芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は全議員が出席する議員総会。 議題としては以下の2点。

  • 市長提出議案のうち、人事案件に関する議案説明
  • 正副議長の立候補者による所信表明

人事案件について

個人情報保護の観点から非公開の会議です。 以下の役職について、任期満了による任命が必要となるために市長から提案がありました。 議会の同意を求める必要があるため、議会に諮られます。

  • 副市長
  • 公平委員会委員
  • 人権擁護委員(2名)

これらの議案については、明日行われる本会議において即決される予定です。

正副議長の立候補者による所信表明について

正副議長の立候補について

芦屋市議会では正副議長の立候補制を採っています。 これは、正副議長選定の過程をブラックボックス化しないための 議会改革の一環として採用されたと聞いています。

なので、今日行われた議員総会についても原則は公開の会議としています。 僕が議員になって以降は傍聴者が来られていたことはなかったと記憶していますが…。

なお、明日の本会議で投票が行われますが、普通の選挙と同じで単記無記名投票。 あと、必ずしも立候補者を書かなければならないという訳ではありません。

立候補者による所信表明について

立候補者は全議員に対して所信表明を行うこととしています。 これは議会基本条例で定めているものなので、拒否権はありません。 とにかくブラックボックス化は止めようということなんだと思います。 どこかの県議会みたいに、特定会派による正副議長の独占状態が続く…というようなことが ないように…というところもあると思いますね。

立候補者は?

議長中島 健一BE ASHIYA
副議長寺前 尊文改革維新の会

僕の会派から、寺前議員が出ています。 寺前議員には会派幹事長をお願いしていたんですが、副議長となると 会派幹事長は辞任されます。そうなると僕がやることになります。 今年は役職なしで、議員活動に打ち込もうと思っていたのに(笑)

所信表明を聞いて

どっちかというと、和を重んじて…というイメージがありました。 政策で侃々諤々やるのは大歓迎ですが、しょうもないことで揉めて 足の引っ張り合いをするような非建設的なことはごめんです。

低レベルで情けない話ですが、議会というのは得てしてそういうことが起こる場所のようです。 そういう意味では、議会内の密なコミュニケーションは大事だと思います。 なので、正副議長の舵取りに期待したいと思います。

今日は当局と一般質問のヒアリング。 全部は終わってませんけど、2項目については終わったので 原稿作りの方を頑張って行きたいと思います。

また、芦屋市議会第20期の会派体制が決まりました。 以下、ご紹介をば。

会派の構成

会派別議員名簿(芦屋市議会)

会派名所属議員役職
自由民主党芦屋市議会議員団福井 利道幹事長
松木 義昭副幹事長
川上 あさえ議会報編集委員
福井 美奈子 
米田 哲也 
日本共産党芦屋市議会議員団ひろせ 久美子幹事長
平野 貞雄副幹事長
川島 あゆみ議会報編集委員
BE ASHIYA青山 暁幹事長
大塚 のぶお副幹事長
議会報編集委員
中島 健一 
公明党帰山 和也幹事長
田原 俊彦副幹事長
徳田 直彦議会報編集委員
あしや しみんのこえ長谷 基弘幹事長
たかおか 知子副幹事長
議会報編集委員
中村 亮介 
改革維新の会寺前 尊文幹事長
浅海 洋一郎副幹事長
大原 裕貴議会報編集委員
無所属山口 みさえ

この構成がもたらすもの

最大会派が5人で、第二会派として5つの3人会派が並ぶ構図に。 議案審査にも影響しそうですね。議案によっては、結果が大きく揺れることにもなるかもしれません。

そして、僕は維新の公認議員プラス無所属という形で3人会派を組むことになりました。 少なくても常任委員会と同じ人数である3人は死守したいと思っていましたので、思惑どおりになりました。 また、選挙前には恐らく「3人」が一つのボーダーになるだろうと予測していましたがそれも予想通り。

市議会の会派って

市議会の会派には離合集散がつきものとか。 というのも、これから行われる「役選」なるものが影響しているとのこと。

僕は役職とかには、まーーーったく興味がありません。それは会派メンバー皆そんな感じ。 政策実現のため考えが近い人とともに会派を組む考えはあります。 ですが、数合わせのためのメンバーは基本、いらないっすわっていうスタンスです。

少なくとも、市政改革・議会改革の旗印のもとで集まったメンバー。 離合集散無く、最後まで会派を維持しながら改革の爪跡を残していければと思っています。

役選

どこの市議会でも年度頭になるとこの話で割と揉めるみたいです。 芦屋は、水面下での話し合いである程度すり合わせをしているものの、 表にはまだ出ていません。

なお、正副議長については立候補する議員さんの所信表明が明日に行われます。 そこで正副議長については明らかになりますね。

ただ…芦屋は今年、兵庫県の市議会議長会の会長市に選ばれています。 なので議長経験者が議長をやるのが望ましい。 となると、誰が?というのは分かりやすいんですけども、 明日になってからのお楽しみと言うことにしておきたいと思います。

今日、一般質問の通告を終えました。

質問の順番は?

事務局に張り出されている紙を見る限りでは、 僕の前には11人ぐらいの通告者がいたような気がします。 芦屋市議会の一般質問順序は「通告した順」。 なので、よっぽどのことが無い限りは12番目ぐらいになるのかな?と思っています。 何人通告するか分からないですが、2日目になるのは間違いなさそうですね。

他市ではくじ引きで順番を決めるところもありますが、 出したもん順という方が色々と駆け引きがあって僕は好きです。 早めに終わりたい人と、人のを聞いた上で質問したい人、色々と好みが分かれます。

何聞くの?

詳しい話は当局側の所管部署の方々からの ヒアリングを終えてからになりますが以下の項目を通告しました。 副項目は通告の範囲外ですけど、内部的な情報として。

  • ネーミングライツ売買を活用した財源確保について
  • 創業支援策の強化について
    • 起業コンテストの開催
    • 既存補助制度の周知
  • 防犯対策の強化について
    • 防犯カメラやドライブレコーダーによる捜査協力
    • 地域別の犯罪情報取得について
    • 緊急時の防犯情報の発信

基本的には財源確保についてのテーマと 芦屋市のバリューを高めるためのテーマに絞っているつもりです。 あまりこういう分野を聞く議員さんがいないので、 2期目もこういう路線で頑張っていこうと思います。

↑このページのトップヘ