芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は地元町内会の盆おどりの練習に参加。

38488665_1771871042933746_6021166591301910528_n

呉川町町内会では、以下の日程で盆おどりを行います。

  • 8月18日(土) 19時~21時
  • 8月19日(日) 19時~21時

なので、今日はその練習日でした。暑い日曜日のお昼ですが、 10数人の方がお越しになり、ひたすら踊ってらっしゃいました。 13時集合で16時解散なので、3時間もやりました。 僕は、CDプレイヤーの操作をずっとしてただけなので疲れてませんが(笑)

さて、呉川町の盆おどりですが、市内では今や逆に珍しくなりつつある「踊るだけ」のお祭りです。 ですが、だからこそ、お子さんと一緒に踊ったり楽しむことができる素朴なものとなっています。 お子さんに浴衣を着せて、楽しんでおられるご家族の方が年々増えているような感じを受けています。

今年も、うちわと飲み物の配布のみで、ひたすら踊るお祭りです。 やぐらも手作り。太鼓も音響も業者を入れていませんので、本当に素朴なものです。 だからこそ、のんびり楽しめるお祭りになっていると思うので、是非ともご参加いただければと思います。 猛暑の夏ですが、夜19時からスタートなので恐らく暑さも多少はマシ…だと思いますので…。

どんな風に踊ったら良いか分からない!という声もあると思いますが、 そういう方々のお手本になるために今日、練習しています。 率先して踊ってくださる方がたくさんいらっしゃいますし、そもそも、大会とかではないんだから 多少間違っていたって構わないものです。 今まで参加されていなかった若いご家族の皆様も、是非是非、ご参加ください。 ちらっと覗くだけでも大歓迎です。

今日は地元呉川町のクリーンデーに参加しました。 呉川町では毎月、1日と第3日曜日の朝8時から、30分程度お掃除をします。 午前中に用事があることが多くて、あまり参加してませんでしたが今日は参加。 やはり若い人の参加は少ないので、今後はなるべく参加するように調整したいと思います。

主に呉川公園の掃除になるんですが、公園となると落ち葉の掃除とか 雑草の除去とかがメイン作業になります。今日はこれだけのゴミが集まりました。

38197340_1765293013591549_9106064969488662528_n

酷いところと比べると、マシなんだと思いますが、 やはりタバコの吸い殻やコンビニ等のゴミが目立ちました。 特にタバコはベンチの周りとか、排水溝のところとかに落ちてます。 ベンチの周りは簡単に拾えますが、排水溝のところはなかなか拾えなくてもやもやします。

理想としては、吸い殻等が全くない美しい街になってくれると嬉しいです。 「あなたが捨てたゴミは、誰かが拾ってるんですよ、 誰かが拾わないと街はゴミだらけになってしまうんですよ」ということを 知らしめたいので、なるべく清掃活動はシェアして行きたいと思います。

ちなみに芦屋市では、市民マナー条例で歩きタバコを規制しています。 現行犯だけですが、罰金もあります。なので、道に吸い殻が落ちているのはおかしいはずなんですが…。

芦屋市清潔で安全・快適な生活環境の確保に関する条例(通称:市民マナー条例)

でもやはり、僕の常識の中ではゴミをその辺に捨てるというのは有り得ない。 だから、こうしてゴミをその辺に捨ててしまうような人の感覚が理解できません。 そういう人たちは、自分の家や人の家でもタバコの吸い殻やゴミを捨ててるんでしょうか。 道路や公園と言った公の場は、誰かの持ちものではありませんが皆の場所です。 ゴミは持ち帰るか、ゴミ箱に入れるかしていただくようお願いします。

今日は午前中に町内会の打合せに参加した後、午後からあしや保健福祉フェアに。 今年で9回目となるこの催し。例年通り、はなみずき芦屋(保健福祉センター・木口記念会館・あしや温泉)にて開催されています。 常日頃から人が多く集まる傾向にある同施設ですが、今日は非常に賑わっていました。

DSC_0192

会場の至る所で色々な企画が行われていましたが、お子さん向けにスタンプラリーもありました。 スタンプラリーがあると、色々なところに行く必要があるので良いですよね。 僕も時間の関係で全部は回れませんでしたが、気になるところは何箇所か回りました。

保健福祉センターの北館1階にある高齢者交流室では、災害備蓄品の試食が行われていました。 ドライパックの大豆とスイートコーンとひじきとシーチキンを使った料理?の試食でした。 火を使わずに調理することもできるということで、災害時にも栄養価の高い食事ができるよ! というものでした。防災訓練のときにでも紹介すると更に良さそうです。

DSC_0189 DSC_0190

緊急時に使える食材をストックし、日常の暮らしでの使用と補充を繰り返すことを 「ローリングストック法」というそうです。緊急時に使える食材と言っても、 普通に美味しく食べられるものも増えています。災害はいつ発生するか分かりませんので、 普段からこういう備蓄は必要かと思います。

DSC_0191

木口記念会館の2階フリースペースでは、障がい福祉サービスを知ろう!という展示がありました。 市内で行われている障がい福祉サービスについて、分かりやすい形で展示されていました。 障がいをお持ちの方々がどういう生活をされているのかを知るのは大事です。 こういう機会に分かりやすく周知することで、少しでも認知度が上がることに繋がれば良いと思います。

DSC_0193

保健福祉センターの3階では、「きて みて さわって 感じてみよう」という展示がありました。 何を感じるかと言うと、「自閉症の方の置かれている状況を感じる」というもの。 写真を撮っていないんですが、視野が狭くなる眼鏡とざわざわした音を聴きながら話をするというもの。 自閉症の方は、視野狭窄でかつ、聴覚過敏である状況が続くため、集中を維持するのが難しいそうです。 実際に試してみると、視界は極めて狭く、話声を聴きとるのも難しかったです。 僕は話を聴こうとしている状況で実施しているので聴けますが、そうでない状況だと 集中して人の話を聴くのは難しいだろうなと実感しました。

感覚的なものは、実際に試してみないと分かりません。こういう取り組みがどんどん進み、 障がいをお持ちの方への理解が広まって行ってくれれば良いなぁと思います。

↑このページのトップヘ