芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

令和元年度分の政務活動費の精算が終わりました。 政務活動費の報告については後日芦屋市議会のHPにもアップされますが、 一応、速報としてご報告しておきます。

収入は、3人分(7万円×12か月×3人)で189万円。 支出は以下のとおり、88万7409円です。

調査研究費 0
研修費 92,550
広報費 644,821
広聴費 20,399
要請・陳情活動費 0
会議費 0
資料作成費 1,710
資料購入費 8,661
人件費 0
事務所費 119,268
887,409

余りが多いのには訳がある

半分以上余らせているやんけ!仕事してないやんけ!って言われるかもしれません。 ですが政務活動費は、余った分は市の一般財源に戻入されるというルールになっています。 なので令和元年度は、100万2591円を戻入したということになります。

芦屋市への報酬のバックは寄附行為にあたり、公職選挙法で禁止されているんですが 政務活動費の残りを戻入するという形でのバックは認められています。 なので、うちの会派では厳しい使途条件を設け、厳格に使用しています。

民間の常識的な経費の使い方をしている…つもり

まあ、厳格っていうか。確固たる支出以外の支出は認めないっていうだけです。 芦屋市議会で作成している政務活動費マニュアルを見てもらえばわかるんですが、 結構ファジーな支出が認められています。

例えば、携帯電話代やガソリン代、インターネット代は月額の半分まで充当できますよ~とか。 カチッとやろうと思うと、月の利用記録を厳格に記録しておいて、それを証拠として提出すれば良いのかもしれませんが それでも難しいですよね。なので、そういう費目は一切計上しないようにしています。

また、新聞購入費については一般紙でも計上できるようになっています。 でも、一般紙って一般的な社会人は自分のお金で購読していますよね。 一般紙を普通に購読するのが政務活動というのは、ちょっと説明がつかないと思っているので 一般紙購読費についても、会派としてはNGにしています。

政務活動費=経費ですから、民間企業における経費の考え方と同じようにしているつもりです。 ただ、これはあくまで、うちの会派の考え方です。芦屋市議会で決めているマニュアルの範囲での執行であれば 怪しい支出はないと思います。

まだ弱いところがある

ただ、広聴費はもっと頑張らないといけませんね。 研修もたくさん参加したいんですが、コロナ禍があるので参加できずにいます。 本を読まないと!

経験を積むと、それでもある程度対応できるようになりますが、新しい情報が入りません。 やはり色々な形での知識や情報のインプットはいつまでも続けたいと思います。 それを怠って過去の経験だけで話するようになってしまうと、引退しないといけないんだろうなと思います。 と、自分を戒めながら頑張ります。

今日は議会運営委員会がありました。

6月定例会の運営をどうやってしますか?というところが主なテーマです。 兵庫県では今現在、緊急事態宣言は解除されています。しかし、今まで通りの形に戻って万事OK! というものではないことも、言わずもがな。今日はその辺の話をしました。

6月定例会の運用

結論としては、以下のようになりました。

 従来対応6月定例会
一般質問発言時間1人あたり40分1人あたり30分
発言可能人数正副議長のぞく19人正副議長のぞく19人
会議の参加人数議員21人全員出席全員出席が不要な場面では人数調整
職員基本は全員出席必要な職員のみが出席

時間の短縮とかはドラスティックな形にはできていませんが、基本は全会一致。 しっかりコンセンサスを取りながらじゃないと議会は進めないのです。

また、当然ですが基本の換気などは継続して実施します。 マスク着用も義務ではないけど、常識的に考えて、飛沫が飛ぶことを防止するためにも着用励行です。 会議の場ではガンガン喋りますから、マスクは必須です。意味を考えると当たり前すぎますね(笑)

議会も新しい生活様式にアジャストすべき

議会が目指すべき将来的な理想としては、オンライン議会の実現だと思います。 ですが、この6月定例会ではそこまでの対応はできません。 じゃあ、緊急事態宣言も解除されたし、従来通りの開催ってわけにはいかないですよね。 そこの感覚は、前議員で共有できたと思います。

国会は依然としてクラスタになりそうだな…って思う会議をやってます。 地方は人数も少ないですから、比較的フットワーク軽く動けます。 こういうのは地方から変えていかないとだと思います。 はっきり言って、議会は特別じゃない。そこに権威はない。

ちなみに6月定例会は6月8日から。 詳しくはこちら

昨日、兵庫県に出されていた緊急事態宣言が解除されました。 ただ、解除されたー!わっほーい!という状況でないのは皆さんご存じのとおりです。 引き続き、警戒しながら…ということでお願いします。お互いに。

さて、緊急事態宣言解除に伴い、芦屋市としても動きがありました。 今日はその辺をご紹介。ただ例によって長い。また、興味ないところもあると思うので それぞれの記事を閉じています。リンクをクリックして見てください。

対象としては、主に学校園と公共施設の再開です。 当然、感染の流行状況に引きずられるところはありますが、 今のところは通常運営に近づけていこうという方針です。

市立学校園の再開

詳しくはこちら

  1. 幼稚園
  2. 小学校
  3. 中学校

公共施設など

詳しくはこちら

  1. 公共施設
  2. 市主催イベント

議会は?

6月に定例議会は行いますが、旧来通りで…という訳にはいかないと思います。 新しい生活様式を!ということになっています。民間はそうしてアジャストしてもらって 感染予防に努めてもらうのに、議会は前のまんまっていうのでは論外。 その辺の話は、週明け月曜日に行われる議会運営委員会にて協議されます。

今後としては。会議の時短とか、意味もなく大勢が出席している状況の打開とか、儀式的なものはなくしたい。 なんなら、委員会なんかはオンライン化すべきだ!と思っているのは僕だけでしょうか。 大阪市会は頑張ろうとしている動きがありますよね。芦屋も続きたい。

先進的な民間企業から見たら、引くほど非効率で非合理な動きをする議会。 重要だからと腰を重くしているようでは民間との差が開く一方だと思います。 6月から議会運営委員会の顔ぶれは変わりますが、その方向で議論してもらいたいと思います。

↑このページのトップヘ