芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は打出集会所で行われた「市民と市長の集会所トーク」を傍聴。 4月14日から始まっていた同取り組みですが、本日で最終。 14箇所ありますから、1ヶ月で全ての集会所を回りきるのはすごいですね。

今日もたくさんの方がお越しになられていました。 議会報告会や市政報告会ではなかなかこれだけの人は来られません。 継続してきたことで、市民の間に定着しているんだろうと思います。 やはり、継続してやり続けることが大事です。頑張ります。

今日だけでなく、僕が傍聴した集会所トークにおいて様々なご意見がありました。 個別のご意見を取り上げることはしませんが「なるほど」というご意見もありました。 1人の方のご意見で以って、民意だからやらねばならぬということではないと思います。 が、個人的にも対応すべきだと感じた部分については、 適当なところで所管課に進捗状況を確認しておきたいと思います。 恐らく、議会で確認するのではなく、内々で確認すると思いますが…。

全ての集会所トークを傍聴した訳ではありませんが、地域が変わると問題視するところも変わると 改めて感じました。当たり前のことですが…。議員さんがいらっしゃる地域については 僕が敢えて出張って調査や対応をする必要もないような気がしますが、 ご意見をいただいたら、すぐに調査や対応ができるよう、アンテナを張っておきたいと思います。

今日は浜風集会所で行われた「市民と市長の集会所トーク」を傍聴。 集会所トークも26日の打出集会所で終了です。 市長就任以来、毎年欠かさず開催されている姿勢には頭が下がる思いです。

市民と市長の集会所トークの開催のお知らせ(芦屋市)

さて、今日の会ですが、外は大雨。 なので、来られる人は少ないかなと思っていましたが、少し甘く見ていました。 ほぼ満席。座る席が無いぐらいキチキチでした。地域の方々の意識の高さが伺い知れます。

なお、普段は自転車で行くところを雨だから歩いて行きました。 せっかくなので、行き帰りのルートは普段、夜に歩かないルートを選択してみました。 特に新たな気づき等はありませんでしたが、普段歩かないルートを歩くのも楽しいです。

今日はたくさんの方がご発言された活発な会だったように思います。 たくさんの方がご発言されたので、多岐に渡るご意見がありました。 中には初めて聴いたと言うか、思いもつかなかったご意見も。 こういうのがあるから、市民の方のお話をお伺いするのは面白いです。

自分自身(会派)の市政報告会も今年度中に何回か実施したいと考えています。 まだちょっと企画には至っていませんが、早急に企画して、実施したいと思います。 その際には、今日のように色々な方が発言できるような敷居の低い会にしたいと思います。

敷居を下げるという意味では、会議室での会ではなくて カフェとかで座談会みたいなものをやった方が良いのかもしれませんが…。 ちょっと検討したいと思います。

今日は議員全員で参加する全体協議会。 これまでずっと長いこと時間をかけて検証してきた議会基本条例の中間報告をするための会です。

議会基本条例の検証は、各常任委員会の正副委員長をメンバーとした 議会基本条例検証会議という会議体にて検証するという体制でスタートしました。 ただ議会基本条例は、芦屋市議会議員として守らなければならない厳格なルール。 検証会議の中でも一部の議員による検証のみならず、全議員が検証に加わるべきだろうという意見が出ました。

また、第3条の検証をするに当たり、全議員の個々の活動指針や考え方を ヒアリングする必要性が生じました。

(議員活動の原則)
第3条 議員は,次に掲げる原則に基づき活動しなければならない。
(1) 議会が言論の府であること及び合議制機関であることを十分認識し,積極的な発言,議論等を行うこと。
(2) 自己の能力を高める不断の研鑽により,市民の代表としてふさわしい活動をすること。
(3) 一部の団体及び地域の代表にとらわれず,市民全体の利益を図る立場で活動すること。

なので、第3条の検証のための状況報告をお願いするとともに、 中間報告について各議員さんからご意見をいただくことになりました。

芦屋市議会議員としての立場は、国会議員ほどではありませんが、 忖度も生じますし、時と場合によっては人の人生を左右する力も持ち得ます。 だからこそ、高い倫理観を持ち続ける必要があると思います。

議会基本条例については、任期開始時に研修を受けています。 ですが4年って結構長い。だから、途中で見返す時間は絶対にあった方が良いです。 最終学習歴の更新です。だから、議会全員でもう一度基本条例を見返したいと思います。

↑このページのトップヘ