味も込めて。

0001(1)

阪神間モダニズムとは?

Wikipediaで調べてみると…以下のようなことが書いてあります。

阪神間モダニズム(はんしんかんモダニズム)とは、明治時代に形成された帝塚山をモデルに開発された地区である。 1900年代から1930年代の日本において、六甲山系と海に囲まれた理想的な地形を有する 阪神間(兵庫県神戸市中央区・灘区・東灘区、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、三田市、川西市)を 中心とする地域に育まれた、近代的な芸術・文化・生活様式とその時代状況を指す。 スプロール(都市拡大)による郊外化に伴い、神戸市須磨区や垂水区辺りや大阪府下の大阪市北中部、北摂地域までその文化圏は拡大した。

明治~昭和初期(戦前)ぐらいまでに栄えた文化等のことを総称して指しているのかな? という感じです。これを発信していくのは構わないんですが、一般の人にどこまで刺さるのか? ちょっと分からないですね。

旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)、世界遺産も視野!?

2016年11月以降、保存修理工事のために閉館していましたが2月16日にリニューアルオープンしました。 今日のシンポもそれを受けての開催です。

近代建築の三代巨匠のひとりと呼ばれるフランク・ロイド・ライトが設計した建築物になります。 ちなみに、近代建築の三大巨匠とは、以下の三人を指すそうです。

  • フランク・ロイド・ライト(米 1867-1959)
  • ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ(独 1886-1969)
  • ル・コルビュジエ(瑞/仏、1887-1985)

2016年には上野にある国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」が世界遺産に認定を受けました。 今日の話では、ライトの建築作品である旧山邑家住宅の世界遺産化だって有り得るという話が。

そうなったら大変なことですね。 何せ世界遺産のファンは世界中にいますから、超ド級の観光資源になります。 芦屋は観光を半分以上捨てている自治体ですから、インバウンドの受け入れも整っていません。 観光行政にも力を入れていく必要が出てきます。観光客による経済効果も然ることながら、 市民への影響も考えないと。

…取らぬ狸の皮算用が過ぎました(笑)

芦屋市として今後やれること

阪神間モダニズムというぐらいですから、芦屋のみならず阪神間の各市を総称した文化だと思います。 今、日本酒文化をテーマにした日本遺産登録を申請しています。

日本酒文化を日本遺産に 阪神間5市が準備会発足(神戸新聞NEXT)

要するに、こういうことなんだと思います。広域での発信。 別に観光地化する必要はないと思いますが、阪神間として誇れる文化を外部発信するのは大事かと思います。 阪神間が発信しなければ、こうした文化は薄れてしまいますから。

また、今日の話の中でもありましたが、ヨドコウ迎賓館などの文化財を中心とした まちづくりというか、デザインを進めていく必要があるんだろうと思います。 施政方針でも謳われているエリアブランディングにも関連しますね。

いずれにせよ、観光としての発信なのか。 芦屋市のバリューを向上させるための発信なのか。 ターゲットを明らかにした上で、取り組みを進める必要があるとは思います。

今日は芦屋市立幼稚園の卒園式と芦屋市立保育所の修了式でした。 議会の会期中ではありますが、朝の予定がなかったために参加することができました。 ただ、色々行きたくても体は一つしかないので、出身園でもある伊勢幼稚園にお邪魔しました。

DSC_0012

今年の卒園児たち

今年の卒園児は29名でした。市内の学校園では、未だ学級閉鎖の報告が出ています。 ですが伊勢幼稚園では誰一人欠席することなく、全ての子ども達が元気に卒園しました。

病気になってしまうのは仕方ないことですが、伊勢幼稚園はどの行事に来ても欠席者がいないんですよ~ という話を聞きます。何か秘訣があるんでしょうか…。いえいえ、保護者の方々や子ども達自身、 幼稚園の先生方による健康管理のたまものですね!

いせようだましい

伊勢幼稚園では、レッツチャレンジ、ネバーギブアップの精神である 「いせようだましい」で、ずっと頑張ってきました。 大きくなってもずっと持っておきたい必要がある精神です。

大人になればなるほど、失敗を恐れてしまいますし諦めることを覚えてしまいますね。 幼稚園児たちでもできること。大人の僕たちが失敗を恐れたり、簡単に諦めてはいけませんよね。 僕も伊勢幼稚園出身です。いせようだましいの先輩として、子ども達に笑われないように頑張らないと。

1年生になったら

卒園式では卒園証書を受け取った後、1年生になったら頑張りたいことを発表します。 とても微笑ましい姿にほっこりしながら、これからが楽しみだなぁと思わせられます。 希望と期待で胸を膨らませている姿には力を貰えますね。

意外だったのが図工がんばりたいです!という子が多かったこと。 工作とかお絵描きは幼稚園でもあるんちゃう?と思いましたが、子どもたちなりに 小学生のお兄さんお姉さん達の図工はすごいと思っていたのかな。

頑張りたいことが何であれ、とにかく元気に頑張ってほしいです!

今年は泣きました

例年、思い出のアルバムとか聴いていると泣きそうになるんですが 今年はいつも以上に感極まりました。

というのも、園長先生が今年でご退職されると聞いていたから。 園長先生は、僕が伊勢幼稚園に通っていたときに伊勢幼稚園の先生をされていたそうです。 学年は違ったので、直接お世話にはなっていないのですが、お話しすると昔のことを思い出します。

議員になってからは、色々な行事で伊勢幼稚園にお邪魔していますが、 いつも笑顔で出迎えてくださいました。先生にお会いするのも楽しみでした。

来年からは、園長先生がおられないんだなぁと思うと、何だか寂しい気持ちに。 先生が涙ぐまれている姿を見ると、僕も貰い泣きしてしまいました。 先生も貰い泣きしたーとおっしゃってましたが(笑)

先生には、今後も伊勢幼稚園をお願いしますと言われました。 議員としてもそうですが、卒園生として、今後も伊勢幼稚園を見守って行きたいと思います。

↑このページのトップヘ