芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日の午後は議員研修会。今回は現地視察という形での研修会です。 今日の視察先は(株)神戸製鋼所さんの神戸発電所の見学。 同施設は小学生の社会科見学先としても活用されているようです。 今日も小学生の空き待ちだったため午後からの見学に。

遅くからの訪問だったにも関わらず、ご丁寧に 発電所の施設についての説明をしてくださりました。 お忙しいところ、お時間を割いていただきありがとうございました。

神戸発電所は、1号機が2002年4月から。 2号機が2004年4月から運転を開始しています。だいたい15年が経過している施設。 電力卸供給事業として運転しているものだそうです。

石炭火力発電なので、素人考えではCO2排出とかが心配されます。 ですが大気汚染防止法よりも厳しい基準で神戸市と協定を結んでおり、 環境保全の面では問題なし!とのことでした。

また、発電の際に発生した高温の蒸気を近隣の酒蔵に提供していたり 燃やした後の石炭灰をセメント原料として流用したりと限りなく無駄なくやっているとのことです。

さて、神鋼さんの発電所と言えば、新たに建設しようとしている発電所で ちょっと話題になってますね。
神鋼石炭発電所計画に意見書 市民ら批判意見多く(神戸新聞NEXT)

担当者さんも是非説明させてほしいということで、説明をしていただきました。

神鋼さんで実施している環境アセスメントでは、将来環境濃度としては 環境基準の年平均相当値を下回る見込みなっているとのこと。 また、環境アセスメントはMAX値で行う必要があるので、実際の操業時の値は もっと小さくなるだろうとの説明でした。

今回の建設については神戸市からの依頼ではありません。 なので、現行で神戸市と結んでいる協定の基準値を上回る数値を出すことはできないはず。 神鋼さんのコーポレートガバナンス的にも、明らかな環境汚染に繋がるような事業は推進しないはずだし。

芦屋市にも関係する話ではありますが、実際の建設予定地は神戸市。 現状は兵庫県が環境評価審査を行っています。(現在は停止しているみたいですが) 芦屋市としての動きはこの辺の結果が出てからなのかなと思います。

なお、今日の写真は撮れませんでしたが議会事務局の方が写真つきで Facebookにアップしてくれているので、それをシェアします。

よかったら、市議会事務局アカウントへの「いいね!」もよろしくお願いします。

今日は建設公営企業常任委員会。といっても議会中ではないので 当局から事業の進捗状況について説明を受ける所管事務調査。 今日、説明を受けた事業は「JR芦屋駅南地区について」。

JR芦屋駅南地区の市街地再開発について、計画策定の支援をしてもらう 事業協力者が決まったので、それについての報告でした。 今日の委員会で説明があるよっていう話は地元の方々に連絡されていたようで 10人ほどの傍聴者が見られました。

募集要項や選考については、芦屋市のサイトにアップされています。
JR芦屋駅南地区第二種市街地再開発事業事業協力者の募集(芦屋市)
市街地再開発事業事業協力者・特定建築者選定委員会(芦屋市)

最終的には7者から応募があり、1次審査と最終審査の後、 最優秀提案者を事業協力者に。次点者を次点事業協力者として決定したとの報告がありました。

事業者名については委員会で報告があったから、記載しても良いと思うんですが 芦屋市からも事業協力者からも発表がない段階なので、もうしばらくふせときます。

選考基準は、以下のとおり。それぞれの項目で採点し、高得点だった事業者が選定されたという形。 項目ごとに点数が異なっているのは、項目ごとに重みづけをしているためです。 重要項目であればあるほど、配点が高いということ。 この選考方法自体はよくある話。

評価項目配点
(1) 事業企画趣旨説明書18
 ア 開発コンセプト10
イ 取組方針、取組体制8
(2) 施設建築物の整備に関する提案書33
 ア 計画コンセプト10
イ 施設の概要・動線計画10
ウ 景観への配慮に関する提案8
エ コスト縮減に関する提案5
(3) 保留床の処分方針等に関する提案書34
 ア 用途別保留床処分価格とその算定根拠8
イ 住宅保留床の処分方針等8
ウ 店舗保留床の処分方針等8
エ 施設全体の管理体制等(駐車場・駐輪場の管理運営方針を含む)5
オ 公益施設の管理運営方針等5
(4) 公共施設整備及び全体事業工程に関する提案書15
 ア 全体事業工程(既存建物除却工事着手から,施行区域内の関連工事がすべて完了するまで)5
イ 工事工程別の仮設計画(JR芦屋駅への歩行者動線や通過車両の動線確保)5
ウ 仮設店舗設置の可能性の検証( 事業施行区域内での可能性が困難な場合は代替案の提示)5
総合評価点100

ただ、今日は思っていたのと少し違う方向で議論が進みました。 それは情報公開の在り方について。

今回の選考では1次審査と最終審査の計2回の審査が行われています。

  • 1次審査:書類審査。上位3者が1次審査通過者に。
  • 2次審査:面接審査。1次審査通過者である3者を審査。

ですが今日示された資料では、1次審査と2次審査の結果が混在した形に。 2次審査が面接審査を行っただけということであれば、会議録を見れば分かることなので問題ありません。ただ、最終審査時の面接の後、採点にも変更があったとの答弁が…。

となると1次審査の採点結果と最終審査の採点結果を示してほしいという声があがります。 厳正な審査を行っていただいていると思うので、大勢には影響ない範囲のことだと思います。 ですが、資料としてはちゃんとしたものを出してほしいという声も当然のこと。

委員会として、1次審査の採点結果と最終審査の採点結果が分かるような資料を出してほしいと要望して今日の調査は終了。当局の皆さんにとって、なかなか手厳しい委員会になりました。

行事続きだった今日の最後は、芦屋ユナイテッドリレーマラソン2017ユネスコ杯 石巻市役所・石巻廣心館道場スポーツ少年団・熊本県益城町役場 歓迎会に来賓出席。
23755442_1474215609365959_9149979934340366739_n

東日本大震災支援事業として始まった芦屋ユナイテッドリレーマラソンは今年で6回目を迎えます。 行政主導で行っている事業ではなく、市民団体を中心とした事業なのが特徴的です。 リレーマラソンですから、チームで42.195kmを走るマラソンになってます。

マラソン自体の開催は明日。ですが今日は招待チームの歓迎会が行われました。 この歓迎会も毎年行われており、僕は3回目の参加です。 今回招待チームとして歓迎したのは、上述のとおり以下の3チーム。

  • 石巻市役所チーム
  • 石巻廣心館道場スポーツ少年団チーム
  • 熊本県益城町役場チーム

東日本大震災の被災地である宮城県石巻市と熊本大地震の被災地である熊本県益城町の方々をお呼びしています。石巻市の方々をお呼びしているのは、元々関西広域連合として被災地支援を行う際、芦屋市のカウンターパートとなったのが石巻市だったため。近年では、両市で災害応援協定を結んでいます。

また、例年は東日本復興支援パートナーシップ「A-Iプロジェクト」(芦屋市から石巻市へ)という形でリレーマラソンを実施していました。ですが今年は「AUプロジェクト」と名前を変えて実施するそうです。

「AU」というのは、携帯電話のブランド名じゃなくてAshiya Unitedの略だそうです。 「united」は、力を合わせるという意味です。芦屋市を初めとした被災地が力を合わせて頑張る という意味が込められているとのこと。良いネーミングですね。

さて、明日はマラソン本番。僕は走りませんけど…。今朝は雨でしたが明日はどうでしょうか。 Yahoo!天気によると、明日は晴れるみたいです。ですが、マラソンが行われる朝方は寒いとの予報。 参加される方々においては、怪我の無いように楽しんで帰ってもらいたいと思います。

↑このページのトップヘ